2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入りに追加

サイト内検索

お気に入りサイト

メール

« 12AX7色々 | トップページ | ノリノリでヴィンテージを弾きまくる人 »

2010/04/09

フレット摺り合わせ ストラトキャスター

  100408_01
ロー・フレットのビビリが酷くなってきたので、フレット摺り合わせを行いました。

100408_04
使用したのは、上からスチールウールHOSCOのフレットファイルマスキング・テープ、真っ直ぐな鉄ヤスリ、と真っ直ぐな定規。

100408_02
まず、テープでマスキングし、鉄ヤスリで少しずつ全体を落とし、凹みがなくなったらフレットファイルでフレットの角を取ります。

100408_natfile

フレットファイルとは、削って平らになったフレットの角を落とすヤスリです。3種類あります。

次に1000番程度の水(紙)ヤスリで磨き、その後スチールウールで研磨し完了!!

あとは弦を張って、各フレットで音の詰まりがないかチョーキングなどをしながらチェックします。

詰まりがあれば、、、

(弦を切らずに緩めて)部分部分を少しずつ削りながら様子を見ます

↓    

弦を張って、音詰まりのチェック(再度↑を繰り返します)

問題なければ、フレットは金属磨きの定番ピカールと、指盤はレモン・オイルで汚れを落として終了!!

100408_03
結構上手くいきました(^^)v。

ロー・フレットのビビリも見事解消し大成功!!

摺り合わせを自分で行う人はあまり居ないと思いますが、HOSCOのフレットファイルあると便利ですよ>作業はもちろん自己責任で

関連リンク
フェンダー・ジャパンのストラトキャスターST62をとことんいじる(改造)

 

_/_/FC2 Blog Ranking 楽器(ギター)_/_/_/

ギター用メインテナンス・グッズ - 工具 - T's Guitar Room

« 12AX7色々 | トップページ | ノリノリでヴィンテージを弾きまくる人 »

(楽器)ギター/調整」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506848/60426690

この記事へのトラックバック一覧です: フレット摺り合わせ ストラトキャスター:

« 12AX7色々 | トップページ | ノリノリでヴィンテージを弾きまくる人 »