2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入りに追加

サイト内検索

お気に入りサイト

メール

« テーマは”スティーヴィー・レイ・ヴォーン”クルーズのストラトキャスターのPU交換 | トップページ | ピッキングの練習に何故チューブ・アンプなのか?? »

2009/09/12

余ったPUをこちらに移植~クルーズのストラトキャスターのPU交換

前回、CrewsのBottom's UP(3トーン・サンバースト)のPU交換を紹介しましたが、今回は同じCrewsのBottom's UP(レイクプラシッド・ブルー)の改造です。

交換前

Lpb002

こちらにはリアにディマジオのDP193(Air Norton)、ミドルとフロントにはCrewsがVanzandtにオーダーしたJimi'sというPUが搭載されているのですが、どうもしっくり来ない・・・
DP193(Air Norton)はメーカー・サイトによるとフロント用??みたいだし、Vanzandtも固い音であまりよろしくない(相性なんだろうけど)。

 

で、ちょうど同じCrewsのBottom's UP(3トーン・サンバースト)用で使っていたPUが余ったのでこちらに移植です。

 

ディマジオのDP192(Air Zone)は素直なヴィンテージ・サウンドで、歪ませてもセイモア ダンカン JBのように中域こんもりにならずとても使いやすいPUです。フロント、センターにはVOODOO ST60'S GREYというPUで、貼りメイプルのジミヘンっぽい音が特徴のPUですね。


 

交換後

Crewslpb01

見た目も変わって新鮮です。
 

シングル・コイルも良いですが、ギンギンに歪ませて頼りになるのはやはりハム・バッキングPUですね(^^)。

関連リンク
オススメのギター用ピックアップ



Crews Bottom's UP

_/_/人気ブログ・ランキング/ギター _/_/_/

« テーマは”スティーヴィー・レイ・ヴォーン”クルーズのストラトキャスターのPU交換 | トップページ | ピッキングの練習に何故チューブ・アンプなのか?? »

(楽器)ギター/調整」カテゴリの記事