« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018/12/31

2018年に買ったものまとめ

2018年、ギター関連で購入したものをまとめてみました。


 

CELESTION Eight15

Gva_150744

Greco GVA Custom用に8インチのCELESTION Eight15スピーカーを購入。交換して、安っぽいペラペラなだった音に中低域がプラスされ、スピーカーの口径を上げたような力強い音になりました。

 

歪みサウンドとの相性抜群!セレッションスピーカー



 

D’Addario NS Micro Clip Free Tuner

Pwct21008265x300

ダダリオのクリップチューナー。使用頻度の高いSGに取り付けました。精度も良くとても便利ですよ。いずれ全てのギターに取り付ける予定です。


 

ギターのヘッド裏に取り付けるチューナー D’ADDARIO NS MICRO CLIP FREE TUNER 



 

ESP TREMOLO TONE SPRINGS

Tspringp1030144

ストラトキャスター用のトレモロスプリング。汎用のスプリングと比べると艷やかで柔らかな音に変化します。トレモロスプリングではRAW VINTAGEも有名ですが私はESPのほうが好みでした。

 

[ トレモロスプリング比較 ] RAW VINTAGE ESP 汎用品



 

今年はちょっと寂しかったですね。来年はもっともっと買うぞ~。



 

来年はインスタグラムを始める予定です。


 

それでは皆様良いお年を

🎍🎌



 

バックナンバー_ 今週のオススメ・・・


2018/12/18

6V6、6L6、EL84、EL34とパワー管のタイプを切り替え可能なBOSS Nextone アンプ

BOSS から新しいトランジスターアンプ Nextone が発売されました。


 

Nextone

 

ラインナップは80wのArtistと、40wのStageの2機種。


 

スピーカーはともに12インチ(30cm)1発で、出力の違いと筐体の大きさが少し違う以外、機能はほぼ同じで、最近のトランジスターアンプではおなじみのアンプモデリングはありませんが、代わりにパワーアンプセクションのタイプを6V6、6L6、EL84、EL34の4タイプから選択することが出来るようになっています(これもモデリングか)。

 

6V6、6L6、EL84、EL34とパワー管のタイプを切り替え可能なBOSS Nextone アンプ


 

これはチューブアンプ好きにはたまりませんね(^^)。



 

6V6はFenderの小型アンプチャンプやデラックスリバーブなどに搭載されているパワー管を再現したモード。6L6はFenderのツインリバーブなど大型アメリカンアンプに搭載されているパワー管を再現したモードで、ともに豊かな中低域とキラキラした高域が特徴。


 

EL84はVOX AC30などの小型ブリティッシュアンプのサウンドに搭載されているパワー管を再現したモード。EL34はMarshall 1959など大型ブリティッシュアンプに搭載されているパワー管を再現したモードで、こちらはクリーンはもちろん歪みサウンドとの相性抜群。



 

専用のエディターでパワーアンプ部をさらに細かく調整できるらしいです。



 

動画を見ると特にクリーンと少し歪みの乗ったクランチサウンドが素晴らしいですね。



 

BOSS Nextone Guitar Amplifier Sound Example:

https://www.youtube.com/watch?time_continue=56&v=8-epcZwRQWw



 

BOSS Nextone Guitar Amplifier Introduction:

https://www.youtube.com/watch?v=rDf1eMTiE_E

 

トランジスターアンプというと音が硬くて平坦で弾いてて面白くないアンプが多いのですが、これはかなり楽しめそうです。


 

チューブアンプでは考えられないほぼメンテナンスフリーというのも強みですからね。


最近のチューブアンプでは珍しくない出力切り替えスイッチ(POWER CONTROL-STANDBY、0.5W、HALF、MAX)をトランジスターアンプであるにもかかわず搭載しているのも面白い。


 

エフェクターはディレイ/トレモロ、リバーブ、と必要最小限のものを内蔵というのもありがたい。 だってギタリストなら必要なエフェクターは持っているだろうし、あえてアンプに搭載する必要もないですからね。

Nextone_tremolo

*アンプのコントロールパネルにトレモロツマミがありませんが、エディターでトレモロを使う設定にすればディレイツマミがトレモロになるそうです(ディレイとトレモロの併用はできません)。

*BOSS Nextoneにはエフェクト・ループも搭載されています。

 

       Nextone【サウンドハウス】


 

BOSSにはKATANAというアンプもありますが、私はNextoneのほうが昔ながらのアンプサウンドという感じで好きだな。


 

どちらにしようか迷ってる方にはこの動画を。



 

Nextone Artist VS. Katana 50比較動画:

https://www.youtube.com/watch?v=tH6_foVnqJA



 

こちらもおすすめ:
丈夫で長持ちメンテも最小限のおすすめトランジスタアンプ


2018/12/16

SG改造まとめ

弾きやすいけど音があまり良くない?SGの改造をはじめて幾年月、、、 ようやく納得のSGサウンドを得ることが出来ましたのでまとめてみました。


 

SG改造まとめ


 
こちらからどうぞ:
[SG改造まとめ] SGの音が不満ならここを替えろ!


