2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入りに追加

サイト内検索

お気に入りサイト

メール

« トレモロレスなギターに無加工で取り付けできるというStetsbar | トップページ | レスポールにTUSQ(タスク)製サドルを載せてみた »

2014/06/09

ストラトキャスターのチューニングが狂う原因

ごく普通のストラトキャスターに搭載されているシンクロナイズドトレモロは、チューニングが狂うから嫌い!という方も多いと思います。

ストラトキャスターのチューニングが狂う原因

私もかつてはそうでした。なので、弦をロックするフロイドローズに憧れたり、二点支持のトレモロ付きのギターに持ち替えたりと、ずいぶんお金もかけましたっけ(^_^;)。


でも、シンクロナイズドトレモロ独自のガツンとしたサウンドは、他のトレモロユニットではなかなか得られないんですね~。

もちろんギターにもよりますが、フロイドローズはブライト過ぎるし、二点支持のトレモロは、(チューニングには有利なんだろうけど)スムーズに稼働する分、音に芯がない気がしますし、ウィルキンソンなど軽いユニットは強く弾くとクリケットしてしまうという難点も・・・(弾き方が悪い??)。


で、シンクロナイズドトレモロです。


特にトレモロブロック(イナーシャブロック)を(50~60年代のような)スチール製に換えた時のサウンドは最高です。

ストラトキャスター用ブリッジ一覧 / ギターパーツ交換で音質アップ


ストラトキャスターのチューニングが狂う原因は主に、ナット部分と、チューナー部分が多いと言われていて、ナットにはグリスを塗ったり(場合によっては交換)、チューナーをロック式のものに換えたりといったチューンも一般的です。

ギター用メインテナンス・グッズ一覧
ロック式ペグ一覧 / ギターパーツ交換で音質アップ

それでも狂うという方は、トレモロを固定している6本のビスに注目してみましょう。

ここがスムーズに動かないと何をしても無駄です。 弦交換のついでにでもチェックしてみることをオススメします。

ブリッジ交換編 - フェンダー・ジャパンのストラトキャスターをとことんいじる(改造)

チューニングが狂うという方は、トレモロを固定している6本のビスに注目してみましょう

写真のようにレシート一枚が入る隙間を空けるのくらいが良くて、私のギターもこれでチューニングの狂いはほぼ無くなりました。

それでもユニットがスムーズに動かない場合は、位置がずれてる場合がありますので、中側のビスを何本か抜いてみるという方法も・・・。


一度お試しを

*よくわからない方はショップでの点検をオススメします。



関連リンク
フェンダー・ジャパンのストラトキャスターST62をとことんいじる(改造)
ギターパーツ交換で音質アップ
簡単なエレキギターの調整 - T's Guitar Room

 

_/_/ギター・ブログ・ランキング_/_/_/

« トレモロレスなギターに無加工で取り付けできるというStetsbar | トップページ | レスポールにTUSQ(タスク)製サドルを載せてみた »

(楽器)ギター/調整」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トレモロレスなギターに無加工で取り付けできるというStetsbar | トップページ | レスポールにTUSQ(タスク)製サドルを載せてみた »