2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入りに追加

サイト内検索

お気に入りサイト

メール

« Crews SEC(ストラトキャスター)にも Raw Vintageのサドル、スプリングを装着してみた | トップページ | レスポールのエスカッション交換 »

2016/10/01

エコープレックスを再現したディレイペダル JIM DUNLOP EP103 Echoplex Delay

エコープレックスを再現したディレイペダル JIM DUNLOP EP103 Echoplex Delayが名前もそのままで発売されました。


 

JIM DUNLOP EP103 ECHOPLEX DELAY

 

マエストロのエコープレックスEP-3というと、テープエコーとしての機能はもちろんなのですが、繋ぐだけで音が太くなるということで、ブースター/プリアンプとしても特に70年代のギタリストに愛用されたペダル。

 

ジミー・ペイジブライアン・メイヴァン・ヘイレントミー・ボーリンエリック・ジョンソンなどが有名ですね。


 

で、EP103 Echoplex Delayですが、動画を見て特に驚いたのがボリューム・ノブを押すことで得られるAGEモードで、CDで聴くエコープレックスのサウンドそのまんま(^^)。

 

オレンジ色のランプがエイジモード(動画では5分過ぎから)です。


 
Dunlop EP103 Echoplex Delay

https://www.youtube.com/watch?v=t2vrFlV_9Pk

 

大好きなギタリスト、トミー・ボーリンの十八番である、発振もちゃんとするし、これは欲しい。

   

ディレイタイムは本体で65~750ms、外部タップテンポ・スイッチを接続することで、最大4000msまでのディレイタイムが得られるとか。

  

4000msはとくに必要ないですが、タップテンポは便利ですからね。


 

お値段は3万円弱か・・・んんん・・・買えません(^_^;)




 

Jim Dunlop EP103 Echoplex Delay

 

関連リンク
JIM DUNLOP ( ジムダンロップ ) ディレイ

« Crews SEC(ストラトキャスター)にも Raw Vintageのサドル、スプリングを装着してみた | トップページ | レスポールのエスカッション交換 »

(楽器)エフェクタ/製品情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Crews SEC(ストラトキャスター)にも Raw Vintageのサドル、スプリングを装着してみた | トップページ | レスポールのエスカッション交換 »