« MXR MC404 CAE WahはデュアルFaselインダクター+ブースター搭載のマニアックなワウ | トップページ | 今年の冬はエアコンなして過ごせそう »

2019/02/06

ジミー・ペイジのミラーテレキャスター、ドラゴンテレキャスターがフェンダーから発売

ジミー・ペイジがジェフ・ベックからプレゼントされヤードバーズ~レッド・ツェッペリン初期に多用していたミラーを貼ったテレキャスターとドラゴンペイントのテレキャスターがフェンダーから発売されます。

 

ジミー・ペイジのミラーテレキャスターがフェンダーから

ジミー・ペイジのドラゴンテレキャスターがフェンダーから発売


http://www.fendercustomshop.com/features/jimmy-page/ ~より


 

ジミー・ペイジのこのFender Telecasterは、59年製(ネックデイトは58年)でボディーはアッシュとのこと。


 

テレキャスターは59年以降ボディー材はアルダーに変更されるので、このギターは移行前のものですね。


 

ネックはメイプルにローズウッド指板を貼ったもので、メイプル1ピースネックの50sのテレキャスターにくらべギブソンチックな太い音がするのが特徴です。


 

今回発売されるミラーテレキャスターとドラゴンテレキャスターは実は同じもので、ジェフ・ベックからプレゼントされたホワイトブロンドフィニッシュものに8枚のミラーを貼って使用していたものを、後に塗装を剥がし、自身の手でドラゴンカラーにリフィニッシュします。



 

1959年製のテレキャスターのもう一つの特徴 トップローディング
1959年製のテレキャスターのもう一つの特徴として、トップローディングに対応したブリッジが搭載されている点。

 

トップローディングとは、1958年半ばから1959年半ばまでのテレキャスターに実際採用された方式で、ボディー裏から弦を通すのではなく、ブリッジ後方に開けられた穴から弦を通すことが出来るブリッジのことで、ジミー・ペイジのこのテレキャスターやロリー・ギャラガーのテレキャスターがこのトップローディングだったといわれています。

 

もちろんこのテレキャスターにもしっかりトップローディング対応のブリッジが採用されています。

ジミー・ペイジのテレキャスターは59年製、トップローディングブリッジ

トップローディング対応のブリッジは私のテレキャスターにも取り付けていますが、従来の裏通しとは全く別物の音がします。

トップローディング対応のブリッジ

トップローディングで弦を張ると、テレキャスターらしい音のハリと艶やかさは若干失われるものの、歪みサウンドとのバランスが非常に良くなるのでトップローディングは非常に好きなブリッジです。

 

レッド・ツェッペリン初期のぶっといテレキャスター・サウンドの秘密は実はこのトップローディングも関係しているのかもしれませんね。

 

トップローディングのブリッジに関してはこちらへ:
2種類の弦の張り方を楽しめるテレキャスター用ブリッジ



 

今回発売されるこのテレキャスターはトップローディングだけでなく裏通しにも対応しているようです。

 

ミラーテレキャスターとドラゴンテレキャスターは、カスタムショップ製とレギュラーライン両方で発売されるとのことなので、非常に楽しみです



 

詳細はこちらの動画で。

 

The Making of Jimmy Page's Mirrored and Dragon® Telecaster Models | Artist Signature Series | Fender:

https://www.youtube.com/watch?v=ulEugtz0FY4


 

こちらもおすすめ:
ジミー・ペイジの音を現行モデルで再現


« MXR MC404 CAE WahはデュアルFaselインダクター+ブースター搭載のマニアックなワウ | トップページ | 今年の冬はエアコンなして過ごせそう »

(楽器)ギター/製品情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« MXR MC404 CAE WahはデュアルFaselインダクター+ブースター搭載のマニアックなワウ | トップページ | 今年の冬はエアコンなして過ごせそう »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お気に入りに追加

メール

サイト内検索