2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お気に入りに追加

サイト内検索

メール

« 1/8スケールのフェンダーのフィギュア、1962 PRECISION BASSが来ましたよ | トップページ | ビンテージのテープエコーを徹底解析したという、STRYMONのEl Capistanが見事 »

2013/01/19

レスポールのPUカバー、エスカッション、ピックガードを交換してみました

手持ちの1988年製レスポール・リイシューの、PUカバーエスカッションピックガードを交換してみました。

レスポールのPUカバー、エスカッション、ピックガードを交換してみました


1985年より発売されたレスポール・リイシューは、当時発売されていたレスポール・スタンダードよりはヴィンテージのレスポールに近い仕様で人気がありましたが、後に発売されるヒストリック・コレクションと比べると非常に中途半端な仕上がりでした。

 

 
例えばピックガード。レスポール・リイシューのピックガードは安っぽい素材に、エッジが丸く処理されています。

レスポール・リイシューのピックガード


対して、現行のヒスコレやヴィンテージのレスポールは、プラ板素材から、削りだしたまんまの角ばった形。

ザ・ビューティー・オブ・ザ・バーストP.59より
ザ・ビューティー・オブ・ザ・バーストP.59より~

 
今回購入したピックガードはそんなヴィンテージ・レスポールのピックガードに非常によく似た形です。

 

レスポール用ピックガードの違い
下が今回購入したMONTREUX ( モントルー ) 製ピックガード

 
次に、エスカッション(PUマウントリング)。エスカッションは、レスポール・リイシューでもヒスコレやヴィンテージのレスポールに似たトールタイプのエスカッションが付いているのですが、やはり安っぽい素材です。


 

今回購入したのはヴィンテージらしい白っぽい素材のエスカッションです。

レスポール用エスカッションの違い
下が今回購入したエスカッション


そしてPUカバー

 
これは、手持ちのギブソン57クラシックのカバーと比べるとエッジが立っています。

レスポール用ピックアップカバーの違い


 
しっとりとした質感のニッケルメッキは、ピカピカな仕上がりのクロムメッキとは全く違います。

レスポール用ピックアップカバーの違い その2
57クラシックのPUカバー

レスポール用ピックアップカバーの違い その3
MONTREUX のPUカバー

レスポール用ピックアップカバーを交換
エスカッションはボディーとのカーブが合っていませんがそのまま取り付け出来ます

レスポール用ピックアップカバーを交換 その2
カバーの取り付けはハンダで行います(アースの意味合いもあるのでしょうか?)

取り付け完了!!

レスポールのPUカバー、エスカッション、ピックガードの取り付け完了

レスポールのPUカバー、エスカッション、ピックガードの取り付け完了 その2


う~ん、素晴らしい!!

ただひとつ、ピックガードが微妙に合いませんでした(^_^;)。

 
1999年以降のヒスコレ及びヴィンテージはPU間が57mmであるのに対し、私のリイシューは約60mm。 なのでリアPUの前がこれだけ開いてしまっています・・・・

 

レスポールのPUカバー、エスカッション、ピックガードの取り付け完了 その3


ちょっとかっこ悪いっす(^_^;)。

こんなのも売っているので、そのうちショップにお願いするか?自作するか?したいと思います。

ALLPARTS JAPAN ( オールパーツジャパン ) / Pickguard Board 300x500 IV 1Ply


 
見た目より気になるのが、PUの間隔の違い。数ミリ違うと出音も変わってくるのでしょうか??ちょっと興味があります。

 

さて、カバーによって音に変化があったか?は分からないけど、調整のついでにポールピースをいじってみました。

 

PUを下げても、リアに比べフロント(特に6弦)が太すぎるので、大まかな調整後、弦を一本づつ鳴らし、PUを切り替えながらフロントのポールピースを上下してみると ・・・・

 

結構変わるんですね、ブーミーな感じが程よく抑えられ、バランスの良い音になりました(^^)。


*よくわからない方は触らないほうが良いと思います


 
ちなみに、PUカバーですが、メーカー(PUの種類)によってポールピースのピッチに違いがあるので購入する場合には必ずチェックして下さい。

代用的なメーカーとピッチ
Gibson:'57Classic / Classic Plus / Burst Buckerはフロント、リアー共9.8mmです。('50~'60のPAF、ナンバードPAFは9.91mmです。)
Duncan:ほとんどの機種のフロント、リアー共に9.8mmピッチです。 (トレムバッカーのピッチは違いますのでご注意下さい。)
Dimarzio:PUのほとんどが9.6mmピッチですが9.5mmピッチでも(全体では0.5mm狭くなりますが)使用は可能です。 (Fスペースの機種やPAF Classic(10.2mm)はピッチが違いますのでご注意下さい。)
WOLFETONE:9.91mm/
TOM HOLMES:9.91mm
Lindy Fralin:9.91mm/
Vanzandt:9.91mm

今回購入したものは9.8mmで、57クラシックにジャストフィットでした。


 
リフィニッシュを始め、このレスポールも色々いじったので、まとめページでも作ろうかと思います。

*上記は1988年製ギブソン・レスポール・リイシューの改造を紹介した記事です。同じギブソン製であってもパーツによっては取り付け出来ないものもありますので、パーツの購入、交換は自己責任でお願いします。

14_zu7kqbod6ugt_t01358570783_135857

まとめページが出来ました;
レスポールをとことんいじる (改造/ 調整)








 





 

 

 

« 1/8スケールのフェンダーのフィギュア、1962 PRECISION BASSが来ましたよ | トップページ | ビンテージのテープエコーを徹底解析したという、STRYMONのEl Capistanが見事 »

(楽器)ギター/調整」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1/8スケールのフェンダーのフィギュア、1962 PRECISION BASSが来ましたよ | トップページ | ビンテージのテープエコーを徹底解析したという、STRYMONのEl Capistanが見事 »