2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入りに追加

サイト内検索

お気に入りサイト

メール

« オーバードライブ・サウンドをクリーンに変えるエフェクター Mad Professor Evolution Orange Underdrive (EOU) | トップページ | エポキシパテで、馬鹿になったネックジョイントのネジ山補修 »

2015/05/06

トレモロスプリングの数と音の関係

Ernie Ball Musicman Silhouette Special を久しぶりに弾いています。


Ernie Ball Musicman Silhouette Special を久しぶりに弾いています


ここのところSGやフェルナンデスのストラトモデルばかり弾いていましたが、小ぶりなボディーとSSH配列のPUはやはり便利



特に80sのメタルを弾くにはね(^^)。



で、暇だったのでトレモロをフローティングからダウンオンリーのセッティングにして、トレモロスプリングの本数を替えて音の違いを調べてみた。

トレモロをフローティングからダウンオンリーのセッティングに



3本から、2本のハの字掛けにしてみると、


トレモロスプリングの本数を替えて音の違いを調べてみた

スプリングの音が減り、よりソリッドな感じになりました。 最近、SGを弾いているせいで、ストラトのスプリングの音がうざく感じていたのでこれは良いぞ(^^)。



スプリングを減らすと、トレモロのアクションが柔らかくなるので、特にフローティングさせていると、強く弾いた時にクリケットしてしまうのですが、ダウンオンリーなのでその心配はありません。


*クリケットとは、音を鳴らした直後にトレモロバーやボディーを叩くことでトレモロを細かく振動させ、音を揺らす奏法をクリケット奏法というのですが、強くピッキングすることでも同じような現象が起こるため、ピッキングの強い人にはこのようなセッティングは不向きかもしれません。



音が気に入ったので、他のストラトも3本から、2本に変えてみると・・・。


ストラトのスプリングを3本から2本に


ストラトのスプリングを3本から2本に変更


やはり余計なスプリングの音が減り、良くなった(^^)。 これらのストラトは、フローティングさせているのですが、6点止めのシンクロナイズド・トレモロは2点支持のトレモロと比べクリケットしにくいので特に問題なさそうです。



ストラトは奥が深いですな~。

バネを減らすと、トレモロのスプリングアンカーの調整が必要になりますので、分からない方は以下を参考にして下さい


関連リンク
ストラトのトレモロ調整




Ernie Ball Musicman Silhouette Special




_/_/ギ ター・ブログ・ランキング_/_/_/

« オーバードライブ・サウンドをクリーンに変えるエフェクター Mad Professor Evolution Orange Underdrive (EOU) | トップページ | エポキシパテで、馬鹿になったネックジョイントのネジ山補修 »

(楽器)ギター/調整」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オーバードライブ・サウンドをクリーンに変えるエフェクター Mad Professor Evolution Orange Underdrive (EOU) | トップページ | エポキシパテで、馬鹿になったネックジョイントのネジ山補修 »