« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

2019/08/31

”エレキギター情報”というサイト名

このブログの移転先の”エレキギター情報”というサイト名だけど、何故こんな中途半端なヘンテコな名前なのかというと、単なる無知から、、、。


もともとは違う名前だったのだけど、現在”エレキギター情報”というサイトの配下には、


https://tgr-guitar.com

  • https://tgr-guitar.com/hizumikei/
  • https://tgr-guitar.com/tube/
  • https://tgr-guitar.com/effector/

というサブディレクトリの3つのサイトがあって、同じギター関連のサイトなのでまだ良いのですが、それぞれ歪みエフェクター図鑑、チューブアンプ図鑑、エフェクター大全集というサイト名で運用しているのですが、Googleなどの検索で表示すると、ルートドメインの”エレキギター情報”という名前が入ってしまうということが分かりました。

 

Kensakukekka_20190831222001
 
なのでこのサイトの名前をあまりヘンテコな、3つのサイトと関係ないサイト名にしてしまうのも良くない気がしてとりあえず付けたのが”エレキギター情報”というサイト名😅


3つのサイトに独自ドメイン与えてurlを変えちゃうという方法もあるのですが、そこまでアクセス数の多いサイトでもないですからね。

*サイトのurlを変更してもhtaccess リダイレクトという方法を使えば自動で新サイトへ飛ばせるので問題ないのですが、独自ドメインもお金かかりますからね。



なんか良い名前、、、というか良い方法ないだろうか???




今日で8月も終わりですね。。。。9月以降もこんな感じの雑記ブログになります。



ギター関連のブログはこちらから:
エレキギター情報

スポンサーリンク

そういうところやねん@nifty

ブログの説明欄に詳細はトップページでと書いて、トップページを時系列ではなく固定で表示するように設定し直したのだが、モバイルでみると時系列のまま😨

 

PCで表示されるトップページ:
Pcblog_20190831151401

モバイルで表示されるトップページ:
Mobileblog_20190831151401

なので新たにリンク入れたけど、そういうところやねん@nifty。もちろんWordPressはそんなのボタン一つで簡単にできちゃう。

 

やっぱ移転は正解👍

 


と、今後はこんな雑記ブログになる予定です😁



スポンサーリンク

2019/08/21

[サイト移転のお知らせ]ココログでの投稿を一時休止します

2019年3月19日にココログがリニューアルされてどうなるかと思ったらあまりにもクソすぎるのでこのブログの休止と移転を考えています。


といってもすでに持っているここでちょこっと書き始めています。


エレキギター情報サイト


このココログは2008年に書きはじめて、まさかここまで書き続けるなんて思いもしなかったのですが、2016年に元々持っていた@niftyの@homepapeが突然閉鎖されるという恐怖を味わったので、サーバー借りてWordPressをインストールして使い始めたのですが、これがめちゃ快適でねー( ´◡` )。

*サイトが閉鎖されてしまうと今まで貼られていた外部サイトからのリンクが全て失われてしまうので、別のurlでいくら同じ記事を書こうがサイトの評価は上がりません。特に@homepapeは1999年から続けていたサイトだったのでダメージはかなり大きく、現在も回復しておりません(-_-)。



この無料ブログもリニューアルされるということで少しは期待したのですが、良くなる気配もなく(むしろ悪くなったので)、これではまたいつ閉鎖されるかも分からない状態だと判断し、ギターの調整/改造関連の記事などはほぼWordPressサイトに転記済みで、もういつ閉鎖されても大丈夫な状態になりました( ´◡` )。


○○のエフェクターが発売です!みたいな記事は消えても痛くも痒くもないけど、機材のレビューやギターの改造や調整の記録は私にとっては備忘録にもなるし、見返すと結構役に立ったりしますから。


ということで、これからはこちらの有料サーバーで立ち上げたブログで書いていきますのでよろしくです。

 

エレキギター情報サイト


このココログは、運営サイト更新情報の更新情報くらいかなぁ、寂しいですが@nifty(今はノジマが運営してるんだっけ??)がクソすぎるので仕方ないですね(T_T)。


このブログはこのまま残すので、もしかしたらまた戻ってくることもあるかもしれませんが、、、、否、ないな(^_^;)。

[サイト移転のお知らせ]ココログでの投稿を一時休止します

追記:
今後はテーマフリーの雑記ブログとして、思いついたことを書いていこうと思います(どこの馬の骨かもわからない奴の雑記ブログなど読みたくないと思いますのでブックマークされている方は(いるのか??)変更をお願いします)。

 



スポンサーリンク

2019/08/19

出力5wのクラスAオールチューブアンプ Cornell Traveller 5

Cornellから新しいアンプが出たようです。

 
Cornell Traveller 5:
出力5wのクラスAオールチューブアンプ Cornell Traveller 5
 
Cornell Traveller 5は出力5w、パワー管にEL84、プリ管に 12AX7(ECC83)を搭載したクラスAオールチューブアンプ。

 
 
Cornellといえば10wのRomanyを所有していますが、Romanyはパワー管が6L6なのでフェンダー系、この
Traveller 5はEL84なのでマーシャル系で、同じCornellから発売のPlexi 7 の弟分的アンプかな??

 
Cornell Products

 
最大出力は5wですが、出力を5w、1.5w、0.25w、0.05wと4段階で落とすことが可能なので自宅でもアンプ1つで歪んだ音も出せるアンプです(しかもゲインコントロールも付いてる)。

Cornell Traveller 5のコントロール部 
 
搭載スピーカーは8インチで、私も使っているCelestionのEight15が載っています。
 
CelestionのEight15
https://guitar.com/review/amplifier/cornell-amps-traveller-5/~より

 
 
8インチ(20cm)スピーカーというと、ギターアンプ用スピーカーとしては口径が小さく、シャリシャリした音になりがちで、あまりおすすめしにくいのですが、このCELESTION Eight15は10インチにも負けないくらいの中低域のしっかり出る素晴らしいスピーカーなので、自宅でもライブハウスやスタジオなどでも全く問題なく使えると思います。
 
 
歪みサウンドとの相性抜群!セレッションスピーカー
 

 
さらにEXスピーカー端子(8Ω)も搭載しているので大きなスピーカーを繋ぐことも可能。

 
 
Romanyでコーネルアンプの良さは分かっているので、これは欲しい、、、というか売れて欲しいアンプですね。ハンドワイヤードなのに値段もそんなに高くないし。

 

Cornell Traveller 5:

posted with カエレバ

Spec;
スピーカ:8 インチCelestion speaker.
真空管:12AX7 、EL84
重量: 10kg

動画はこちら。
 
 
Cornell Traveller 5 | Review:
 

https://www.youtube.com/watch?v=X4agBXo377U

 

こちらもどうぞ:
CORNELL ( コーネル ) チューブアンプ 一覧
シングルエンド クラスAアンプ 特集

スポンサーリンク

2019/08/02

Fender Made in Japan Modernシリーズが発売

FenderのMade in Japanシリーズから、Modern Stratocaster、Modern Telecaster、Modern Jazzmasterが発売されました。

 
Fender Made in Japan Modern ストラトキャスター Fender Made in Japan Modern テレキャスター Fender Made in Japan Modern ジャズマスター
 
名前の通りモダンな仕様のストラトキャスター、テレキャスター、ジャズマスターで、Made in Japanシリーズではヴィンテージライクな仕様のMade in Japan Traditional、モダンな仕様ではMade in Japan Hybrid という物がすでにありますが、今回のこのMade in Japan Modernシリーズは従来のストラトキャスター、テレキャスター、ジャズマスターとはボディー形状(コンターの入り方)も違うようです。

 
 
全モデル、ボディートップ中央が高く、サイドに行くほど低くなるラウンドトップ・ボディーを採用。さらにバインディングが入っており、なかなか高級感があります。
 
ラウンドトップ・ボディーを採用。さらにバインディング入の高級感
 
ネックは演奏性の高いコンパウンドラジアス指板の22F、ネックとボディーの接合部分にはハイフレットでの弾きやすさを考慮したヒールカットを採用。
 
ハイフレットでの弾きやすさを考慮したヒールカットを採用
 
シングルコイルPUには第4世代のノイズレスPU搭載、ペグにはロックタイプとまさにモダンな仕様が良いですね。
 
シングルコイルPUには第4世代のノイズレスPU搭載


値段は特別安いわけではないですが、安心の日本製だし、Suhrあたりのモダンな高級ギターっぽい風貌がとてもカッコいいですね。
 
Suhrあたりのモダンな高級ギターっぽい風貌がとてもカッコいい新しいFender Made in Japan Modernシリーズ
 
この中だと、ストラトキャスター、テレキャスター共に2H仕様が良いかな??ギブソン系ブリッジ(Tune-O-Matic)搭載のジャズマスターもなかなかカッコいいです👍
 
画像はイケベ楽器販売サイトより



 

Fender Made in Japan Modernはこちらから:

posted with カエレバ

FENDER のエレキギター一覧

スポンサーリンク

2019/08/01

アルミテールピースの音は良いよね

弦交換のついでにレスポールのテールピースを交換してみた。
 
アルミテールピースの音は良いよね
アルミテールピース比較
どちらも同じアルミテールピースなのですが、音が全く違うのに驚き(°д°;;)。

 
 
詳しくはこちらで:

重さは同じでも音は全く違う!アルミテールピース比較

スポンサーリンク

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

サイト内検索

お気に入りに追加

メール

スポンサーリンク