2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りに追加

サイト内検索

メール

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018/01/20

座ってギターを弾く時、どちらの膝に乗せる?

椅子に座ってギターを弾く時どちらの膝に乗せますか?


 

私は今まで右膝に乗せて弾いていたのですが、フライングVを弾くようになってから、ストラトキャスターやレスポール、SGを弾くときも、左膝に乗せて弾く癖が付いちゃいました。

フライングVは座っても弾きやすい

 
フライングVは、その形状から弾きにくいギターと思うでしょうが、実は座ってもとても弾きやすいギターで、基本は股に挟んで弾くのですが、挟み方によって、立てて弾いたり横に弾いたり、低め、高めなどなど色々なスタイルで弾けるんですね。



 

また、座って弾く状態と、立って弾く状態で比較してもギターの位置(ピッキングの位置など)が変わらないというのも非常に良いです。

 
で、他のギターですが、右膝に置いて弾くより、左膝に置いて弾いたほうが、やはり立ったときとほぼ同じポーズで弾けるんですよね。
 
 
右膝に置いて弾く

 
左膝に置いて弾く
 
 
特に立って弾くことが多い方は、左膝に置いて練習したほうが良いのではないか?なんていまさらながら思った次第です。



 
皆さんは右膝、左膝、どちらに置いて弾きますか??




 

こちらもオススメ;
ギブソンからコピーモデルまで Flying V ( フライングV ) オススメ


 



2018/01/17

Fender American Originalシリーズが発売

Fender(フェンダー)から、American Originalシリーズが発売されました。

  

 

アメリカンオリジナル??アメリカンヴィンテージとどこが違うの??と、調べてみたら、人気のヴィンテージ仕様はそのままに、指板のRを緩やかにしたモダンスペックのギターのようですね。

新しくなった FENDER ( フェンダー )/ American Vintageのこだわりようが凄い!

 

ヴィンテージ仕様のギターを弾いたことがある方はわかると思いますが、指板のアールがキツイと、弾きやすい弦高にしてしまうと、チョーキング時に音が詰まってしまうことがあるので、結果、弦高が高めになってしまうことが多いんですよね。



 

で、フェンダーにある、アールの緩やかなギターというと、アメリカン・プロフェッショナル(旧アメリカン・スタンダード)やアメリカン・エリート(旧アメリカン・デラックス)という選択になるのですが、これらはモダンすぎるというか、ヴィンテージ系ファンにとってはやや物足りない仕様。



 

そんなユーザーを満足させるのが、今回発売されたこの Fender American Original シリーズになるのでしょうか?



 

ストラトキャスター、テレキャスターは50s、60s仕様を、ジャズマスター、ジャガーは60s仕様をラインナップ。



 

Fender American Original Stratocaster:



 

Fender American Original Telecaster:

50s、60sと大雑把なようですが、例えば50sのヴィンテージはボディ材がアッシュからアルダーに途中から変更になりますが、American Originalシリーズも、2-Color SunburstとAztec Goldのストラトキャスターのボディー材はアルダー、White Blondeカラーはアッシュなど選べるようです。

 
また、60sのロゴはスパゲッティーではなく60年代中期から採用されるトランジションロゴのようですね。

Fireshot_capture_28_1_fender_americ
youtubeより~

  

https://www.youtube.com/watch?v=h8O-nLTLFHA

 
ジャズマスターとジャガーは60sのみのラインナップです。


 

Fender American Original Jazzmaster:


 

Fender American Original Jaguar:

*アメリカン・オリジナルの発売に伴い、アメリカン・ヴィンテージ・シリーズは製造中止になるようです。


 
詳しくはこちら;
Stratocaster ( ストラトキャスター )ラインナップ
Telecaster ( テレキャスター )ラインナップ


2018/01/08

[フライングV] Bacchus ( バッカス )のミニギターBFV-Miniのレビューページ

去年ちょこっと紹介した、Bacchus ( バッカス )のミニギターBFV-Mini の紹介ページを作ってみました。

 

ちっこいのにギブソンのフライングVにそっくりで、発売前にポチってしまいました。

[フライングV] Bacchus ( バッカス )のミニギターBFV-Miniのレビューページ

 
レスポールと比較してもそんなに小さく感じませんが、スケールは570mm。

 
Img_8472
 
作りの粗い部分はありますが、意外と普通のギターでびっくり。 マイケル・シェンカー好きの私としては、このシェイプはたまりませんな。



 

こちらからどうぞ
 
   Bacchus ( バッカス ) BFV-Mini レビュー



 

こちらもオススメ;
小さくても本格派のミニギター特集

 


« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »