« USBレコーディングにも対応したチューブアンプヘッド LANEY ( レイニー ) / IRT-STUDIO | トップページ | ストラトのネック交換 »

2013/07/17

ぼやけた音に活を入れる!Fender FAT FINGER

レスポールやストラトに比べ、ややぼやけた音が特徴の我がSG。

 

それがSGといえばSGなのですが、シャキ~ンとした音が加われば完璧なんだけどなぁ~~~~ と思ったら、シャキ~ンとした音になっちゃいました(^^)。


 
シャキ~ンとした音の秘密は、Fender FAT FINGER 

ぼやけた音に活を入れる!Fender FAT FINGER
 

サスティーンアップという意味では、やや効果があるかな??程度なのですが、モワッとしていた中低音がタイトになり、高域はシャキ~ンと艷やかになり、我がSGに足りなかった部分がグッと前に出てきました(^^)。

 
ファットフィンガーは、以前はグルーブチューブから発売されていたもので、グルーブチューブがフェンダー傘下に入ったため、フェンダーの刻印が入っていますが同じものです。



グルーブチューブ時代にはジョー・サトリアーニが広告に載っていて、こんなモノで本当に変わるのか??とやや眉唾ものでみていましたが、確実に変わります!!!


FAT FINGERの原理は簡単で、金属の重りをヘッドにつけることで、ネックの暴れ(共振)がおさまり、サスティーンアップ、デットポイントや音質の改善につながるという訳です。


重いペグを付けるとシャキンとした音になるのと同じ原理ですね。



 
試しに他のギターにも装着してみましたが、どれも音が元気になりますね。

 

音を元気にしたい、という方はそんなに高いものではないので、是非一度お試しを・・・




取り付ける場所によって音が変わるようなので、色々試してみたいと思います。


FATFINGERはギター用と、やや大きなベース用があります




FENDER ( フェンダー ) / Fat Finger

 
FENDER ( フェンダー ) / Fat Finger 【サウンドハウス】

 
こちらもオススメ;
ギターパーツ交換で音質アップ

« USBレコーディングにも対応したチューブアンプヘッド LANEY ( レイニー ) / IRT-STUDIO | トップページ | ストラトのネック交換 »

(楽器)ギター用アクセサリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« USBレコーディングにも対応したチューブアンプヘッド LANEY ( レイニー ) / IRT-STUDIO | トップページ | ストラトのネック交換 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

サイトプロフィール

お気に入りに追加

サイト内検索

メール