2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りに追加

サイト内検索

お気に入りサイト

メール

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014/06/23

テープエコー風のサウンドと発振もするTECH21のディレイ Boost DLAがとても気になる

先ほど紹介したTECH21 ( テック21 )のマルチエフェクター、FLY RIG 5に内蔵されているというTECH21のディレイBoost DLAがとても気になってしまいました。

Youtubeでサンプルを聴いてみると、テープエコー風の暖かなサウンドに、トミー・ボーリンの十八番である発振も出来ちゃうんですね。


ディレイの発振とは下記の動画の冒頭部のシュワシュワしたやつ。

Deep Purple - Tommy Bolin's Solo

https://www.youtube.com/watch?v=95Z6M2zPNHQ

フィードバックを長めにとったディレイの音をキープしたまま、ディレイタイムのツマミをいじるとこういう効果が得られるのですが、これはテープエコーやアナログ・ディレイなどでないと基本出来ません。

手持ちのディレイではBOSSの古いアナログ・ディレイDM-3でのみ可能ですが、BOSSはディレイタイムが短いので広い用途では使い辛いのです。


で、このTech 21 Boost D.L.A.のディレイタイムは最長1秒とのこと。ディレイタイムが1秒あれば(今どき長くはないけど)あんな事やこんな事、色々できちゃいます。



 TECH21 ( テック21 ) / BOOST D.L.A. with Tap Tempo
TECH21 ( テック21 ) / BOOST D.L.A. with Tap Tempo

サンプル動画はこちら

Tech 21 Boost D.L.A.

https://www.youtube.com/watch?v=UX656oviAQw

Tech 21 Boost D.L.A. v2

https://www.youtube.com/watch?v=tJ60GTs_vfs


メーカーに問い合わせたところ、現行モデルは下記の白いもののようですが、テープエコー風の温かいサウンドと発振はどちらも素晴らしいです。

TC ELECTRONIC のディレイ、Flashback Delay & Looper を購入していなければ、きっと飛びついていたでしょう。

*Flashback Delay & Looper も非常に良いディレイですが発振はしません。


Boost D.L.A. のさらに良い所は、ブーストツマミが付いている点。これはテープエコーの名機、エコープレックスを繋ぐと音が太くなるというのを狙ってのものかな??と勝手に想像していますがどうなのでしょう??

ギターとアンプ+Boost D.L.A. というシンプルなセッティングで一度弾いてみたいなぁ。


価格比較
BOOST DLA. with Tap Tempo 【サウンドハウス】

関連リンク
Delay ( ディレイ ) 一覧

_/_/ギター・ブログ・ランキング_/_/_/

直感的な操作がうれしいマルチ・エフェクター TECH21 ( テック21 ) / FLY RIG 5

アンプシミュレータは大昔に使っていたことがありますが、歪みはそこそこ良いものの、違和感アリアリの音圧とライン臭さが気に入らず、私は(小音量でも)ギター・アンプ派です。

でもこれを見ると考えがかわりますね。

Tech 21 Fly Rig 5 - New at NAMM

https://www.youtube.com/watch?v=Y-uz3SAh5Qs

軽く歪みが乗ったクランチも素晴らしいじゃないですか。しかも操作がコンパクトエフェクター並に簡単とくればおじさんにも取っ付き易い(^^)。意外とコンパクトなのも良いですね。

TECH21 / FLYRIG 5

SansAmp部のリバーブにはTech21 Boost RVB相当のリバーブ、歪みのPlexi部にはTech21 Hot-Rod Plexiが搭載され、ヴィンテージのPLEXIマーシャルの音を再現した通常モードと、最大21dBのゲイン・ブースト可能なHOTモードがあるとのことで、HR/HM系ギタリストには非常に魅力的。

ディレイ部はビンテージ・テープエコーのサウンドを再現したという、Tech21 Boost DLA相当のものが搭載され、Driftツマミによるモジュレーション効果を加えたり、またディレイタイムを足元で変更できるタップスイッチも搭載。


マルチエフェクター同様、PA(ミキサー)やパソコンに直接繋ぐことも出来ますし、エフェクターとしてギターアンプの前やFXループのリターンに繋ぐこともできるので、自宅パソコンに繋いでのレコーディングから、ライブもOK。


