2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入りに追加

サイト内検索

お気に入りサイト

メール

« Ibanez Tube screamer Ampのコンボが登場 | トップページ | 弦の表通し(トップローディング)にも対応したブリッジ Wilkinson WTB をアメスタ・テレキャスターに取り付け »

2012/03/25

ネックのセンターずれ修正

久しぶりにクルーズのボトムズアップを引っ張り出してきて弾いてみると・・・・ うん、素晴らしい!!

お気に入りのクルーズのボトムズアップ

最近お気に入りのフェンダー・ジャパンのST62と比べると、ものすごく軽くてストラトらしい軽快なサウンドを奏でてくれます。

が、普段6弦側を支点に立て掛けているせいか?ネックのセンターずれが発生していました。

ネックのセンターずれとは、ストラトやテレキャスなどボディーとネックをボルトで止めているギターで起こる症状で、ネックが6弦又は1弦側のどちらかに傾いてしまう状態。

ネックのセンターずれ修正 作業前

こんな状態では、1弦がネックから文字通りズレ落ちてしまいます(^^;)。 こんな時は、ボディーのカッタウェイ部を持って、ネックを「エイッ!!」と動かすと・・・・

治っちゃいます(^^)。

ネックのセンターずれ修正 作業後

ネックを止めているボルトを確認してみると、やはり少々緩んでいましたので、きっちり増し締めして終了!

ネックの反りはもちろん、ギターの日常の点検はとても大切だとあらためて思いました。

*ご自分でなさる場合は自己責任でお願いします

これとは別のギターですが、意外と忘れがちなのがここ・・・・

ロトマチック・ペグのナット


弦振動のためか?ロトマチック・ペグのナットは結構緩んでることが多いです。弦交換の時にでもチェックしてみるとよいでしょう>締めすぎは塗装割れを起こす場合がありますので禁物です。

_/_/人気ブログ・ランキング/ギター  _/_/_/

簡単なエレキギターの調整 - T's Guitar Room

« Ibanez Tube screamer Ampのコンボが登場 | トップページ | 弦の表通し(トップローディング)にも対応したブリッジ Wilkinson WTB をアメスタ・テレキャスターに取り付け »

(楽器)ギター/調整」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506848/60426902

この記事へのトラックバック一覧です: ネックのセンターずれ修正:

« Ibanez Tube screamer Ampのコンボが登場 | トップページ | 弦の表通し(トップローディング)にも対応したブリッジ Wilkinson WTB をアメスタ・テレキャスターに取り付け »