2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お気に入りに追加

サイト内検索

今週のオススメ

AD Link

メール

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016/02/29

新サイトへの移行は順調??? http://guitar-kaizou.net/ HP移行作業 その2

@niftyの@homopage終了に伴う、我がサイト( http://guitar-kaizou.net/ )の移行作業ですが、登録しているグーグルのウェブマスターツール(Search Console)を見てみると、早速変化がありました。


 

まだサイト移行して数日ですが、新サイトのurlは順調に読み込まれ、旧サイトのurlは順調に減っている模様。

 

New_image
新サイト

Old_image
旧サイト

@niftyの@homopageは.htaccessによる301リダイレクトが使えないのでどうなることかと思いましたが、いまのところ順調なようでホッとしています(^^)。

 

ちなみに私がやったのはこれ↓を旧サイトのheadと/headの間に記述しただけ。

 

canonicalタグとmeta refreshタグ

 
上のcanonicalタグは「重複コンテンツが2つのサイトにありますが正しいのはこちらですよ」とロボットに伝えるもの。

 
下のmeta refreshタグは、旧サイトに訪れたユーザーを自動的に新しいurlにジャンプさせるもの(設定では3秒)。


 
全ページに記述するのが面倒でしたが、.htaccessが使えないので仕方がないですね。 ちなみにcanonicalタグは、「重複コンテンツが両サイトにありますが・・・」というものなので、旧サイトの内容を削除して「このサイトは移転しました」等のページに書き換えないほうが良いようです(色々な説がありますが)。


 
あとは、半年後に旧ページが閉鎖され無くなった時に、アクセス数がどれだけ減るかが問題ですな。 相互リンクのサイトや、2chや知恵袋などからのリンクも少なからずあるので、それが失われるのは痛い。


 
もちろんそのまま@homopageの後継サイトLaCoocan(ラクーカン)へそのまま移行するのが簡単ですが、LaCoocan(ラクーカン)の移転通知機能は、トップページへ訪れたユーザーがLaCoocan(ラクーカン)のトップページへ誘導されるだけのようなので、大した旨味はありません(トップページ以外のページに訪れたユーザーには移転通知されない)。


 
もちろん、同じように旧サイトに上記タグを記述すれば良いわけですが、LaCoocan(ラクーカン)が今後閉鎖されないという保証はどこにもないですからね。


 
だったらお金はかかりますが独自ドメイン取ってしまったほうがお得かと。


 
@niftyでも独自ドメインはとれますが、今回はサーバーはロリポップ! 、独自ドメインはムームードメイン で取りました。



 
@homopageユーザーの参考になれば。



 
もうこんな作業は懲り懲りだ(^^;)。
   


 

2016/02/27

ホームページ移転のお知らせ。新しいアドレスは http://guitar-kaizou.net/ HP移行作業 その1

1999年の開設以来、試行錯誤で続けてきたギター関連のホームページですが、@niftyのホームページサービス@homepageの閉鎖に伴い移転することになりました。

  
当初は自分のギターやエフェクターなんかを載せてるだけの個人サイトでしたが、自分でギターのメンテや改造なんかをするようになり、パーツ紹介なんかも始めて15年以上かけて少しずつ様変わりしてきました。


そんなサイトが半年後に閉鎖というアナウンス・・・勘弁してくれよweep


 

新しいアドレスはこちら↓

http://guitar-kaizou.net/


 

サーバーは他でも使っているロリポップ! を使用し、もうサーバーの移転は懲り懲りなのでムームードメイン で、独自ドメインを取りました。

 
独自ドメインは、サーバーとは別契約なので、サーバーの不具合や閉鎖などでいくら引っ越そうが、サイトのアドレスは変わることありません(お金はかかりますけど)。

  

タイミング良く.netが480円/年だったかな?で安売りしていたのでラッキーだった(^^)。


ということで、 

 

旧アドレスにアクセスした方は、自動的に http://guitar-kaizou.net/ へジャンプするように設定してありますが、旧アドレスは2016年9月末日で閉鎖されますので、ブックマークされている方は変更をお願いします。

このブログはまだまだ続くよ~~~多分
 

こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」 :

2016/02/13

【ギター・ピック】HERCO FLEX50をトミー・ボーリンのようにカットしてみた

久しぶりにHERCOのピックFLEX50を弾いてみた。

 

HERCOのピックFLEX50

HERCO FLEX50の素材はナイロン。 弾いたのは久しぶりなんだけど、HERCO FLEX75同様、少しすり減った時のカリッと弦にひっかる弾き心地とトーンが良いね。


 
硬さはThinに近い柔らかさのMediumなので、音はペラペラなんだけど、こうして先端を丸くカットすると化けますよ~(^^)。

 
【ギター・ピック】HERCO FLEX50をトミー・ボーリンのようにカットしてみた
 
これは、HERCO FLEX50を使っていたトミー・ボーリンがやっていた方法で、試しにやってみたのですが、ペラペラなピックがしならなくなるので腰のある良い音になりました。
 
 
トミー・ボーリン本人のピック
 
ピックのカットは柔らかいのでハサミでカット出来ます。仕上げは爪切りに付いているヤスリが目が細かくて調度良いですね。





 
ピック探しの旅はまだまだ続く・・・・


 
色々使ってみたけど自分はナイロンのトーンが好きなのかな??



 HERCO FLEX50
 
HERCO FLEX50
HERCO FLEX50【サウンドハウス】



 
TOMMY BOLIN - "TEASER" - 40th anniversary vinyl edition box set

https://www.youtube.com/watch?v=CL2dWh4YVfI



 
関連リンク

ギター・ピック色々
トミー・ボーリン の機材を現行モデルで

2016/02/02

安物のコンタクト・ピックアップが予想外に良い音だった? ARTEC A1-OSJ

ネットで ARTEC A1-OSJ という後付けのアコースティックギター用ピックアップを見つけた。



 

ARTEC A1-OSJ
ARTEC A1-OSJ

 

ボディーにマイクを貼り付ける、コンタクト・タイプのピックアップで、適当な場所にこのマイクを貼り付けるだけでOKという手軽さ。


 

後付けなのにジャックはこんな感じで取付け出来るんですね。

しかも安くて、音も良い!

 
音はこんな感じ。

 

A1-OSJ AD-20比較

https://www.youtube.com/watch?v=0pPuwKtscbI

 
A1-OSJとTHR5A ためし

https://www.youtube.com/watch?v=e2LejeTcwU0

 

私はもともとピエゾのナイロン臭い音が嫌いなのですが、この音はびっくりですね(^^)。

 

出音のバランスも悪くない。 マイクを取り付ける場所はブリッジの後ろ側が定番なのでしょうが、取り付ける場所によっても色々と音が変わるのが興味深いですね。


 

Artec A1OSJ

https://www.youtube.com/watch?v=As3Z61BE0AY

 

ピエゾの音が嫌いな人には良いかもです・・・って、アコギな人は知ってると思うけど(^^ゞ。


 

良いわ~これ。


 
A1-OSJ
 (メーカーサイトより~)

¥3,000
ギターをはじめとする多種多様な楽器に、使っていただくことによりナチュラルなサウンドが得られます。付属されている粘着剤により、何度でも取ったり付けたりが可能ですので、お手軽に色々なサウンドをお試し頂けます。

この粘着剤は、ガムのような物質で一定方向に力をかけると簡単に取り外すことができる便利なものです。

・入力インピーダンス:1MΩ
・出力インピーダンス:5kΩ
・ケース材質:アルミ合金

 

 
 

ARTEC A1-OSJ 【サウンドハウス】

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »