2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お気に入りに追加

サイト内検索

メール

« 新しい小型真空管 Nutube 搭載の小型アンプ VOX MV50 | トップページ | メインサイトのSSL化終了 »

2018/03/25

Manlay Sound からジェフベックも使用したトーンベンダーのクローン

ファズにはまってますscissors(^^)。


手持ちのファズはというと、ファズフェイスとトミー・ボーリン・ファズ。

ファズフェイスとトミー・ボーリン・ファズ

ファズ使用時のギターのボリュームを絞った時に得られる艷やかな鈴鳴りサウンドが素晴らしすぎます。


ファズの使い方 Fuzz Face ファズフェイス JH-F1レビュー 


 

 
この2つのファズは、どちらも個性的で素晴らしいのですが、今日はジェフベックの話。



 
今日は何故かジェフベックが聴きたくて、朝からジェフベック三昧(^^)。



 
非常に魅力的なトーンのジェフベックのギターサウンドをじっくり聴くと、使ってるんですねファズ(ファンの方はご存知だと思いますが)。



 
例えば、ヤードバーズから、第一期ジェフ・ベック・グループのTruth (1968年)、Beck-Ola (1969年)、第二期ジェフ・ベック・グループのRough and Ready (1971年)、Jeff Beck Group (1972年)、Beck, Bogert & Appice (1973年)やソロ期の Blow by Blow (1975年)、Wired (1976年)などなどジャンルも歪みの量も違うのですが、一貫してるのはファズサウンド。


 
ジェフベックのファズは、Tone Bender トーンベンダーというファズで、ブリブリした音のファズフェイスとも、中域が潰れる感じのトミー・ボーリン・ファズとも違う、非常に魅力的な音。


 
そのトーンベンダーをギターのボリュームでクリーン~クランチからファズサウンドまで自在に操っているのがジェフベック御大。


 
チリチリした感じは、ビッグマフに近いかな?とも思うのですが、Manlay Sound ( マンライサウンド ) から、トーンベンダーのレプリカが発売されているんですね(^^)。


 
トーンベンダーレプリカのラインナップは4種類あって、どれを買えばよいのか迷ってしまいます(^_^;)。

 
Manlay Sound TONE BENDER
 
  Manlay Sound TONE BENDER

Ronno Bender (65 Bender):
Yardbirds時代のジェフ・ベックや、The Whoのピート・タウンジェントなどが愛用したTone Bender MK1のレプリカ。ゲルマニウム・トランジスタをベースにコンプレッション感のある中域に特徴のあるウォームなファズサウンドを表現しています。


66 Bender
かの有名なFuzz FaceとVox Tone Benderにインスパイアされたサーキットが印象的なTone Bender MK1.5のレプリカ。2つの完全ハンドセレクトのゲルマニウム・トランジスタにより極上の60′s ファズトーンを生み出しています。


Super Bender
ジミー・ペイジがヤードバーズ後期からレッド・ツェッペリンの初期のアルバムで使用したことでも有名なTone Bender MK2のサウンドを再現。 ZOSOロゴ仕様も


MK3
トーンベンダーの完成系ともいえる1968年のサウンド再現。オリジナルのトーンベンダーMK3はジミー・ペイジのRotosoundブランドのバージョンが有名です。




Manlay Sound ( マンライサウンド )の歪みエフェクター 





トーンベンダーってファズフェイスやビッグマフに比べるとマイナーな存在ですけど、良い音ですよね。ペダルボードにセットしやすいちっこいファズフェイス買おうと思ってましたが、Manlay Sound ( マンライサウンド )のトーンベンダーレプリカ欲しくなりました。


でも高いなぁ(^_^;)。




こちらもオススメ;
Jeff Beck ( ジェフ・ベック )の機材を現行モデルで




« 新しい小型真空管 Nutube 搭載の小型アンプ VOX MV50 | トップページ | メインサイトのSSL化終了 »

(楽器)エフェクタ/製品情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新しい小型真空管 Nutube 搭載の小型アンプ VOX MV50 | トップページ | メインサイトのSSL化終了 »