2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入りに追加

サイト内検索

お気に入りサイト

メール

« テレキャスター・リフィニッシュ完了! | トップページ | Lil’Night Train(2w)が発売 »

2010/09/08

ネックの仕込み角の調整(ストラトキャスター)

リフィニッシュしたテレキャスターが絶好調です(^-^)。

カリカリしたリアに、ふくよかなフロント、テレキャスターって意外と?弾きやすく、マルチに使えるギターなんだとあらためて感じています。

で、テレキャスターをずーっと弾いていて、CREWSのストラトに持ち替えたときに、非常に弾きにくく感じます。

何故か??

それはネックの仕込み角の違い

私は小指をピックガードに乗せて弾くことが多いのですが、ピックガードと弦までの距離に違いがあると非常に違和感があります。

このリフィニッシュしたテレキャスターの場合、ピックガード(ボディー)と弦までが8.6mm位(テレキャスターの場合、手を置く場所はピックガードではなく、ボディーなので、実際は10mm)。

Tele001

CREWSのストラトは約8.2mm。

St001

これだけ差があると、かなり違います。

さて、これを同じにするにはどうするか??

ネックを外しネック・ポケットにシム(適当な厚さの紙)を入れることで高くすることが出来るんです。

近年のフェンダーにはマイクロ・ティルトという機能があり、仕込んであるスクリューをレンチで回すだけでネック角の調整が可能ですが、このギターのようにマイクロ・ティルトの無いモデルはシム(適当な厚さの紙)を入れることになります。↓

St002

作業後の写真がこちら↓。適当な厚紙を入れて約9mmになりました。違いは僅かですが、これが弾き心地にかなり影響するんですね~

St003

で、よく言われる『シムを入れると音が悪くなる』に関してですが、若干キンキンした音(ハリのある音)になりましたが、悪くなった感じはありません。

戻すのも簡単だし・・・弾き心地の調整が出来たので今回はこれで良しとします。

ちなみにレスポールは約9mmでした。

*作業は紙を入れるだけで簡単ですが、弦高調整が必要になりますので、初心者の方は行わないようにして下さい。

何度も書いていますが、ストラトというか、フェンダー系のギターはホント奥が深い!!

関連リンク
フェンダー・ジャパンのストラトキャスターST62をとことんいじる(改造)

 

_/_/FC2 Blog Ranking 楽器(ギター)_/_/_/

ストラト・パワーアップ?・パーツ 今週の気になる・・・

« テレキャスター・リフィニッシュ完了! | トップページ | Lil’Night Train(2w)が発売 »

(楽器)ギター/調整」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506848/60426715

この記事へのトラックバック一覧です: ネックの仕込み角の調整(ストラトキャスター):

« テレキャスター・リフィニッシュ完了! | トップページ | Lil’Night Train(2w)が発売 »