2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

お気に入りに追加

サイト内検索

メール

« 2019年1月 | トップページ

2019年2月

2019/02/12

STRYMON DECOのTAPE SATURATION(ブースター)がめっちゃ良い音します

ユーチューブを覗いていたらとても魅力的なペダルを見つけました。


 

STRYMON ( ストライモン )/DECO TAPE SATURATION & DOUBLETRACKER

   

STRYMON DECO TAPE SATURATION & DOUBLETRACKERは、テープデッキの入力レベルを上げることで生まれるコンプレッションの効いた柔らかなサウンドのブースターと、二台のテープマシンを用いて生み出されるテープエコーサウンドを再現したというペダルで、 まずはこちらの動画を、特に前半。


 

Deco Tape Saturation & Doubletracker pedal:

https://www.youtube.com/watch?v=ST8pp4HN554

歪みペダルやブースターは好きなので結構動画を見ますが、ここまで柔らかく、かつ音の太いブースターというかオーバードライブサウンドはちょっと見たことないです。

 
ギターのボリュームの追従性も良いですね。

 

テープエコー(ディレイ)に関してはあまり詳しくないのですが、名前の通りのDOUBLETRACKER(ショートディレイのダブリング効果)がカッコ良すぎます。

  

以下の動画で⬇

  

Strymon Deco Tape Saturation & Doubletracker:

https://www.youtube.com/watch?v=UJygx0J5vng

 

動画中盤ではワウを踏んでジェフ・ベック・グループのI Ain't Superstitiousを弾いていますが(オリジナルはおそらく2本で弾いてると思いますが)、雰囲気出てますね(^_^)。

  
向かって右側のつまみがダブルトラッカー(ショートディレイのダブリング効果)のコントロール、左側のつまみがテープサチュレーションのシミュレートのコントロールと分かりやすいのも良いです。

 

ただ、値段を見たら、結構なお値段なので、、、私はディレイはいらないのでブースター部だけでも取り出して販売してほしいな(^^ゞ。

あくまでも音を聴いた感想ですが、ブースターのナンバーワン❣ですねgood


 

Strymon Deco:

posted with カエレバ


2019/02/10

4インプット仕様のマーシャルサウンドにファズとブースターを内蔵したペダル Mad Professor Loud´n Proud

この間の CARL MARTIN Purple Moonに続きまた魅力的なペダルを見つけてしまいました。 

 

Mad Professor Loud´n Proud
 

この間のCARL MARTIN Purple Moonはファズとバイブが一緒になったペダルでしたが、この Mad Professor Loud´n Proudはヴィンテージの4インプット仕様のマーシャルを再現しつつ、最大13dBのブースト機能とファズ機能を追加したというペダル。


 

マーシャルにファズの組み合わせというと、ジミ・ヘンドリックスはもちろん、60~70年代のエリック・クラプトンやジェフ・ベック、ジミー・ペイジなどのマストアイテム。



 

まずはそのサウンドを聴いてみて下さい。


 

Mad Professor Loud´n Proud demo:

https://www.youtube.com/watch?v=nKfx_m5Fvno

めっちゃ良いです😍


 

マーシャルサウンドのON/OFFスイッチと、ファズとブースターはどちらかを選んでON/OFFするようですね。

さらにキャラクター選択のピンスイッチもあって、左側ではタイトな低音とわずかにコンプ感のあるサウンド、右側では広がりのある低音とダイナミクスレンジの広いサウンドを得ることができます。とのこと。


 

往年のロックサウンドが好きな方にはオススメです。



 

MAD PROFESSOR LOUD N PROUD

posted with カエレバ


それにしてもMad Professorは良いペダルが揃っていますね。以下はマット・スコフィールド氏のデモ動画。ちょっと太ったな(^^;)



 

Mad Professor pedals played by Matt Schofield:

https://www.youtube.com/watch?v=eGHAFsQv4AY


 

そんな MAD PROFESSORの歪みエフェクターはこちらから

MAD PROFESSOR 歪みエフェクター図鑑
マーシャル系ペダル特集



2019/02/08

ファズとバイブが1つになったジミ・ヘンドリックスライクなペダル CARL MARTIN Purple Moon

面白いファズ/ビブラート(トレモロ)ペダルを見つけました。

 

CARL MARTIN Purple Moon
 


 

ファズと2つのビブラートが1つになった、ジミ・ヘンドリックス・ライクなペダル。


 

ジミ・ヘンドリックスというとファズシンエイのユニヴァイブというコーラスと言うか、トレモロというかビブラートというか、、、なペダルを使用していましたが、このペダルを1つで簡単にジミ・ヘンドリックスになれてしまいますhappy01



 

白い4つのツマミで2つのビブラートを調整し、ファズは中央の黒いツマミで調整するようになっていて、それぞれのLevelツマミを絞ることで、ファズとバイブの単独使用も出来るようです。