今どきのマルチエフェクターのように多機能ではないけれど、音質と直感的な操作が出来るTECH21 FLYRIG 5はとっても魅力的だと思います。




価格比較




ついでにコレも紹介。

TECH21 ( テック21 ) / Hot-Rod Plexi

TECH21 ( テック21 ) / Hot-Rod Plexi

Fly Rig 5に搭載されているPlexiにPUNCHツマミが追加され、本機はより広範囲な音作りが可能とのこと。

【動画一覧】HOT-ROD PLEXI


う~ん、素晴らしい!ディレイやリバーブが必要ないという方はこちらですね。



価格比較
TECH21 ( テック21 ) / Hot-Rod Plexi 【サウンドハウス】




関連リンク
TECH21 ( テック21 ) 一覧
Multi-EFFECT ( マルチエフェクター ) 一覧

_/_/ギター・ブログ・ランキング_/_/_/

2014/06/17

MESA BOOGIE ( メサブギー )からMARKシリーズでおなじみの5BAND EQを搭載したペダルが発売

MESA BOOGIE ( メサブギー )からMARKシリーズでおなじみの5BAND EQを搭載したペダルが発売されました。


ラインナップは、MARKシリーズ(アンプ)の5BAND EQをそのままペダルにしたというグラフィックイコライザー、Boogie FIVE-BAND GRAPHIC。


Boogie FIVE-BAND GRAPHIC
Boogie FIVE-BAND GRAPHIC

Boogie FIVE-BAND GRAPHIC 【サウンドハウス】




既発のFLUX DRIVEに5BAND EQを搭載したFLUX-FIVE。


FLUX-FIVE
FLUX-FIVE

FLUX-FIVE 【サウンドハウス】




THROTTLE BOXに5BAND EQを搭載したTHROTTLE BOX EQ。


THROTTLE BOX EQ
THROTTLE BOX EQ

THROTTLE BOX EQ 【サウンドハウス】

の3機種。



最近はアンプライクなペダルが数多く発売されていてどれが良いのか迷うところですが、この5BAND EQはメサブギーファンにはたまりませんな~。



イコライザーは便利な半面、一体どの音が良いのか分からなくなるという欠点もあるのですが(私だけだろうか??)、音作りの幅は確実に広がるので、使いこなせる人はこちらがオススメですね。



関連リンク
MESA BOOGIE ( メサブギー ) 一覧

_/_/ギター・ブログ・ランキング_/_/_/

2014/06/16

44マグナムのジミーモデル復活 FERNANDES ( フェルナンデス ) / BSV-155

フェルナンデスから、44マグナムのジミーモデルが復刻されたようです。

FERNANDES ( フェルナンデス ) / BSV-155
FERNANDES ( フェルナンデス ) / BSV-155

44マグナムというと、80s初期のジャパメタ・ブームの中心的存在のバンドで、当時は44の他、アースシェイカーやマリノ、メイクアップ、X-RAYなどが人気ありましたね(ラウドネスはすでに別格だったような)。

このジミーモデルは友達が持っていたので何度か弾かせてもらったことがありますが、ショートスケールでとても弾きやすかった記憶があります。

確か、PUをFGI Technology、トレモロがヘッドバンカー(クラッシャーだったかな?)というモデルを搭載したちょっと安いモデルもあったような・・・




ゲイリー・ムーアかジョン・サイクスかといったようなプレイスタイルのジミーは今聴いてもカッコイイ(^^)。

I'M ON FIRE 44MAGNUM

https://www.youtube.com/watch?v=XeRwPrfoilM

1stアルバム『DANGER』は必聴ですぞ!

44MAGNUM DANGER

https://www.youtube.com/watch?v=KI69EgHoNFg&list=PL218B256C6C8059D5


価格比較
FERNANDES ( フェルナンデス ) / BSV-155

_/_/ギター・ブログ・ランキング_/_/_/

2014/06/14

両サイドのプレートが大胆にカットされたテレキャスター用ブリッジ、GOTOH (ゴトー)のBS-TC1S

両サイドのプレートが大胆にカットされたGOTOHのテレキャスター用ブリッジ、BS-TC1Sが発売です。

GOTOH BS-TC1S

私も付けてる片側がちょこっとカットされたブリッジは今までありましたが、

片側がちょこっとカットされたブリッジ

ここまで大胆にカットされたブリッジは(3wayブリッジの見た目とサウンドが好きという方には)嬉しいところです。

キースも使ってる6wayタイプのブリッジは音変わっちゃいますしね~(^_^;)。

サウンドが気に入ってるなら、サドルは今までのものを流用すればよいし、オクターブの合いやすいサドルに交換するのも良いでしょう。

テレキャスター用ブリッジ一覧 / ギターパーツ交換で音質アップ

カラーはニッケル、クローム、ゴールド

これで思いっきりピッキング出来ますね。

BS-TC1S

 

BS-TC1S (メーカーサイト) 

関連リンク
テレキャスターをとことんいじる(改造)
テレキャスター用ブリッジ一覧 / ギターパーツ交換で音質アップ



_/_/ギター・ブログ・ランキング_/_/_/

2014/06/13

扇風機はDCモーターが良いらしい

心機一転!新しく事務所を構え、仕事を頑張るぞ!と思ったのだが最近はとにかく暑いcrying


エアコンつければよいのだけど真夏はともかく今はちょっともったいない(経費節減)。


そんな時は扇風機です。 今まで気にしたことなかったのだが、たかが扇風機でも、置く場所によってはかなり涼しくなるんだいうことがわかりました。


二箇所以上窓を開け、南向きの部屋の場合、扇風機は北側に置いて南へ風を送る(ワンルームでは意味ないかもしれませんが我が家は北側がダイニングで体感温度がまるで違います)。