2018/12/10

指の独立トレーニング~一生使えるギターの基礎トレ本より~

昔買った時はサラッとしかやらなかったこのエクササイズ。こういうところ適当にやってたからギター上手くならないんだよなぁと、反省の日々であります

 

指の独立トレーニング~一生使えるギターの基礎トレ本より~

一生使えるギターの基礎トレ本 p.19より~

5、6、7、8フレットを使ったエクササイズで、黒丸の指は指板に固定し、残りの2本の指でウネウネと弾きます。


 

音は切らずに、次の音を鳴らすまで伸ばします。6弦~1弦が辛い場合は無理せず5弦~2弦でも良いと思います。

 

めっちゃしんどいけど頑張ってやってると、次の日にはかなり楽にできるようになってるから不思議


 

おそらくギターの上達の早い人って、こういう指の動きが比較的簡単に出来ちゃう人なんだろうなと思います。


 

TVを見ながらでも出来るトレーニングなので頑張りますp(^^)q。



 

まさに一生使えるギターの基礎トレ本

 


シールドケーブル BELDEN 9778の音の良さを実感

今まで使用した中で最も完璧なPRSのケーブル↓

 
PRS GUITAR CABLE:
PRS GUITAR CABLE

 
は確かにハイからローまでバランスよく出力してくれるのですが、久しぶりに使ってみたBELDEN 9778は音が柔らかくて、中低域の空気感が素晴らしすぎる。弾いてて心地よい/面白いんですよね。

 
これからはこれにしようかなぁ?

 

シールドケーブル BELDEN 9778の音の良さを実感
NEUTRIK社製L型プラグに交換しています




BELDEN 9778

 BELDEN 9778 【サウンドハウス】

詳しくは:
NEUTRIK のL字プラグ NP2でシールドケーブル作成 



 
あらためて手持ちのシールドケーブルで音の比較してみます。
 

あらためて手持ちのシールドケーブルで音の比較してみます

こちらもおすすめ:
音質にこだわるあなたにオススメのシールドケーブル


2018/12/08

現行のGROVER ( グローバー )102ペグには種類があった

ジミーペイジのレスポールやエリック・クラプトンのSGでおなじみのGroverペグですが、種類があったなんて知りませんでした。


 

私のSGにも取り付けているGroverペグは90年代に購入したものですがこんな形。

GROVER ( グローバー )102ペグには種類があった

このタイプのGrover102は今でも購入可能ですが、60年代~70年代に発売されていたGrover102とはやや形が異なります。


同じGrover102でも末尾にVの付く、ヴィンテージと同仕様のペグはこんな形状。

Sggrover102v

ペグのつまみの軸を受ける部分の形状が違ってますよね。Grover102Vのほうがカッコいい


しかも見た目はヴィンテージ仕様なのにギア比は18:1とパワーアップしているそうです。

*ギア比は多いほうがより細かな調整が可能。


 

次買うなら絶対こっちです。


 

   GROVER 102

GROVER 102 【サウンドハウス】

*末尾のVの前についているのはカラーです。C=クローム、G=ゴールド、N=ニッケル、B=ブラックなど



こちらでも紹介しています:
SGのペグをGROVER ( グローバー )に交換


2018/12/04

GEORGE L’S用のプラグにいかが?CLASSIC PROのソルダーレスケーブル用プラグ

GEORGE L’Sは音は良いけど高いですよね。 と思ったら、こんなソルダーレスケーブル用プラグを発見。

 

CLASSIC PRO SOL12
CLASSIC PRO SOL12

 

サウンドハウスオリジナルブランド、CLASSIC PROから発売のソルダーレスケーブル用プラグ。


 

1コ200円なので、これを使ってケーブルを作ればかなり安くできますね。


 

GEORGE L’S のケーブル自体は1mで700円程度なのでこれでパッチケーブルを作成できればかなりお得です(専用プラグは1コ700円)。

 

*価格はサウンドハウス18.12.3現在



 

今回は手持ちにGEORGE L’Sの専用プラグがなかったので普通にハンダ付けしてパッチケーブルを作成してみましたがこれは楽で良いですね(作業後に発見しました(^_^;))。

Georgels165925

今度買ってみます。


 

   CLASSIC PRO SOL12 【サウンドハウス】



 

GEORGE L’Sのケーブルを使い、ハンダ作業して作ったパッチケーブルも特に問題ありませんでした。むしろ接触不良とか起きなくて逆に良いかもね

 

詳しくは:
GEORGE L’Sのケーブルと市販のプラグでパッチケーブルを作ってみた 


2018/12/03

自宅用のエフェクターボードを組み直し

昨日はお部屋掃除のついでにエフェクトボードも綺麗にして組み直しました。


 

エフェクターボードは自作のPedaltrain風のエフェクトボードを使い立てかけることでお部屋スッキリ。

 

自宅用のエフェクターボードを組み直し

プラグやジャックを磨くのが大変でしたけど、おかげでガリガリノイズが無くなったぞ(^^)。


詳しくは:
エフェクトボードを立てかけて足元スッキリ


« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

サイトプロフィール

お気に入りに追加

サイト内検索

メール