2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お気に入りに追加

サイト内検索

お気に入りサイト

メール

« 今度はピカールでSGのPUカバーを磨いてみた | トップページ | SGに.008の弦は意外と合う »

2017/04/09

GibsonSGにもライトゲージを張ってみた

ライトゲージ・ブームです(^^)。


 

昔買ったライトゲージがいくつかあるので、今回はSGに張ってみました。

GibsonSGにもライトゲージを張ってみた
 
ライトゲージとは、010 .013 .017 .026 .036 .046のセットで、009 011 016 024 032 042のエクストラライトゲージと比べると、テンションが強くて、弾くのに気合がいるのですが、ピックに弦がまとわりつく感じがないので、非常に弾きやすいです。


 
特にギブソン系は、ミディアムスケールなので、ロングスケールのストラトキャスターやテレキャスターと比べるとテンションが弱めなので、ギブソン系にはライトゲージという方も多いですよね。


 
私は、エクストラライトの(プレーン弦の)ペチペチした音も好きなので音的には甲乙つけがたいのですが、弾き心地は断然ライトゲージですね。


 
で、SGなどのギブソン系ギターを持つと、必ず弾きたくなるのがこの曲。




 
Led Zeppelin - You Shook Me

https://www.youtube.com/watch?v=TECHTM5clpw


 
トーンを絞ったウーマントーンがかっこいいですよね(^^)。てか、ZEPの1stはテレキャスターらしいのですが、手持ちのテレキャスターではトーンを絞ってもこの感じが再現できない(^^ゞ。

 
ペイジは後のメインとなるNo.1レスポール入手前から、3PUのビグスビー付きのギブソン・レスポール・カスタムは所有していたので、レコーディングではそれを弾いてるのかも?と勝手に想像してみたりして。

 

関連リンク
オススメのエレキギター用弦
ジミー・ペイジの機材を現行モデルで

« 今度はピカールでSGのPUカバーを磨いてみた | トップページ | SGに.008の弦は意外と合う »

(楽器)ギター/調整」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今度はピカールでSGのPUカバーを磨いてみた | トップページ | SGに.008の弦は意外と合う »