2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お気に入りに追加

サイト内検索

お気に入りサイト

メール

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008/12/29

Ibanez Tube Screamer TS808HW購入しました

アイバニーズのチューブ・スクリーマーTS808HWを購入しました(^-^)。

IBANEZ ( アイバニーズ ) / TS808HW

IBANEZ ( アイバニーズ ) / TS808HW

TS808HWとは、アイバニーズの定番の人気ペダルTS808をハンド・ワイヤード(手作業)、ポイントtoポイント結線で(パートのおばちゃんが?)組み込んだという非常に手の込んだ作りのペダル・エフェクターです。
 

ハンド・ワイヤードでポイントtoポイント結線というと、音が劣化しにくいとか、音ヌケが良いとか色々言われていますが、さてさて、どうなんでしょう???

Ts808hw01_2

ネット上では高すぎるぞ!という意見が大半みたいだけど、ハンド・ワイヤードのポイント・トゥ・ポイント配線で、しかも本家アイバニーズがTSの名を冠するのだから間違いはないでしょう>アホですね~(^^;)。

 

ま、 Analog.manや、KeeleyのTSモデファイ物や他のブティック系といわれるペダルも候補にあがったんだけど、下の基盤を見てもらえば分かると思うけど、通常のプリント基板に比べ色々といじりやすそうでしょ??>これが一番の動機。

 

Ts808hw02

さらに、最近手持ちのTS9(2ndリイシュー・オペアンプ交換済み)が妙に気に入ってて、いっそのことTS系のサウンドをこの際極めてみようと思った訳です・・・
 

で、音の方はというと・・・あたりまえなんだけど、音の方向性はTS9と全く一緒。中域のふっくらした、例えば1,2弦の7~10フレット辺りを弾いたときの艶、5,6弦の5~8フレット辺りを弾いたときのスカスカ感?はもうたまらん(^-^)

 

TS9との違いは、さすがハンド・ワイヤード!というだけあって、音の通り(ヌケ)は抜群で、TS9に慣れたσ(^_^)の耳には最初、あっさりし過ぎている感じもあったのですが、弾いて行くうちに・・・いいじゃん!

 

ただ、TS9のこんもりとした中域と、輪郭のボケた感じも好きなんで、どちらが良いかは甲乙つけがたいな。

 

歪みの感じはTS9と比べるとややザラ付いた感じなので、手始めにオペアンプ交換(艶無しの4558Dが付いているので、艶有り4558DDに)してみようかな??なんて思っています。

 

IBANEZ ( アイバニーズ ) / TS808HW【サウンドハウス】

TS808HWの動画と、TS808HWの仲間達↓

チューブスクリーマー色々

チューブスクリーマー 【サウンドハウス】


関連リンク
TS系ペダル特集

_/_/FC2 Blog Ranking 楽器(ギター)_/_/_/

歪み系エフェクター大全集

2008/12/20

ストラトキャスターのネックを交換してみた

前回トレモロ調整した2本のCrews(Bottom's UP)ですが、レイクプラシッド・ブルーの方の音がどうも???鉄製イナーシャブロック仕様のGOTO 510TSとローズ指盤特有のアタッキーな音の影響か?キンキン、シャリシャリとした音で何か好きになれない・・・。

で、同じCrewsだし交換しても問題あるめ~ってことで、2本のギターのネックをチェンジ!!

ローズ指盤の方は・・・

Crew_lpb02



















3tonenew



















ええやないか~い!

ローズ指盤ならではのアタッキーなトーンはそのままに、金属的な鳴りが若干押さえられ、フロントPUの音はもろレイ・ヴォ~ン!

一方、貼りメイプル指盤の方は・・・

Crew_st00


















Lpbnew



















ローズ指盤に比べてシャリシャリ感が少なかったのが、GOTO 510TSのおかげで元気な音に変身!!

見た目も新鮮だし、しばらくこれで使ってみよ~っと!

しかしストラトは楽しい(笑)。

_/_/FC2 Blog Ranking 楽器(ギター)_/_/_/

2008/12/14

トレモロ・スプリングによる音の違い

普通の6点止めのシンクロはそんなに感じないけど、2点支持のトレモロの場合、フローティングさせて使うと何故か?キンキンするというか、ボディーが鳴らない気がしません??
 

普通のシンクロはトレモロの前の部分が密着しているのに対し、2点支持の場合は、文字通り2点で支えているだけなので、その為なのか??綺麗な音はするも、音に個性がないというか・・・ちょっと不満だったんですな。

 

σ(^_^)の場合、アームはビブラート程度しか使用しないので、思い切ってダウンオンリーのセッティングで行ってみようといじってみました。
 

今回対象ギターはGOTO 510TSの付いたこれと、Wilkinson VS100の付いたこれ

作業前がこんな感じ・・・

Lpb01

3tsb01

で、ボディー裏のビスを締め込み、弦高調整し完了!
確かに音はボディーに密着したことにより、鳴るになったもののまだ、足りない・・・

で、トレモロスプリングをもう1本追加してみると・・・おお、イイ感じ(^^)。

Lpb02_2

3tsb02

ストラトの響き=トレモロスプリングの響き、みたいな所もあるから本数変えたり、張り方換えたりすると色々と変化して面白いですよ~

鳴らないストラトを鳴らす方法としては他にも、イナーシャブロックの前側を木材で埋めてしまう方法もあるみたいのです。

詳しくはこのブログここに書いてあるので鳴りに不満を持っている方はやってみると良いかも。

ちょっといじるだけで良くなったり、悪くなったり・・・ストラトはホント楽しいギターです(笑)。

良さそうなトレモロスプリング発見!

ESPトレモロトーンスプリング5本セット

ESPトレモロトーンスプリング5本セット

↓こちらはシンクロナイズドトレモロ用ですが、イナーシャブロックを鉄製のモノに交換してみるのも面白いですよ。

ミリ/インチ規格がありますので注意


MONTREUX Steel Block
MONTREUX Steel Block 【サウンドハウス】

ギターパーツ一覧

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »