2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入りに追加

サイト内検索

お気に入りサイト

メール

« ブラインドフェイス時代のテレキャスター | トップページ | 福島原発の放射能は安全? »

2011/03/31

MESA BOOGIE ( メサブギー ) / Mark V

MESA BOOGIE ( メサブギー ) / Mark V 1X12 COMBOを追加しました

【メーカー別】MESA BOOGIE (メサブギー ) - チューブアンプの選び方

Mark V COMBO

このMark V COMBOは、以前紹介したTA-15同様、出力切り替え(10W、45W、90W )と、各チャンネルに付き3つのモードを搭載しているのがポイント。

チャンネル1
Clean、Fat、Tweedモード

チャンネル2
Edge、Crunch、Mark I

チャンネル3
Mark II C+、Mark IV、EXTREME

Boogiepanal

出力も最大90w~最小で10wなので、ライブはもちろん、自宅での使用も問題なし!しかも、各チャンネル搭載のモードとEQで、一体何通りの音作りが可能なんだろう??

Mesa Boogie Mark V 112 Combo Amplifier
http://www.youtube.com/watch?v=FsqFIi7HkY8

マニュアル覧(英語)によると、背面に6L6/EL34切り替えSWも搭載し、マニアにも嬉しい仕様(^^)。同じく背面にはチューナーアウトも装備。 

Boogiebias2

6L6/EL34の音の違いについては以下の動画が参考になります

Mesa/Boogie Mark V 6L6 vs EL34 Tube Shootout Comparison

http://www.youtube.com/watch?v=4VgVA3zWAXM

6L6の方がふくよかで、EL34のほうがややタイトという感じでしょうか?

いずれにせよ、自宅~ライブまで使えるMesa/Boogie Mark Vはちょっと高いけどマルチに使えるアンプだと思いました。

Mark V COMBO【サウンドハウス】

_/_/楽器(ギター)Ranking _/_/_/

【メーカー別】MESA BOOGIE (メサブギー ) - チューブアンプの選び方

« ブラインドフェイス時代のテレキャスター | トップページ | 福島原発の放射能は安全? »

(楽器)アンプ/製品情報」カテゴリの記事

(楽器)更新情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506848/60426792

この記事へのトラックバック一覧です: MESA BOOGIE ( メサブギー ) / Mark V:

« ブラインドフェイス時代のテレキャスター | トップページ | 福島原発の放射能は安全? »