« SG改造まとめ | トップページ | 2018年に買ったものまとめ »

2018/12/18

6V6、6L6、EL84、EL34とパワー管のタイプを切り替え可能なBOSS Nextone アンプ

BOSS から新しいトランジスターアンプ Nextone が発売されました。


 

Nextone

 

ラインナップは80wのArtistと、40wのStageの2機種。


 

スピーカーはともに12インチ(30cm)1発で、出力の違いと筐体の大きさが少し違う以外、機能はほぼ同じで、最近のトランジスターアンプではおなじみのアンプモデリングはありませんが、代わりにパワーアンプセクションのタイプを6V6、6L6、EL84、EL34の4タイプから選択することが出来るようになっています(これもモデリングか)。

 

6V6、6L6、EL84、EL34とパワー管のタイプを切り替え可能なBOSS Nextone アンプ


 

これはチューブアンプ好きにはたまりませんね(^^)。



 

6V6はFenderの小型アンプチャンプやデラックスリバーブなどに搭載されているパワー管を再現したモード。6L6はFenderのツインリバーブなど大型アメリカンアンプに搭載されているパワー管を再現したモードで、ともに豊かな中低域とキラキラした高域が特徴。


 

EL84はVOX AC30などの小型ブリティッシュアンプのサウンドに搭載されているパワー管を再現したモード。EL34はMarshall 1959など大型ブリティッシュアンプに搭載されているパワー管を再現したモードで、こちらはクリーンはもちろん歪みサウンドとの相性抜群。



 

専用のエディターでパワーアンプ部をさらに細かく調整できるらしいです。



 

動画を見ると特にクリーンと少し歪みの乗ったクランチサウンドが素晴らしいですね。



 

BOSS Nextone Guitar Amplifier Sound Example:

https://www.youtube.com/watch?time_continue=56&v=8-epcZwRQWw



 

BOSS Nextone Guitar Amplifier Introduction:

https://www.youtube.com/watch?v=rDf1eMTiE_E

 

トランジスターアンプというと音が硬くて平坦で弾いてて面白くないアンプが多いのですが、これはかなり楽しめそうです。


 

チューブアンプでは考えられないほぼメンテナンスフリーというのも強みですからね。


最近のチューブアンプでは珍しくない出力切り替えスイッチ(POWER CONTROL-STANDBY、0.5W、HALF、MAX)をトランジスターアンプであるにもかかわず搭載しているのも面白い。


 

エフェクターはディレイ/トレモロ、リバーブ、と必要最小限のものを内蔵というのもありがたい。 だってギタリストなら必要なエフェクターは持っているだろうし、あえてアンプに搭載する必要もないですからね。

Nextone_tremolo

*アンプのコントロールパネルにトレモロツマミがありませんが、エディターでトレモロを使う設定にすればディレイツマミがトレモロになるそうです(ディレイとトレモロの併用はできません)。

*BOSS Nextoneにはエフェクト・ループも搭載されています。

 

       Nextone【サウンドハウス】


 

BOSSにはKATANAというアンプもありますが、私はNextoneのほうが昔ながらのアンプサウンドという感じで好きだな。


 

どちらにしようか迷ってる方にはこの動画を。



 

Nextone Artist VS. Katana 50比較動画:

https://www.youtube.com/watch?v=tH6_foVnqJA



 

こちらもおすすめ:
丈夫で長持ちメンテも最小限のおすすめトランジスタアンプ


« SG改造まとめ | トップページ | 2018年に買ったものまとめ »

(楽器)アンプ/製品情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SG改造まとめ | トップページ | 2018年に買ったものまとめ »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入りに追加

サイト内検索

メール