また、外気温が低い時は窓に向けて風を送ると部屋の温度が下がるんだって。

たかが『扇風機』・・・上手に使えば夏も乗り切れる♪ - NAVER まとめ




で、新しく買ったのがコレ。DCモーターの扇風機。

扇風機はDCモーターが良いらしい

買う前に色々調べてみると、最近はDCモーター採用の扇風機が流行りなんだとか。


普通、家電というと、AC(交流)が一般的ですが、DC(直流)モーターの扇風機は消費電力が圧倒的に少なく、静かで自然なやさしい風が売りらしい。

DC(直流)モーターの扇風機は消費電力が圧倒的に少なく、自然でやさしい風が心地良いらしい

オーディオやギター(エフェクター)の世界でもAC(交流)よりDC(バッテリーや電池)の方が音が良いなんて言われたりしますよね。


クリップ式の扇風機しか持っていないので何とも言えませんが、確かに風切り音は静かで風も心地よいです。特に微+リズム風の心地よさと言ったら・・・イメージでいうとこんな感じ(^^)。


A0001_015395

お昼寝に最適です(^^)。




エアコン無しでいつまで耐えられるでしょうか??


DCモーター 扇風機

参考
高級なDCモーター扇風機と、安いACモーター扇風機の違いは何?




_/_/ギター・ブログ・ランキング_/_/_/

2014/06/11

レスポールにTUSQ(タスク)製サドルを載せてみた

レスポールやSGの改造の旅はまだまだ終わらない(^_^;)。

今度は、レスポールにTUSQ(タスク)製サドルを載せてみました。

GRAPHTECH ( グラフテック ) TUSQサドル/ABR-1用
GRAPHTECH ( グラフテック ) TUSQサドル/ABR-1用

TUSQ(タスク)というのは、骨や合成素材では得られない、さらに象牙にも勝るとも劣らないクリアーでリッチなサウンドとサスティーンが得られるという非常に評価の高い素材。

実際付けてみると、オリジナルのブラス製サドルよりは柔らかく、ナイロンよりはハッキリ、くっきりとした音で非常に心地よいサウンドです。

マーシャル系のドンシャリ・サウンドのアンプとの相性も良さそう。


見た目も良いよね~。

レスポールにTUSQ(タスク)製サドルを載せてみた

で、今まで付けていたカラハムのブリッジは、SGへ移植。

今まで付けていたカラハムのブリッジは、SGへ移植

CALLAHAM ( カラハム )のABR-1をレスポールに載せてみた


SGにはサイロンサドルを搭載していましたので、ガツンとしたロックなサウンドに変身しこりゃまたいい感じ(^^)。

SGのブリッジ(ABR-1)サドルをナイロン(樹脂)製に交換してみた


こうして定期的にローテーションするのも楽しいものです。



価格比較
GRAPHTECH ( グラフテック ) TUSQサドル/ABR-1用 【サウンドハウス】




_/_/ギター・ブログ・ランキング_/_/_/

関連リンク
ギターパーツ交換で音質アップ
レスポールをとことんいじる (改造)
ギブソン系ブリッジ 一覧 / ギターパーツ交換で音質アップ

2014/06/09

ストラトキャスターのチューニングが狂う原因

この記事は以下のURLに移転しました

2014/06/06

トレモロレスなギターに無加工で取り付けできるというStetsbar

トレモロユニットのないギターに取り付けるユニットは、古くはビグスビーが有名ですが、新たにStetsbarというものが加わりました。


Stetsbar

これを使えば、レスポールやSG、335などのギブソン系ギターにアームを搭載できるのはもちろん、テレキャスターやストラトキャスターなどにも装着可能なモデルもラインナップ。

Stetsbar Competition Autumn 2011

https://www.youtube.com/watch?v=28EkWPzIs4w

動画を見ると非常にスムーズなアーミングが可能なようですね。動画中程でユニットの動作がよく見えますが、アームと連動してブリッジも同時に動く仕組みのようです。これならブリッジ側での負荷はかなり軽減するのでチューニングには有利そうです。

あとは音質がどの程度変わるか?でしょうかね。加工なしでイケるようなので、気に入らなければ外してしまえば良いだけですが・・・。


トレモロ自体のデザインは嫌いじゃないです。

Stetsbar



関連リンク
ギターパーツ交換で音質アップ


_/_/ギター・ブログ・ランキング_/_/_/

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »