2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入りに追加

サイト内検索

お気に入りサイト

メール

« ゴリラの鼻くそという名のピックのすべり止め - Gorilla Snot | トップページ | 結局ギターピックは Gibson 74H »

2017/05/25

ちょっと変わった太さのエレキギター弦 DADDARIO EXL120+と、EXL120BT

最近弦の太さに注目しています。今まで009や008のセット、010のセットなどいろいろ試してみましたが、どうやらこのあたりに落ち着きそうです。

ちょっと変わったエレキギター弦 DADDARIO EXL120+と、EXL120BT

DADDARIO EXL120BT (右)
Nickel Wound Balanced Tension Super Light、009、012、015、022、030、040

DADDARIO EXL120+
Nickel Wound Super Light Plus、095、0115、016、024、034、044


 
これらは009を基本にしたセットですが、EXL120BTはバランスドテンションといい、各弦のテンションをできるだけ揃えた弦。EXL120+は009と、010の中間の弦ですね。


 
張ってみて思ったのは、どちらもコードが綺麗に鳴ります。従来の009の弦と比較してですが、コードをジャラ~ンと弾いても、どの弦も自己主張することなく、均一に鳴ってくれる印象です。なので歪ませた音も綺麗ですね。


 
EXL120BT
  DADDARIO EXL BT
 
通常の弦は、弦を張ってチューニングを合わせると、1、2、3弦のテンションは弱くて、4、5、6弦のテンションは強いので、1弦側と、6弦側ではネックの反り具合が変わるものなんだけど、EXL120BTは、バランスドテンションというだけあって、反り具合はほぼ一緒でネックにに優しい弦です。

 
この EXL120BTは、弦のテンションバランスを揃えた製品ですので、トレモロアームを使ってもチューニングが狂いにくいという利点があります。テンションバランスが揃っているせいかピッキングのタッチも非常に良好。

 
SGやレスポールなどミディアムスケールのギターにはちょっと柔らかい印象ですので、ストラトキャスターなどロングスケールのギターに張りたい弦です。

 
Balanced Tensionシリーズは、009、010、011の3つのセットがあります。
 
XL Balanced Tensionシリーズ:
DADDARIO EXL BT 【サウンドハウス】

    


  
EXL120+
  EXL120+
 
009、011、016、024、032、042の弦だとちょっと柔らかすぎるかな??という方にオススメのEXL120+。適度なテンション感が素晴らしい。


 
SGやレスポールなど、特にミディアムスケールのギターはテンションが弱いので、009-042のエクストラライトゲージで、コードをバーンと弾くと、6弦開放のピッチが不安定になるのだけど、この弦は6弦が044とちょっと太いのでそれがありません(^^)。 私のピッキングの強さと合っているのかもしれませんね。

 
こちらは、ミディアム、ロング、両方でいけます(^^)。

 
DADDARIO EXL120+:
EXL120+ 【サウンドハウス】

   


 
DADDARIO EXL120+に似た弦
009~042のセットも良いですが、0095~044のセットも各社から発売されています。メーカーにより音は違うと思うので、機会があれば試してみたいと思います。
 
以前の009弦でのレビューはこちら
エレキギター弦 比較 ( レビュー ) 


 
◆Paul Reed Smith ( ポールリードスミス ) / PRS Guitar Strings 0095-044
  PRS Guitar Strings 0095-044
PRS Guitar Strings 0095-044 【サウンドハウス】
0095、0115、016、024、034、044
 

 
◆DR ( ディーアール ) / HT9.5
   DR HT9.5
DR HT9.5 【サウンドハウス】
095、11.5、016、024、034、044

 

 
◆R COCCO ( リチャードココ ) / RC9 1/2
  R COCCO RC9 1/2
R COCCO RC9 1/2 【サウンドハウス】
.0095、.0115、.016、.026、.036、.046


 
 
◆GHS ( ジーエイチエス ) / BOOMERS 009.5-044
   GHS BOOMERS 009.5-044
GHS BOOMERS 009.5-044 【サウンドハウス】
009.5、011.5、0016、024、034、044


 
 
◆GHS ( ジーエイチエス )Big Core Nickel Rockers 095-043
  GHS Big Core Nickel Rockers 095-043
GHS Big Core Nickel Rockers 095-043
095 .0115 .016 .025 .033 .043


 
 
◆SIT STRINGS ( エスアイティストリングス ) / S9.544
  SIT STRINGS S9.544
SIT STRINGS S9.544 【サウンドハウス】
0095P、0115P、016P、024PW、034PW、044PW


 
これまで、いろいろな太さの弦を試してみましたが、この辺に落ち着きそうです(^^)。

« ゴリラの鼻くそという名のピックのすべり止め - Gorilla Snot | トップページ | 結局ギターピックは Gibson 74H »

(楽器)ギター用アクセサリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ゴリラの鼻くそという名のピックのすべり止め - Gorilla Snot | トップページ | 結局ギターピックは Gibson 74H »