2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入りに追加

サイト内検索

お気に入りサイト

メール

« CELESTION ( セレッション ) / G12M-65 Creamback | トップページ | これでシールドの抜き差し時に発生する耳障りなノイズともおさらば>NEUTRIK ( ノイトリック )製のサイレント・プラグ »

2013/04/07

Cornell Romany Plusのスピーカー交換を検討中・・・JENSEN ( ジェンセン ) / C12N

当初は、Zinkyのスピーカーを交換しようと思い、先日紹介したCELESTION ( セレッション ) / G12M-65 Creambackなど色々と検討していた所、何故か?急に良い音で鳴り始めた(なんでや??)ので、ターゲットはCornell Romany Plusに・・・(^_^;)。

Cornell Romany Plusの純正スピーカー(Jensen CH1270)も悪い音ではないのですが、ハイミッドがややキツく、もう少し太い中域が欲しかったのと、せっかくのフェンダー系アンプなので、もっとヴィンテージライクなスピーカーを試してみたいなぁ~と・・・。

スピーカー交換は手軽だし、値段もそんなに高くないんですよ~(アルニコ・マグネットのスピーカーを除く)。

候補は、ブラックフェイス系アンプのスピーカーでおなじみの、JENSEN ( ジェンセン ) / C12N

JENSEN ( ジェンセン ) / C12N

JENSEN ( ジェンセン ) / C12N

決め手になったのは、JENSEN ( ジェンセン )のサイトに有るサンプル音源

Cornell Romany Plusに付いているスピーカーJensen CH1270は、すでに廃盤?なのだけど、後継は恐らくMod 12-70というモデル。

何故ならサンプル音源がCornell Romany Plusの特徴と全く同じ(^^)。

柔らかな高域が素晴らしいのだけど、中域に迫力がない感じ??

クリーンサウンドが分かりやすいですよ

note Mod 12-70  Jensen Loudspeakers (セラミック/フェライト)

対してC12Nは似たような音色ながら、中域が力強い

note C12N  Jensen Loudspeakers (セラミック/フェライト)

アルニコ・マグネットのP12Nは、低域~中域にかけての力強さは素晴らしいものの、高域の張りが今ひとつ。プレーン弦の5~12フレット辺りのペチ~ンという艶やかな音とピックの食いつきが弱そう>アンプの設定にもよるのでしょうが・・・。

note P12N  Jensen Loudspeakers (アルニコ)

 

さらに、タイミングよく?こんな記事を読んでしまったものだから、その思いが更に強くなってしまった(^_^;)。

スピーカーの磁石 - ブルース・ロック魂

JENSEN ( ジェンセン ) のヴィンテージ系スピーカーの説明

JENSEN ( ジェンセン ) のヴィンテージ系スピーカーは大きく分けて2種類。

50年代のツイード系アンプの時代に採用された、アルニコ・マグネットの Pシリーズと、60年代のブラックフェイス時代に採用された、セラミック/フェライト・マグネットの Cシリーズ

P12Nとか、C12Nの数字は口径(インチ)で、末尾のアルファベットは許容入力を表していて、R、Q、N、Kの順に許容入力が大きくなります。

候補に上がっている、JENSEN ( ジェンセン ) / C12Nは許容入力50w、C12Kは100wになります。

たかだか定格10wのチューブアンプにどうして50wのスピーカーを・・・というと、チューブアンプの場合、ボリュームを上げると、およそ倍の出力になるというのと、マグネットが大きい(許容入力が大きい)ほうが音が大きくなるという特性があるから。

では、なぜ100wのC12Kにしないかというと、マグネットが重く、重量UPはNGだし、マグネットが大きくなると、弊害として高域が弱くなるらしいです・・・。

参考
ギターアンプの研究/スピーカーの入り口 - 林クラフト

これを頭に入れてサンプルを聴くと非常に面白い。マグネット(許容入力)の小さいスピーカーはやはり低域が弱く、高域が綺麗ですね。このアンプは10wと小さいので、大きな音の出るスピーカーの方が何かと都合が良いと判断しましたが、ロマニー・プラスのキャビネットにはどれがバランス良いのでしょう??>こればかりは実際に入れてみないと・・・

さらにスピーカーに関する知識がないので、こういったインタビュー記事も非常に参考になります。

ロマニーの設計者、デニスコーネルのインタビュー記事です。

デニスコーネル・インタビュー 2. (ページ下段)

もし“これこそフェンダーアンプだ”といった、もっとクールでクリスピーなサウンドを望むなら、ジャンセンスピーカーを使うといい。 また、もっとブリティッシュなミドルがきいたサウンドで、オーバードライブを効かせたはじけるようなサウンドを好むなら、セレションスピーカーをお勧めする。

歪ませて使うことが多い、もうひとつのアンプZinkyには、やはりCELESTION ( セレッション ) / G12M-65 Creambackが良さそう・・・。

Cornell Romany Plus用に、JENSEN ( ジェンセン )の C12N、近々購入予定です。

変わらなかったらどうしよう(^_^;)。

JENSEN ( ジェンセン ) スピーカー 【サウンドハウス】

 

_/_/ギター・ブログ・ランキング_/_/_/

関連リンク
スピーカーを買う/ギターアンプ用パワーアップ・パーツ
スピーカーキャビネットについて勉強しよう

« CELESTION ( セレッション ) / G12M-65 Creamback | トップページ | これでシールドの抜き差し時に発生する耳障りなノイズともおさらば>NEUTRIK ( ノイトリック )製のサイレント・プラグ »

(楽器)アンプ/製品情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« CELESTION ( セレッション ) / G12M-65 Creamback | トップページ | これでシールドの抜き差し時に発生する耳障りなノイズともおさらば>NEUTRIK ( ノイトリック )製のサイレント・プラグ »