2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入りに追加

サイト内検索

お気に入りサイト

メール

« 評判のストラト用サドル Raw Vintage Pure Steel Saddleのレビューページ | トップページ | レコーディング用マイクのページを更新しました »

2012/04/19

XOTIC / BBP-COMP レビュー(音付き)

最近、BB-Preampの評価が鰻登りだと書きましたがXOTIC ( エキゾティック ) から発売された、新しいペダル BBP-COMP を購入しました。

XOTIC / BBP-COMP 
XOTIC / BBP-COMP

BBP-COMP とは、中央にあるコンプモード・スイッチを切り替えることで歴代BBのサウンド及び、BBの特徴でもあるコンプ感をカットするモードを備えた新しいBB-Preampのこと。

Bbcomp004

スイッチ上(ノーマル);
シリアル3643番以降の現行BB-Preampの音色

スイッチ中(コンプ・オフ);
コンプ感をカットした固いサウンド

スイッチ下(コンプ・オン);
シリアル3643番以前のBB及び、BBP-AT(アンディー・ティモンズ・モデル)と同じコンプ感の強いサウンドを再現



XOTIC / BBP-COMPレビュー1


コンプ・モード
実際使ってみて、非常に良くできたペダルだと思いました。まず手持ちのBB-Preamp(コンプ感のあるシリアル3643番以前のモデル)との比較ですが、モードをコンプ・オンにして、同じ設定で弾いてみたところほとんど変わらないサウンド。


TS系(チューブスクリーマー)に最も近い歪で、しかも2バンドのトーン回路を持っているので本家よりも使いやすくおすすめです>もうBBのシリアルを気にせずこれを購入すれば解決です!


クリーン/クランチ程度のアンプに足して、ブルージーに決めたい時におすすめのモードです。


XOTIC / BBP-COMPレビュー2


ノーマル・モード
手持ちのBB-Preampと比較してもかなりカチッとしたヌケの良いサウンドに仕上がっています。同じ設定で弾くとコンプ・モードよりも若干音量がUPします。


3モードのなかでは一番使いやすく、歪んだアンプにプラスしても音が濁らず、ゲイン・ブースターとしても最適だと思います。



コンプオフ・モード
同じ設定で弾くとめちゃくちゃ音がデカイです。かっちりとした濁りのない音で、ヘッドルームが広いと言うのでしょうか?歪みそうで歪まない出力の大きなアンプを弾いているようなサウンドです。


このモードは歪みエフェクターとしてよりも、レスポンスの良さを生かしてお気に入りのアンプやエフェクターの音質補正用のプリアンプ/ブースター的な使い方がベストのような気がします。





録音してみました

■録音環境;
アンプ;Cornell-Romany Plus
マイク;SHURE SM57
ギター;Fender J ST-62(ストラトキャスター)

小音量ですが、アンプの前にマイクを立てて録ってみました(レコーディング後の補正はしていません)。強めに弾いたのですが、音量の違いがうまく表現出来なくてちょっと残念coldsweats01

BBP-COMP 3モードの音量比較
                   
COMP → NORMAL→ COMP/OFF

実際の音量はもっと違います。演奏中に切り替えるものでもないですから問題無いです。

BBP-COMP クリーンブースト
                   
クリーン → BBP-COMP
Vol Max、Gain 0、Treble Max、Bass Max


ゲインを絞った状態ではコンプの効きは変わりません。小さな音なのでトーンは全開で録ってみました。

歪の比較 (3モード)
リズム;
                   

単音;
                   
クリーン → COMP → NORMA L→ COMP/OFF
Vol 11時、Gain 10時、Treble 2時、Bass 2時


高音域の違いが分かるでしょうか?実際はCOMP/OFFの音はもっと大きくハリのある音なのですがうまく録れていませんcoldsweats01

BB-Preampと、BBP-COMP(コンプオンモード)の比較
                   
BB → BBP-COMP
Vol 11時、Gain 11時、Treble 12時、Bass 12時



同じサウンドです。実際はBB-Preampの方が若干ウォームに聞こえますが、オレンジとシルバーの筐体(色)の違いが原因??

Ibanez TS10と、BBP-COMP(コンプオンモード)
                   
TS10 → BBP-COMP
Ibanez TS10

Vol 12時、Gain 12時、Tone 12時
BBP-COMP(コンプオンモード)
Vol 11時半、Gain 11時半、Treble 9時半、Bass 9時半


お気に入りのチューブスクリーマー(TS10)との比較です。トレブル/ベースを下げ目にセットアップすると、鼻をつまんだ感じのTS系サウンドを再現できます。

3モード搭載の XOTIC / BBP-COMP は使える

XOTIC / BBP-COMP 非常に気に入りました。私のもっているコンプ感の強いBB-Preampはクリーン/クランチ程度のアンプとは相性が良くてとても素晴らしいのですが、歪んだアンプに使うと、ややまとわりつく感じになってしまい今ひとつ・・・


しかし3モード搭載の XOTIC / BBP-COMP は歪んだ音をもう一押しするゲイン・ブースターとして、クリーンなブースターとして非常に使えるペダルだと思います。


ギターケースにいつも入れておくのはこれに決定ですね。



価格比較
XOTIC / BBP-COMP 【サウンドハウス】

_/_/人気ブログ・ランキング/ギター  _/_/_/

関連リンク
XOTIC ( エキゾチック ) - 歪み系エフェクター大全集
3種類のコンプモードを持つ新しい XOTICのBBP-COMPは注目です
Xotic BB PreampとAC Boosterの比較

« 評判のストラト用サドル Raw Vintage Pure Steel Saddleのレビューページ | トップページ | レコーディング用マイクのページを更新しました »

(楽器)エフェクタ/製品情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506848/60426907

この記事へのトラックバック一覧です: XOTIC / BBP-COMP レビュー(音付き):

« 評判のストラト用サドル Raw Vintage Pure Steel Saddleのレビューページ | トップページ | レコーディング用マイクのページを更新しました »