« ベイジ、ベックが愛用したファズ トーンベンダーのレプリカがFormula B Elettronicaから | トップページ | SG用に.008-.046の弦のセットがあれば完璧なのだがフランク・ザッパの弦は高すぎる »

2019/06/24

ダン・ベアードのテレキャスターの音が素敵なので6wayサドルもありかも

テレキャスターといえば誰を思い浮かべますか?
 
 
キース・リチャーズ?ロイ・ブキャナン?ヤードバーズ~レッド・ツェッペリン初期には ジミー・ペイジも愛用していましたし、ジェフ・ベックもヤードバーズ時代のメインはテレキャスターでしたね。

 
でも私が最も好きなテレキャスター・プレーヤーは元ジョージア・サテライツのダン・ベアード。

 
こんな曲が有名です。

 
GEORGIA SATELLITES - Keep Your Hands To Yourself:

https://www.youtube.com/watch?v=PdpAop7gp0w
 
で、ジョージア・サテライツ/ダン・ベアードのテレキャスターをユーチューブの動画いくつかみて観察してみると、ブリッジプレード/サドルは意外にも??ストラトキャスターのような6wayサドルでした。
 
ダン・ベアードのテレキャスター01
ダン・ベアードのテレキャスター03
ダン・ベアードのテレキャスター04
 
  
通常、テレキャスターのブリッジは3wayのこんなサドルが付いています。
 
テレキャスターの3wayサドル
 
6wayサドルの愛用者と言えば、ダンの他にはキース・リチャーズが有名ですよね。リッチー・コッツェンのテレキャスターやアンディー・サマーズのテレキャスターも6wayです。

 
キース・リチャーズのテレキャスター: 
Keithtele
 
リッチー・コッツェンのテレキャスター:
Rktele
 
 
あとシカゴのギタリスト テリー・キャスのテレキャスターもちょっと特殊な6way
 
シカゴのギタリスト テリー・キャスのテレキャスター 
シカゴのギタリスト テリー・キャスのテレキャスター

 


6wayサドルのテレキャスターというと、私も以前使っていたテレキャスターのFenderのAmerican StandardのTelecasterが6wayサドルでしたが、その時の経験でいうと、テレキャスターっぽくない音でした。

FenderのAmerican StandardのTelecasterが6wayサドルでした 
 
6wayサドルはストラトキャスターのような形状のサドルのせいか?テレキャスターというよりは、ストラトキャスターに近いサウンドで当時はあまり好きではなかったので、3wayサドルを無理やり改造取り付けしていましたが、ダンベアードのテレキャスター・サウンドを聴いていると、また試してみたくなってきた。
 
アメリカンスタンダード6wayから3wayブリッジに無理やり交換したときの記事

 
6wayのブリッジプレートはGOTOHなどから発売されています。

 
GOTOH GTC201
 
GOTOH GTC201
 
今使っているのは(ブリッジの固定が)4点止めのテレキャスターなので、3点止めのAmerican Standardのときのような大きな改造は必要ないし、気に入らなければ元も戻せば良いだけですから試すのは簡単に出来るので近々購入したいと思っています。


 
それではダン・ベアードのテレキャスターサウンドを聴いてみてください。

 
Dan Baird (Buffalo Nickel) - Cumberland river:

https://www.youtube.com/watch?v=0iJg5CpyMCs

 
6wayだからといってもちゃんとテレキャスターらしい音が出ていますね。


 
Railroad Steel - Georgia Satellites:

https://www.youtube.com/watch?v=9NZpEEgAJPs
 
イントロはダンのテレキャスターですね。相方のリック・リチャーズは同じシングルコイルのP90の載ったレスポールJr.なんかをよく使っているのですが、お前邪魔!ってくらいダンのテレキャスターの音が好きなんです(^_^;)。

 
Georgia Satellites - Mon Cheri:

https://www.youtube.com/watch?v=uGAx-JtuESU

 
こんな素敵なテレキャスターサウンドが出るなら交換してもいいよね。

 


6wayサドルの利点
6wayサドルの利点は色々ありますが、第一はオクターブ調整がきっちり出来る点でしょう。6本の弦それぞれが別のサドルになっているのでオクターブは3wayよりは確実に合います。
 
 
次にブリッジプレートが平らになっているのでピッキングの邪魔にならない、プレイアビリティに優れているという点ですね。

 
さらにアメリカン・スタンダードを使用していたときの感じでは、3wayサドルは生音がキンキンした耳障りな音がしますが、6wayはマイルドで音が太い。

 


で、このジョージア・サテライツのダン・ベアードのような、通常のテレキャスター風のサウンドが出るなら交換してみてもいいかな??と思っています。

 
近々購入予定なので、そのときまた感想などを書いてみたいと思います。

 

おそらく購入するのはこのブリッジサドル。

 
Gotohの6wayブリッジ:
GOTOH GTC201【サウンドハウス】

posted with カエレバ

 
こちらもどうぞ:
テレキャスター用ブリッジ一覧
 
おすすめテレキャスター



サウンドハウス

« ベイジ、ベックが愛用したファズ トーンベンダーのレプリカがFormula B Elettronicaから | トップページ | SG用に.008-.046の弦のセットがあれば完璧なのだがフランク・ザッパの弦は高すぎる »

(楽器)ギター用アクセサリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ベイジ、ベックが愛用したファズ トーンベンダーのレプリカがFormula B Elettronicaから | トップページ | SG用に.008-.046の弦のセットがあれば完璧なのだがフランク・ザッパの弦は高すぎる »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お気に入りに追加

メール

サイト内検索