2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お気に入りに追加

サイト内検索

お気に入りサイト

メール

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009/04/28

ちょっと自慢?のエフェクター・ケースとオススメのシールドケーブル

続きです・・・

今までのボード

Pedalboad_2

と、現在のボード

Efb1_4

やはり電源系は隠した方が全然綺麗で良いですね(^^)。

 
今回ボードを組むにあたって、大きいのがパッチケーブルを変えたこと。

 
パッチケーブルを高品位で評判のGEORGE L'Sで統一しました。3mのシールドも買ってみましたが、GEORGE L'Sはシャリ~ンとした高域がとっても綺麗に出るケーブルなので、エフェクター間を繋ぐケーブルには最適ではないかと・・・

 

GEORGE L'S

GEORGE L'S 【サウンドハウス】

*プラグには種類があります、オススメはブラス(真鍮)製のプラグですが、青錆が出やすくこまめな手入れが必要です。ものぐさな方はニッケル(銀色の)プラグをオススメします

 
 

さらに、こんな短いケーブルも半田要らずで簡単に作れちゃう

Efb7

 

音の劣化も感じないし、ようやく納得のエフェクター・ボードが完成です(^^)v


 
適当に作った割には結構気に入っちゃったんだけど、どうよこれ・・・

エフェクター用ケース【サウンドハウス】

 
アルテ ニューカラーボード←これ、加工しやすそうで良さそうです(大きさ、厚み、色に注意)。


ちなみにこんな便利なものも

STAGETRIX ( ステージトリックス ) / PEDAL RISER


STAGETRIX ( ステージトリックス ) / PEDAL RISER【サウンドハウス】

 


 

こちらもオススメ:
オススメのエフェクターケース / エフェクトボード
オススメのギター用シールド/パッチケーブル






 

2009/04/27

ちょっと自慢?のエフェクター・ケース

組んでみましたww。

 

普通、ペダルはエフェクター・ケースにマジックテープで固定するのが一般的だと思いますが、今回は・・・


 

ホームセンターで、固めのスチロールの板?を買ってきて、

Efb6

ペダルの位置を決め、くり抜きます、、、

Efb3

裏はこんな感じで屑スチロールを適当に貼って高さを稼ぎます、、、

Efb2

何故、高さが必要かと言いますと、ペダルが動くのを防ぐという事と、今回の目的?である電源ケーブルを↓のように下に隠すという野望?があった為ですw。

 

Efb4

こうするとすっきりするでしょ??もしかしたら電源とラインを離すことでノイズ面で有利かも・・・って素材がスチロールじゃあまり意味無いか??

 

で、ペダルをはめ込んでみました、、、

Efb1

思っていたよりすっきりしててイイ感じじゃな~い(^-^)。掃除も楽そうだしね・・・


 

次回に続

2009/04/13

Champ IIのモデファイと、メンテ

お気に入りのアンプChamp IIですが、ブチブチノイズが目立つようになってきたので、楽器屋さんで修理と若干のモデファイを決行いたしました。

まず、真空管はちと高いが安心の?グルーブチューブに変更。

Champiimod_5

さらに、スピーカー・ケーブルをジャック式に変更。こうする事で内蔵の10インチスピーカーを例えば外部の12インチ・スピーカー(インピーダンスは8Ωなので8Ω以上ならば)に接続することが出来るので、音圧のあるサウンドが得られる訳ですな。

手始めにCelestion Vintage 30が搭載されたHOT ROD Deluxeに繋いでみましたがエグイ程のギラついたサウンドが出てとっても気持ちイイ(^-^)。

チューブ交換で、ハリのある音が蘇ったChamp IIはシンプルながらも、とても良いアンプですww



 

こちらもオススメ:
チューブアンプの選び方



 

2009/04/04

ギタリストのための演奏能力開発エクササイズを買ってみた

ギタリストのための演奏能力開発エクササイズ を買ってみた。これはシリーズで出ているものの第1弾で、基本中の基本が勉強出来ます。

 

PART1のフィンガリング&ピッキング・トレーニングでは、メトロノームに合わせて、いかにゆっくり正確に弾くかがテーマで、実際に弾いてみたのですが・・・リズムがヨレヨレで意外と?弾けねぇ~(T_T)。

 

フレーズ自体単純なんで、こんなエクササイズ意味あるの??って思っていたのですが、実際続けていると、他のフレーズが滑らかに弾けるようになっているんですねww。

 

ゆっくり弾くことがポイントなのか、メトロノームに合わせて弾くことがポイントなのか分からないけど、確実に良くなっています。

 

PART2以降はまだやってないけど、効率の良さそうな練習法が載っているので、伸び悩んでいる人は基本に立ち返りやってみると良いかも・・・・。 
 

 
他にソロ(リード・ギター)がテーマの第2弾 、リズム、グルーヴがテーマの第3弾 と、出ているのでちょっと真面目にやってみようかしら・・・
 
 

ちなみに講師のトモ藤田氏とは、バークリー音学大学ギター科の助教授の肩書きを持つ、現役ギタリストで、生徒にはジョン・メイヤーもいるんですって。

 

 

ギターも基本が大切なんですね~

 

トモ藤田氏のホームページはこちら

ギタリストのための演奏能力開発エクササイズ

 
こちらもオススメ:
教材DVD一覧


 

 

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »