2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お気に入りに追加

サイト内検索

お気に入りサイト

メール

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009/06/20

Fender USAから待望の’57 Champ登場

57 Champ

ようやくと言うべきか?本家Fender USAから待望のギターアンプ”57 Champ”が発売です。

 
”Champ”といっても時期により色々あって、これは初期のツイード・チャンプと言われているものですね。今までツイード・チャンプを買うとなると、50年代のヴィンテージを買うか、VictoriaKendrickPierson などから発売されているレプリカ・モデルの選択しかありませんでしたが、本家Fenderの刻印が入った新品のアンプはやっぱり見過ごす訳には行きませんw。しかも既発のChampion 600のように現代的にアレンジされたモノでは無いようなので、ちょっとお高いですが、手に入れる価値はあるかと思います。


 

”ツイード・チャンプ”というと出力が小さく練習用アンプとして有名ですが、エリック・クラプトンのアルバム(1stソロデレク&ドミノスのアルバム”レイラ”で使用されたと言われています)を聴いてもらえば分かる通り、非常に綺麗な音の出るアンプでもあります。特にストラトのハーフ・トーンとのマッチングは最高ですね。



 

またこのアンプは6V6というパワー管が1つだけのため、バイアス調整が不要というのもチューブアンプ初心者にとっては嬉しいですね>調整は結構金かかるし、手軽にパワー管交換も楽しめます(プリ管は元々バイアス調整は要りません)。


 

Champ+RC BOOSTER:
出力が小さく、ボリュームのみというシンプル設計の57 Champは、シールド1本で弾くのが基本なんですが、レスポールだろうがストラトだろうがトーン回路がない為、やや使い辛い(音がブーミーになったり)面が出てきます。そこでこれ、XOTIC ( エキゾティック ) / RC BOOSTERがオススメ。簡単にいうとプリアンプですね、Champで調整出来ないトーンをこいつでやってしまおうって訳です>邪道??また、レベルを上げればクリーン・ブースターとしても使用出来るので非常に使いやすくなりますよ!

 

σ(^_^)は+ゲイン(歪み)も欲しいのでXOTIC ( エキゾティック ) / BB-Preampを使っていますがこいつも素直でなかなかです。


 

Fender Amplifiers presents the '57 Champ: Stoned

Fender Amplifiers presents the '57 Champ: Domino Effect

Fender Amplifiers presents the '57 Champ: '50s Style
http://www.youtube.com/watch?v=0Xuh0bLE6MQ&NR=1
Fender Amplifiers presents the '57 Champ: Champ Blues
http://www.youtube.com/watch?v=eTdlaTDuix0&feature=related
Fender Amplifiers presents the '57 Champ: Texas Funk
http://www.youtube.com/watch?v=JUUbda-IHeA&feature=related
いい音してますね~


57 Champ【サウンドハウス】


 
こちらもオススメ:
FENDER ( フェンダー ) チューブアンプ 一覧


 

 

チューブアンプの選び方

2009/06/14

テレキャスター~PU交換

"F.PUのダイレクト・マウント化"の続き

 


注文したPU(結局、”Lindy Fralin"リンディーフレーリン"のBroadcaster”にしました)と、ピックガードが来ました。


Tc06

今度はコイルを傷付けないように・・・

Tc07

取り付け完了!!

ピックガードを装着してしまうとPU調整が出来ないので、この状態で高さ調整します。しかも、このギターのネックはツバ出しの22Fの為、ネックを外さないとピックガードを装着出来ないんですw

で、ネックを外したついでに、こういう余計なモノ(ネック裏ステッカー)は剥がします。

Tc08

Tc09

そして、マウント穴のないピックガードを装着!!

Tc10

カッコイイですね~(^^)


早速音出し・・・

 
コーネル・ロマニー・プラスのEQカットモードで弾くと、ツイードツインのキース・リチャーズのようなサウンドが・・・・ま、簡単に言うと枯れた古臭い音ですな、最近のσ(^_^)の趣向にはぴったりww、ヴィンテージ系PUなのにノイズが少ないのも良いですね。

 


 
アメスタなのにダイレクト・マウント!ちょっとだけ??自慢です。


 

LINDY FRALIN BROADCASTER
LINDY FRALIN BROADCASTER 【サウンドハウス】






 
こちらもオススメ;
オススメのテレキャスター用ピックアップ
Keith Richards ( キース・リチャーズ )・サウンド


テレキャスター~フロントPUのダイレクト・マウント化

このアメスタ(American Standard)というテレ、ネットで色々調べてみたらオリジナルとかなり違うんですよ、ブリッジ・プレート周り(フラットなプレートに6WAYサドル)の違いは、弾きやすさ、調整のし易さで全く問題ないんだけど、フロントPUがピックガード・マウントなのよね、、、↓

Tc01

何故?組み込み時の作業効率を考えてのことか??

オリジナルはもちろん、ジャパンのテレもダイレクト・マウントなのに・・・

見た目もそうだけど、フロントPUの音(特に低音弦)があまりにも締まりのないモワ~っとした音なので、もしや??と、思った訳です・・・


で、ダイレクト・マウント化を実行!・・・

ピックガードを外してみると・・・ザグリもオリジナルとは違います、その辺りはジャパンの方がしっかりコピー出来てますね。

Tc02

う~ん、何処を穴開ければ良いのだ??適当に行っちゃえ!

Tc03
ちょっとずれたかな??


ダイレクト・マウント用の取付ネジ(MONTREUX ( モントルー ) / Inch TL pickup screws for neck(2))も買ってあったので・・・

Tc04

ピックガードを装着し、完了!

Tc05

やはり、締まりのない低音弦の原因はこれでした(^^)v。良かった良かった。アメスタ、アメデラ系をお使いでフロントPUの音に不満のある方、やってみる価値大です(もちろん自己責任で)。



ハウリング対策で良くやるのですが、PUの下にスポンジ詰めるのもオススメです。PUが動かなくなることでカチッとした音になります。


しかし、ここで作業ストップ!

何度かPUの高さ調整をしているうちに・・・

・・・フロントPUの音が小さくなっちゃった??

・・なんで??

・・・(皆、結構やるみたいだけど)コイルを傷付けてしまったらしい・・・(涙)。

PUを買うか・・・

・・・すると欲が出るじゃない?

・・・どうせなら良いモノを・・・

・・・どうせならバランスを考えてセットものを・・・

・・最初はストラトに付けていてお気に入りのKINMANあたりかな??と思っていたのですが、2個で5万はさすがに無理・・・リンディー(LINDY FRALIN)なんか評判良いし、どうかな??

 

サウンドハウスは安いとはいえ予想外の出費・・・嬉しいのか悲しいのか非常に複雑・・・

 
次回、テレキャスター~PU交換の巻き

LINDY FRALIN BROADCASTER
LINDY FRALIN BROADCASTER 【サウンドハウス】




 
こちらもオススメ;
オススメのテレキャスター用ピックアップ


 





 

2009/06/09

テレキャスター~コンデンサ交換

まずはお決まりのトーンのコンデンサ交換やっちゃいました。

開けてみると0.22の表示・・・・普通シングルの場合0.047uFが多いんだけどな(と、いってもあまり分かってないんだけど)と、思いつつ、レスポール用で置いてあったVITAMIN Q(0.022uF)を取り付けてみました。

Tele_cap01

Tele_cap02

完成!!

レスポールや、ストラトの時程、変わらないな~、と、思ったらオリジナルのコンデンサもそこそこ有名??(ILLINOIS CAPACITOR製)

次回、もう少しイジります・・・


 
こちらもオススメ;
オススメのコンデンサ ( キャパシタ )/ ギターパーツ交換で音質アップ

ギターパーツ一覧

2009/06/07

人生初のテレキャスター購入

Tele02

Fender(フェンダー)のテレキャスターAmerican Standard購入しました。ヘッド裏に創設50周年(1946-1996)を記念するステッカーが貼ってあるので、'96年製というのは間違いないでしょう(^^)

50th

手に入れてみて、正直テレキャスがこんなに良い音するギターだとは思わなかったわ・・・・特にジャキジャキのリアがとっても気持ちイイw。


 

σ(^_^)のストラトの場合フロント、ミドルは使えるが、リアはちょっと・・・って感じなんだけど、こいつのリアは太くてコシがあるからハードロックも全然OK!アメスタだからかな??

 
フロントはややパワー不足の感はあるけど、クリーンで鳴らすとアコースティックな音でこれまた使える。

 

ルックスも、木切ってネジ止めしときました~みたいな無骨な感じがたまらんね~。

 
今後は、おなじみのコンデンサ交換や、ハイパス用コンデンサの取り付けなんかも色々やってみたいなぁ~


こちらもオススメ;
Telecaster ( テレキャスター )を買う

 
テレキャス使いといえば、キース・リチャーズや、初期のジェフ・ベックなど色々いるけど、σ(^_^)にとって基本となるテレキャス・サウンドはこのグループ↓



 

Georgia Satellites - "Keep Your Hands To Yourself" Live '87

http://www.youtube.com/watch?v=16Ur45vTtw0

なつかし~~、ジョージア・サテライツのボーカルであるダン.ベアード(DAN BAIRD)のソロ・アルバムはさらにゴキゲンなテレキャス・サウンドが満載で楽しめますよ!




 

2009/06/05

トモ藤田氏の神業カッティング

リズムが正確でその上、神業ともいえるファンキーなカッティング・・・凄すぎ

 

σ(^_^)にもこんな日が・・・来るとは思えんな(T_T)

 

Funky jam!-Tomo Fujita & Yousuke Onuma duo
http://www.youtube.com/watch?v=hN20WV4E7zY

 

2009/06/04

ジミー・ペイジの凄さが分かる動画

この動画を見るとジミー・ペイジのバッキングがいかに多彩でセンスあるかが良く分かります。かっこええの~~。まさにリフマスター!!このjun626さんも巧い。

 

■Bring It On Home

http://www.youtube.com/watch?v=rGdlRhdjuJQ&feature=related

 
1分過ぎからのリフはこう弾いているんですね・・・音採れなかったんで非常にありがたいw

 
■Good Times Bad Times

http://www.youtube.com/watch?v=_3NidZwW8xQ

1stアルバムの一曲目です。こう聴くと原曲もテレキャスターですね

続いてアルバムHouses of The Holyから

■The Ocean

http://www.youtube.com/watch?v=LgplgyFrIGs&feature=related

■The Rover

http://www.youtube.com/watch?v=mrux7YUTrf8&feature=channel

こちらはアルバムPhysical Graffitiから、フェイザーは必須です。

こういう動画を見るとどう弾いているのかが一目瞭然なので非常に勉強になりますな。やはりジミー・ペイジは凄い!


こちらもオススメ:
Jimmy Page ( ジミー・ペイジ )・サウンド


 

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »