2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入りに追加

サイト内検索

お気に入りサイト

メール

« ピック選びの旅はまだまだ終わらない | トップページ | 家電のワット数や電気代が計測できるワットモニターを買ってみた »

2014/08/05

K MASTERボリューム搭載の、BAD CAT (バッドキャット)/ CubIIIに興味あり

ハイエンド/ブティックアンプの代表格、BAD CAT (バッドキャット)アンプからK MASTERボリューム搭載CubIIIが発売されました。

Bad Cat Cub III


K MASTERボリュームとは
メーカーサイトより);

BadCat USAが独自開発し、今回Cub IIIに初搭載されたK MASTERボリュームは、パワーチューブのドライブを独立して調整することが可能になった革新的なボリュームコントロールです。K MASTERボリュームを使えば、アンプを最大出力で鳴らしたとしてもプリチューブを飽和させる必要がなくなり、プリチューブで作ったピュアなクリーンサウンドを維持したままアンプのボリュームを最大まで上げることが可能なりました。



なるほど興味ありますねぇ~。 そして動画がこちら

Raw, candid demo of the Cub III new K Master feature by Bad Cat Amps

https://www.youtube.com/watch?v=FI8pZGDSnPc

4分30秒あたりが分かりやすいですが、Kマスター(向かって右のツマミ)をどんどん上げても比較的綺麗なクリーンが出ているように聴こえます。

音量を上げるとパワー管も歪むので、最大音量付近では少し歪んでいるように聴こえますがこれは凄い。

マスター・ボリュームのない、昔ながらのフェンダーアンプでさえボリューム10時あたりから歪みがのって来ますからね。あれはパワー管だけでなくプリ管でもかなり歪んでいるということなのですね。

ボリュームを上げてもクリーンが出せるということは、今までのように大きな出力の真空管アンプを使わなくて良いということなので、クリーン命なギタリストにとってこのアンプは非常に使い勝手の良いアンプということになりますね。

また、動画後半の歪みサウンドも良いし、これは良いぞ!!


出力は30wのモデルと、15wモデルをラインナップしており、それぞれリバーブの有無の選択もできるようです。



Spec
CubIII 15
スピーカー:12インチ(BadCat専用セレッション・スピーカー)
真空管:12AX7×3、EL84×2、GZ34(5AR4)
出力インピーダンス 4Ω、8Ω、16Ω
重量: 1*12"コンボ:H508×W610×D267mm 23.1kg

CubIII 30
スピーカー:12インチ(BadCat専用セレッション・スピーカー)
真空管:12AX7×3、EL84×4、GZ34(5AR4)
出力インピーダンス 4Ω、8Ω、16Ω
重量: 1*12"コンボ:H508×W610×D267mm 27.2kg


価格比較; Bad Cat Cub III:

_/_/ギター・ブログ・ランキング_/_/_/

関連リンク
BAD CAT ( バッドキャット ) 一覧

« ピック選びの旅はまだまだ終わらない | トップページ | 家電のワット数や電気代が計測できるワットモニターを買ってみた »

(楽器)アンプ/製品情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ピック選びの旅はまだまだ終わらない | トップページ | 家電のワット数や電気代が計測できるワットモニターを買ってみた »