 

オールアナログ回路とのことなので、ブリブリのファズサウンドからギター側のボリュームを絞ることで生まれるオーバードライブサウンド~クリーンな鈴鳴りサウンドまでコントロール出来ますねgood


 

動画はこちら。



Carl Martin: PURPLE MOON Vintage Fuzz n' Vibe:

https://www.youtube.com/watch?v=G6Yn-Tzjzt4



 

これは欲しいかも。



CARL MARTIN Purple Moon

posted with カエレバ



 

こちらもおすすめ:
おすすめファズ
ジミ・ヘンドリックスの音を現行モデルで再現


今年の冬はエアコンなして過ごせそう

今日は2月8日。寒さの峠は越したのかな?それとも体が慣れた??


 

今季は結局、仕事中(ほぼデスクワーク)にエアコン暖房は一度も使いませんでしたね(^_^)。


 

べつに威張って言うことじゃないけど、ヒートテック的な下着を着て/履いて、上に薄手のダウンジャケット、寒いときは顔、特に耳が寒いので耳あて(イヤーウォーマー)だけでOKでした。

 

耳あて(イヤーウォーマー)で冬もポカポカ

 
あ、あとは忘れてはいけません、机の下にはこの電気アンカ/フットヒーターとひざ掛けは使いました(^^ゞ。

メトロ(METRO) フットヒーター MFH-180ET
メトロ(METRO) フットヒーター MFH-180ET

着る毛布でフットヒーターを包み込むと、下半身はもちろん、上半身までポカポカで、今年はマジでエアコンいらないかも(^^)
 
この電気アンカ(METRO MFH-180ET)は弱でしかつかいませんし、電気代は1時間1.67円(78w)なので、エアコンよりは格安。



 
ダウンジャケットといっても今は薄手で良いものがありますから、着込んでる感もなくポカポカで意外と暖かかったです。



 
念の為、室温は寒いときでも10度位の関東エリアでの話ですから、寒い地域にお住まいの方は無理をしないでくださいね。



 
フットヒーター/電気アンカ:

木枠フットヒーター メトロ電気工業株式会社 (メーカーサイト)



 
イヤーウォーマー:

春まではもう少しですねp(^^)q

 


2019/02/06

ジミー・ペイジのミラーテレキャスター、ドラゴンテレキャスターがフェンダーから発売

ジミー・ペイジがジェフ・ベックからプレゼントされヤードバーズ~レッド・ツェッペリン初期に多用していたミラーを貼ったテレキャスターとドラゴンペイントのテレキャスターがフェンダーから発売されます。

 

ジミー・ペイジのミラーテレキャスターがフェンダーから

ジミー・ペイジのドラゴンテレキャスターがフェンダーから発売


http://www.fendercustomshop.com/features/jimmy-page/ ~より


 

ジミー・ペイジのこのFender Telecasterは、59年製(ネックデイトは58年)でボディーはアッシュとのこと。


 

テレキャスターは59年以降ボディー材はアルダーに変更されるので、このギターは移行前のものですね。


 

ネックはメイプルにローズウッド指板を貼ったもので、メイプル1ピースネックの50sのテレキャスターにくらべギブソンチックな太い音がするのが特徴です。


 

今回発売されるミラーテレキャスターとドラゴンテレキャスターは実は同じもので、ジェフ・ベックからプレゼントされたホワイトブロンドフィニッシュものに8枚のミラーを貼って使用していたものを、後に塗装を剥がし、自身の手でドラゴンカラーにリフィニッシュします。



 

1959年製のテレキャスターのもう一つの特徴 トップローディング
1959年製のテレキャスターのもう一つの特徴として、トップローディングに対応したブリッジが搭載されている点。

 

トップローディングとは、1958年半ばから1959年半ばまでのテレキャスターに実際採用された方式で、ボディー裏から弦を通すのではなく、ブリッジ後方に開けられた穴から弦を通すことが出来るブリッジのことで、ジミー・ペイジのこのテレキャスターやロリー・ギャラガーのテレキャスターがこのトップローディングだったといわれています。

 

もちろんこのテレキャスターにもしっかりトップローディング対応のブリッジが採用されています。

ジミー・ペイジのテレキャスターは59年製、トップローディングブリッジ

トップローディング対応のブリッジは私のテレキャスターにも取り付けていますが、従来の裏通しとは全く別物の音がします。

トップローディング対応のブリッジ

トップローディングで弦を張ると、テレキャスターらしい音のハリと艶やかさは若干失われるものの、歪みサウンドとのバランスが非常に良くなるのでトップローディングは非常に好きなブリッジです。

 

レッド・ツェッペリン初期のぶっといテレキャスター・サウンドの秘密は実はこのトップローディングも関係しているのかもしれませんね。

 

トップローディングのブリッジに関してはこちらへ:
2種類の弦の張り方を楽しめるテレキャスター用ブリッジ



 

今回発売されるこのテレキャスターはトップローディングだけでなく裏通しにも対応しているようです。

 

ミラーテレキャスターとドラゴンテレキャスターは、カスタムショップ製とレギュラーライン両方で発売されるとのことなので、非常に楽しみですhappy01



 

詳細はこちらの動画で。

 

The Making of Jimmy Page's Mirrored and Dragon® Telecaster Models | Artist Signature Series | Fender:

https://www.youtube.com/watch?v=ulEugtz0FY4


 

こちらもおすすめ:
ジミー・ペイジの音を現行モデルで再現


2019/02/05

MXR MC404 CAE WahはデュアルFaselインダクター+ブースター搭載のマニアックなワウ

マニアックで面白そうなワウ・ペダルを見つけました。と、いっても前からある商品で知っている方は知ってる商品ですが、、、。



 

MXR MC404 CAE Wah
  MXR MC404 CAE Wah 
MXR MC404 CAE Wahは、Custom Audio ElectronicsとMXRのコラボにより作り上げたワウで、すごいのがFasel製インダクターが2つ搭載されていて切り替え出来るところ


 

MXR MC404 CAE Wah

踵側右側面の赤いスイッチを押す(蹴る?)ことでRedとYellowのインダクター切り替えが出来、黄色は高音域が強調されたファンキーな音、赤はマイルドで太い音がします。



 

さらに左側面の赤いスイッチでブーストのON/OFFが出来ます(ブースト量は右側ツマミで調整し最大+20db)。



 

もちろんハードワイアーバイパスでエフェクターOFF時の音質劣化もありません。



 

各スイッチについての説明はこちらの動画が参考になります。


 

MC404 CAE Wah:

https://www.youtube.com/watch?v=dpcJ8dA4GXg



 

音には関してはこちらの動画が参考になります。

 

Custom Audio Electronics CAE MC-404 Wah:

https://www.youtube.com/watch?v=Tz3gknlGcFQ&t


 

Yellowはファンキーなコード・カッティングに、Redはソロで使いですね。



マニアも納得のワウですgood




 

MXR MC404 CAE Wah【サウンドハウス】

posted with カエレバ



 
こちらもおすすめ:

おすすめワウ一覧


2019/02/01

フェンダー系ツイートサウンドが心地よいJ.ROCKETT AUDIO DESIGNSのMonkeyman

J.ROCKETT AUDIO DESIGNSからMonkeymanというペダルが発売されたようです。

 

Monkeymanはオールドのツイードアンプのスピーカーがブレイク・アップするようなサウンドとのことで、動画見てみると、なるほど、なかなかカッコいいですね。



 

Monkey Man J. Rockett Audio Design (demo):

https://www.youtube.com/watch?v=Ak9q5WYDT1Y


 

ツイードアンプのサウンドと言うともっとジャリジャリしたダーティーで粗いサウンドだと思いますがこれはこれでありかな??


 

リバーブを搭載しているというのもGood!



 

J.ROCKETT AUDIO DESIGNS Monkeyman:

posted with カエレバ


 

マーシャルアンプ系とともに、最近はフェンダー系オーバードライブも増えてきましたね。 ツイードとかブラックフェイスとか、そんな名前のペダルを聞くだけで欲しくなってしまう(^_^;)。


 

フェンダーアンプの音が出るオーバードライブ


マキタの掃除機ノズルをじゅうたん対応に改造

マキタの掃除機にサイクロンアタッチメントを取り付けてから、すっかり掃除好きになっている私。


 

で、偶然見つけたこの動画。この人素晴らしすぎる。



 

https://www.youtube.com/watch?v=qaWRE0o9CrQ

 

マキタの充電式掃除機は小さくて素晴らしいのですが、ノズルの性能がいまいちで、じゅうたんの種類にもよるのでしょうか?じゅうたんの上をなぞると、まれにゴミを吸わずに逆にこびり付かせてしまう事があって、じゅうたん専用のノズルも発売されているので、買おうかどうか迷っていたところこの動画を見つけました。


 

マキタ 充電式クリーナー じゅうたん用ノズル A-59950:

 

早速手持ちのすきまテープを貼ってみたところ、じゅうたんの上の綿埃も問題なく吸ってくれるようになりました。

マキタの掃除機ノズルをじゅうたん対応に改造
 

マキタの掃除機ノズルにすきまテープを貼ってみた
 

すきまテープを貼ってみたらじゅうたんの上もバッチリ

すきまテープを貼ることで抵抗が増してしまうのではないか?とも思いましたが全く問題ありません。


 

前にも貼ったほうが良いのかな??色々試してみたいと思います。


 

この動画主さんに感謝です( ˘ ³˘)♥。



マキタ makita ハンディクリーナー

posted with カエレバ


« 2019年1月 | トップページ