2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お気に入りに追加

サイト内検索

メール

« Gibson Les Paul '59 Reissue に、首下約25.4mmのロング・スティール・スタッド(MONTREUX Inch Steel Studs)を取り付け | トップページ | SGにスティール・スタッドとアルミ・テールピースを取り付け »

2013/06/08

手のひらサイズのエフェクター、HOTONE(ホット・トーン)が発売

またまた小さなエフェクターが発売です。

サイズは、D74mm×W44mm×H44mm  、重量190gとまさに手のひらサイズ。


まだ、数はそんなに多くないですが、それでも興味深いペダルが揃っています。 まずは、

HOTONE:BLUES(ブルース/オーバードライブ)

BLUESって位なので、クランチ程度の歪を想像していましたが、かなり多彩。ホームページで聴けるのですが、かなり良い(^^)。

HOTONE  BLUES - オーバードライブ  Effector  株式会社オールアクセス

アンプの歪を加えればこれ一台でOKでしょう。

次に興味深いのは、

HOTONE:EKO(エコー/ディレイ)

最長500msecのデジタル・ディレイ。

サンプルを聴くと、デジタルとアナログの中間のようなサウンドのようで、これは使ってみたい気がします>手持ちのアナログ・ディレイ(BOSS DM-3)はこもりが酷すぎて以外と使えなかったりするので・・・。

ただ、足元でディレイ・タイムを設定できるTAPスイッチが無いのは個人的にNG。値段を考えたら仕方がないのでしょうが・・・ 私なら細かいことは考えずにショートディレイをかけっぱなしで使うかな??という感じ。

HOTONE  EKO - ディレイ  Effector  株式会社オールアクセス

こちらはコンプレッサー、

HOTONE:KOMP(コンプ/コンプレッサー)

サンプルを聴いた感じは、コンプが掛かっているのか?よくわかりません。

名機Urei LA2Aに強く影響を受けたデザインのオプティカル・コンプレッサーとありますので、そういうものなのでしょうか??違った意味で弾いてみたいですね。

 

HOTONE  KOMP - コンプレッサー  Effector  株式会社オールアクセス

 

こちらはトレモロ、

HOTONE:TREM (トレム/トレモロ) coming soon

トレモロは個人的には非常に好きなエフェクター。60~70年代のアルバムには結構使われていますよね。

Fender社製「Twin アンプ」に搭載されていたトレモロ回路に深く影響を受けたデザインは、滑らかででスムーズなトレモロ・エフェクトを生み出しますとのことで、サンプルもまさに。60s~70sを感じさせるサウンド。

HOTONE  TREM - トレモロ  Effector  株式会社オールアクセス

 

全機種共通して、トゥルーバイパス、各コントロールにAlpha製ボリュームを使用、亜鉛ダイキャスト製シャーシを採用と、非常に贅沢なスペック。

手のひらサイズと、良心的な価格設定で、いつものボードに1足し、2足しが出来るのも嬉しいですね。

本国のサイトには国内未発売のペダルもラインナップされているので今後も注目のメーカーです。

HOTONE(ホット・トーン) 一覧

HOTONE 一覧 【サウンドハウス】

 




こちらもオススメ;
HOTONE(ホット・トーン) 一覧 - 歪み系エフェクター大全集


« Gibson Les Paul '59 Reissue に、首下約25.4mmのロング・スティール・スタッド(MONTREUX Inch Steel Studs)を取り付け | トップページ | SGにスティール・スタッドとアルミ・テールピースを取り付け »

(楽器)エフェクタ/製品情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Gibson Les Paul '59 Reissue に、首下約25.4mmのロング・スティール・スタッド(MONTREUX Inch Steel Studs)を取り付け | トップページ | SGにスティール・スタッドとアルミ・テールピースを取り付け »