2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入りに追加

サイト内検索

お気に入りサイト

メール

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010/01/29

My Favorite~Eric Clapton更新

My Favorite~Eric Clapton』のページを更新です。

オススメDVD,CDの他、クラプトン・サウンドを再現する為のアイテム?を現行モデル(ギター等)で紹介しています。

http://guitar-kaizou.net/clapton.html

2010/01/16

トモ藤田 『耳と感性でギターが弾ける本』

バークリー助教授で、ギタリストのトモ藤田氏の教則本が2月上旬に発売です。

タイトルは『耳と感性でギターが弾ける本』。

 
発売元のリットーミュージックやオフィシャル・サイトやでもアナウンスされていますが、内容はとても興味深いものになっています。

 
以下Amazon販売ページより引用

--------------------------------------------------------------
バークリーの基礎トレーニングを厳選! 自由にギターを弾くために!!

音楽教育の最高峰、米バークリー音楽大学で教鞭を執るトモ藤田が贈る、“耳を訓練し、感性を育て、弾きたい音を自由に弾く”という新しいコンセプトの教則本です。このようなテーマは曖昧な精神論になりがちですが、本書のエクササイズはバークリーでも実際に使われている、とても具体的で効果が実証済みのものです。各エクササイズはとてもシンプルなのですぐに終わってしまうかもしれませんが、目的はパターンを機械的にこなすことではなく、練習を通して耳を鍛え、感性を身につけていくことです。毎日少しずつくり返すことで、“メロディをカラフルに感じられた”、“今までより細かいリズムまで聴き取れた”、“フィーリングを込めて弾くことができた”などと気づく瞬間が訪れることでしょう

--------------------------------------------------------------

トモ藤田氏おなじみの、シンプルなエクササイズは初心者の方にも、中級者以上の方にもきっと役立つことでしょう。


 

slate紹介動画
YouTube - トモ藤田の教則本、耳と感性で弾ける本(CD付き)Tomo Fujita

note耳と感性でギターが弾ける本(各書店で予約受付中です)

 

_/_/FC2 Blog Ranking 楽器(ギター)_/_/_/

教材DVD一覧

2010/01/11

PU交換が苦手な方に~DiMarzio ディマジオ プリワイアード・ピックガード

PU交換が苦手な方にもオススメのキットがDIMARZIO(ディマジオ)から発売されています。

その名はDiMarzio Pre-Wired Pickguards

PU交換にはハンダ作業が必要で敬遠している方も多いと思いますが、これはPU、ボリューム、トーン、セレクター等、組み込み済みなので取り付けるだけで完了です(ハンダ作業はボディー裏のアース1カ所とジャック部が2カ所のみ)。

*最新のものは挟みこむだけのようです

 
こらならすぐ終わってしまいますね。

 
PUは当然パーツ類もディマジオ製なので音質面も安心です。

  • PUはイングヴェイ・マルムスティーン・ファン必須のYJM Setup
  • エリアシリーズ搭載の Area Setup
  • True Velvetシリーズ搭載のVintage Setup
  • ツインブレード・タイプのPUFast Trackが搭載されたHigh Power Setup
  • ビリー・コーガン・モデルのBC Setup

 

の5タイプ。

 
このセットはフェンダーUSAの11点止めモデル用ということになっていますが、今現在付いているピックガードを流用すれば当然、8点止めや国産ストラトなど、どんなもにも流用可能です。その場合ポットやセレクター等乗せ替える必要がありますが、ハンダ作業は省けるので楽です。(国産の場合ピックガードのポット穴の加工が必要になるものもあります)

 

DiMarzio ディマジオ プリワイアード・ピックガード オススメです

_/_/FC2 Blog Ranking 楽器(ギター)_/_/_/

関連リンク

オススメのギター用ピックアップ
~DiMarzio ディマジオ プリワイアード・ピックガードも

2010/01/07

レスポール、今度はペグ交換

先日レスポールのPUカバーを外したと書きましたが、フロントは良いのですが、リアPUの高域が少々目立つようになってしまいました・・・

なので、今度はペグ交換です。重く倍音の少ないグローバーを、純正で付いていた軽いクルーソン風ロトマチック・ペグ?に交換です。

交換前
Lp_gb

Lp_gb1
ごついです・・・

交換後
Lp_ks

Lp_ks1
シンプル・・・

キンキンした高域が押さえられ、ちょうど良い感じに仕上がりました(^-^)。

PUカバー付きならグローバーのペグは非常に有効だったのですが、PUカバーを外したら逆にキンキンしてしまう・・・・何とも奥が深い。Fat Fingerも原理は同じですね

ちなみにグローバーなどのロトマチック・ペグとヴィンテージ系ギブソンやフェンダーに付いているクルーソン・ペグは穴の径が違うので互換性はありません(このギターに付けたクルーソン?はロトマチックタイプです)。

*追記;
ロトマチック・タイプのペグが付いたギターの場合でも、
MONTREUX Convertion Bushing を使えば、径の小さなクルーソン・タイプのペグを取り付ける事が可能になります

  • で、外したグローバーは・・・・

    K・ヤイリYW-1000に取り付けてみました。

    交換前
    Yw_01

    交換後
    Yw_02

    こっちはほとんど音に変化無し。こっちの方が格好いいんでそのまま付けておきます。

    関連リンク
    ヘッド周りの改造 - レスポールをとことんいじる

     

    _/_/FC2 Blog Ranking 楽器(ギター)_/_/_/

    ギターパーツ一覧

    2010/01/04

    レスポールのPUカバー取り外し

    10年以上ぶりにレスポールのPUカバーを取り外してみました。

    Lp_0104

    見た目はカバー付きの方が断然好きなんだけど、ストラトを普段弾いていると、持ち替えたときのこもり感?が気になるんですよね・・・

    外してみて、、、久しぶりだなこの元気な音!!ビンテージっぽいアコースティックな感じは消えてしまったけど、古いブルースをやるならともかくロックするなら断然カバー無し!!

    しばらくこれで遊んでみます。

    ちなみに外す前はこんな感じ、

    Les001041

    やはり見た目はカバー付きの方が好きだな~

    関連リンク
    レスポールをとことんいじる (改造)

    _/_/FC2 Blog Ranking 楽器(ギター)_/_/_/

    2010/01/02

    Hoscoギターキット

    HOSCOという所からギター・キットなるものが発売されています。

    レスポールタイプの↓と

    HOSCOギターキット(レスポール・タイプ)

    ストラトタイプの↓と

    HOSCOギターキット(ストラト・タイプ)

    テレキャスタイプのこれ↓

    HOSCOギターキット(テレキャスター・タイプ)

    ネットで調べてみるとレスポールはボディーにマホバックのメイプルトップ、ネックはメイプルにローズ指盤、ストラト、テレはアルダー・ボディーにメイプル・ネックだそうで、結構本格的・・・いっちょストラトあたりでも作ってみようかな??

     

    ただヘッド形状が未加工なのと、ストラトやテレのブリッジ固定用のビス穴が空いていないのでオクターブが合わないなんてことにならないかちょっと心配。前に一度ボディーだけ買ってきて作ったことあるので全くの初心者って訳ではないんだけど・・・

     
    あとは時間があれば・・・

     
    上記以外のキットもこちらに掲載中です



     

    ギターの塗装はこちらでどうぞ
    関連リンク
    ギターのリフィニッシュに挑戦!!

     

    _/_/FC2 Blog Ranking 楽器(ギター)_/_/_/

    ギターのリフィニッシュに挑戦!! - T's Guitar Room

    « 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »