2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入りに追加

サイト内検索

お気に入りサイト

メール

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017/04/22

SGに.008の弦は意外と合う

最近、弦の太さに注目するようになりました。


 

弦のメーカーによる音の違いは、以前大人買いして一気に試したことあったんだけど、太さに関しては、私は昔から.009からのセットオンリー。エクストラ・ライトゲージとかスーパーライトゲージというやつですね。

 

エレキギター弦 比較 ( レビュー )



 
昔買ったライトゲージが何セットか出てきたというのもあるんだけど、張り替えてみると、太さによって、音はもちろん弾きやすさもかなり関係あるんだな?と、、、気づくの遅いよ(^^ゞ。


 
SGは特にプレーン弦の高域がうまく出ないギターで、太い弦を張っちゃうと、弾きやすくなるのはあるんだけど、音が余計こもってしまいます(アンプの設定でどうにでもなるけどね)。


 
ふとSGプレーヤーの使用弦を調べてみると、アンガス・ヤングは.009からのセットだし、あのヘヴィーなリフを刻んでいるトニー・アイオミにいたっては.008からのセット(しかも彼の場合2弦も.008)。
 
レジェンダリー・ギタリスト特集●トニー・アイオミ~
レジェンダリー・ギタリスト特集●トニー・アイオミ~1980年のインタビュー記事より~


 
まぁ彼らはマーシャルの12x4のキャビネットで十分低域は出るのでこのくらいの細い弦のほうがバランスは良いのかもしれませんけど。

 
 
もしかしてSGには細い弦が合うのか?? ということで、ダダリオから発売の、008のセットを買ってみた。

 
DADDARIO ( ダダリオ ) / EXL130:  
DADDARIO ( ダダリオ ) / EXL130
ゲージサイズは、008、010、015、021、030、038

 

 
 
SGにEXTRA SUPER LIGHTを張ってみた
SGは1、2、3のプレーン弦は高域成分の少ない、モコッとした音なので、この.008からのセットの選択は悪くないですね。

 
SGは、例えば同じミディアムスケールのレスポールと比べるとテンションは強めなので、.008の弦でも意外と違和感ないです。

 
たぶんレスポールではフニャフニャで合わないと思うけど。


 
ただし巻き弦も、021、030、038と細いので、パワーが無いのは残念ですね、といっても使えない音ではありません。



 
確かイングヴェイは高音弦側は.008からのセットで、低音弦側は0.46とかヘヴィーな弦を張ってたと思うので、このSG用にそんな弦を探したい。


 
と思ったらあった(^^)


 
FENDER ( フェンダー ) / Yngwie Malmsteen Signature Electric Guitar Strings
FENDER ( フェンダー ) / Yngwie Malmsteen Signature Electric Guitar Strings
 
ゲージサイズは008、011、014、022、032、046で、6弦以外は細めなんですね。


 
良さそうだけど、ブレット・エンドなので、私のSG(ビグスビー付き)にはボールエンドじゃない弦は張れません(^_^;)。 値段も高すぎる。

 
ビグスビー付きSG
 
SGには008、010、015、021、030、038のエクストラ・スーパー・ライトゲージは意外と有りだなというお話でした(^^)。




ちなみに他のメーカーで探してみると、ERNIEBALL ( アーニーボール )の EXTRA SLINKYのセットは、008、011、014、022、030、038、SIT STRINGSの S838は、008、.011、.014、.022w、.030、.038と微妙に違うのね。

 
 
今度試してみます。



 
今回は1セットしか買わなかったので、他のギター用にも買って張ってみたいと思います。レスポールはテンション弱いのでダメだと思うけど、ロングスケールのストラトには意外と合ったりして??



 
私の好きなギタリスト、トミー・ボーリンはアーニーボールのEXTRA SLINKYらしいですからね。




 
  008の弦(EXTRA SUPER LIGHT)一覧
008の弦(EXTRA SUPER LIGHT)一覧【サウンドハウス】

 

追記:
ZZ-TOPのビリー・ギボンズも比較的柔らかい弦張るのかな??

JIM DUNLOP  ZZ-TOPビリー・ギボンズモデル弦

JIM DUNLOP  ZZ-TOPビリー・ギボンズモデル弦

  

関連リンク
オススメのエレキギター用弦

2017/04/09

GibsonSGにもライトゲージを張ってみた

ライトゲージ・ブームです(^^)。


 

昔買ったライトゲージがいくつかあるので、今回はSGに張ってみました。

GibsonSGにもライトゲージを張ってみた
 
ライトゲージとは、010 .013 .017 .026 .036 .046のセットで、009 011 016 024 032 042のエクストラライトゲージと比べると、テンションが強くて、弾くのに気合がいるのですが、ピックに弦がまとわりつく感じがないので、非常に弾きやすいです。


 
特にギブソン系は、ミディアムスケールなので、ロングスケールのストラトキャスターやテレキャスターと比べるとテンションが弱めなので、ギブソン系にはライトゲージという方も多いですよね。


 
私は、エクストラライトの(プレーン弦の)ペチペチした音も好きなので音的には甲乙つけがたいのですが、弾き心地は断然ライトゲージですね。


 
で、SGなどのギブソン系ギターを持つと、必ず弾きたくなるのがこの曲。




 
Led Zeppelin - You Shook Me

https://www.youtube.com/watch?v=TECHTM5clpw


 
トーンを絞ったウーマントーンがかっこいいですよね(^^)。てか、ZEPの1stはテレキャスターらしいのですが、手持ちのテレキャスターではトーンを絞ってもこの感じが再現できない(^^ゞ。

 
ペイジは後のメインとなるNo.1レスポール入手前から、3PUのビグスビー付きのギブソン・レスポール・カスタムは所有していたので、レコーディングではそれを弾いてるのかも?と勝手に想像してみたりして。

 

関連リンク
オススメのエレキギター用弦
ジミー・ペイジの機材を現行モデルで

今度はピカールでSGのPUカバーを磨いてみた

前回に続き、今回はピカールでPUカバーを磨いてみた。

今度はピカールでSGのPUカバーを磨いてみた
 

作業前:
ピカール作業前
  

作業後:
ピカール作業後


 
2度ほど磨いただけですが、ここまで綺麗になりました(^^)。


 
粗い研磨剤が入ってるわけでもないのに、キレイになるんですね(^^)。

 

関連リンク
ギター用メインテナンス・グッズ

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »