(楽器)おすすめサイト

2019/08/21

[サイト移転のお知らせ]ココログでの投稿を一時休止します

2019年3月19日にココログがリニューアルされてどうなるかと思ったらあまりにもクソすぎるのでこのブログの休止と移転を考えています。


といってもすでに持っているここでちょこっと書き始めています。


エレキギター情報サイト


このココログは2008年に書きはじめて、まさかここまで書き続けるなんて思いもしなかったのですが、2016年に元々持っていた@niftyの@homepapeが突然閉鎖されるという恐怖を味わったので、サーバー借りてWordPressをインストールして使い始めたのですが、これがめちゃ快適でねー( ´◡` )。

*サイトが閉鎖されてしまうと今まで貼られていた外部サイトからのリンクが全て失われてしまうので、別のurlでいくら同じ記事を書こうがサイトの評価は上がりません。特に@homepapeは1999年から続けていたサイトだったのでダメージはかなり大きく、現在も回復しておりません(-_-)。



この無料ブログもリニューアルされるということで少しは期待したのですが、良くなる気配もなく(むしろ悪くなったので)、これではまたいつ閉鎖されるかも分からない状態だと判断し、ギターの調整/改造関連の記事などはほぼWordPressサイトに転記済みで、もういつ閉鎖されても大丈夫な状態になりました( ´◡` )。


○○のエフェクターが発売です!みたいな記事は消えても痛くも痒くもないけど、機材のレビューやギターの改造や調整の記録は私にとっては備忘録にもなるし、見返すと結構役に立ったりしますから。


ということで、これからはこちらの有料サーバーで立ち上げたブログで書いていきますのでよろしくです。

 

エレキギター情報サイト


このココログは、運営サイト更新情報の更新情報くらいかなぁ、寂しいですが@nifty(今はノジマが運営してるんだっけ??)がクソすぎるので仕方ないですね(T_T)。


このブログはこのまま残すので、もしかしたらまた戻ってくることもあるかもしれませんが、、、、否、ないな(^_^;)。

[サイト移転のお知らせ]ココログでの投稿を一時休止します

追記:
今後はテーマフリーの雑記ブログとして、思いついたことを書いていこうと思います(どこの馬の骨かもわからない奴の雑記ブログなど読みたくないと思いますのでブックマークされている方は(いるのか??)変更をお願いします)。

 



スポンサーリンク

2019/05/06

Pinterestをはじめました

ネット上の写真収集ツール??Pinterestをはじめました。

 
Pinterest001
 
https://www.pinterest.jp/tnetgr/boards/


 
まだ使い方が良くわかってないんだけど、大好きなギターの写真やギタリストのかっこいい写真を簡単に収集できるのでとても面白そう( ´◡` )。


 
ブラウザにPinterestボタンを追加すると、このように表示される写真にマウスを持っていくと [P 保存]マークが出るようになるので、簡単に画像収集が可能になります( ´◡` )。
 
ブラウザにPinterestボタンを追加
  
ネットで拾ったかっこいい写真はツイッターなどにもシェア出来ますよ、これは素晴らしい👍

 
かっこいい写真はツイッターなどにもシェア出来ます


こちらからどうぞ

ピンタレスト: Pinterest



スポンサーリンク

2019/04/04

ブースターペダルを5つのジャンルに分けてみた

おすすめのブースターを紹介しているページを整理し、3つのジャンルに分けてみました。
 
一部を紹介すると、

1. 初心者にもおすすめの定番ブースター
初心者にもおすすめの定番ブースター
  • MXR MICRO AMP
    ブースター/プリアンプの定番。艷やかな音になるブースター。
  • TC ELECTRONIC Spark Booster
    2つのトーンコントロールとゲイン、レベルを搭載し、幅広いサウンドメイクが出来るスパーク・ブースター。Clean、Fat、Midのトーン・スイッチャー搭載。
  • XOTIC RC BOOSTER
    エフェクトオフ時は音質劣化のないトゥルーバイパス仕様。2バンドEQ搭載で音作りブーストレベルは最大20dB。 

2. エコープレックスなど人気のテープエコー系ブースター
エコープレックスなど人気のテープエコー系ブースター
  • JIM DUNLOP Echoplex Preamp
    Maestro(マエストロ)エコープレックスEP-3のプリアンプ(バッファ)部分を独立させたエフェクター。
  • MXR M293 Booster Mini
    Echoplex Preamp の唯一の欠点であったBoost幅+11dBを、MXRのテクノロジーにより+25dBまでアップしさらにトーンコントロールを追加することで幅広いジャンルに対応。
  • XOTIC EP BOOSTER
    エコープレックス系ブースターといえばこれ。

3. たくさんエフェクタを繋ぐ方にオススメのバッファー機能のついたブースター
たくさんエフェクタを繋ぐ方にオススメのバッファー機能のついたブースター
  • XOTIC Super Clean Buffer
    最大+12dBのクリーンブースター機能を持つバッファーペダル。
  • PROVIDENCE VITALIZER
    Providence製品のスイッチャーやチューナーなどにも搭載されるバッファーと、最大20dBのブースターの2in1ペダル。
 
などなど
 
詳しくはこちらへ


スポンサーリンク

ファズを5つのジャンルに分けてみた

おすすめのファズを紹介しているページを整理し、5つのジャンルに分けてみました。
 
一部を紹介すると、

1. 初心者にもおすすめの定番ファズ
Fuzzde
  • DANELECTRO DJ-13 French Toast
    ON/OFF可能なアップ・オクターブをプラスしたファズ。しかも低価格
  • TC ELECTRONIC Rusty Fuzz
    Fuzz Faceにインスパイアされて開発されたファズ。こちらも安い。
  • CARL MARTIN Purple Moon
    ファズと2系統のビブラートが1つになった、ジミ・ヘンドリックス・ライクなペダル。

2. ジミ・ヘンドリックスでおなじみのファズフェイス系
Fuzzfface
  • JIM DUNLOP Fuzz Face
    ジミ・ヘンドリックスといえばこれ。ミニサイズのファズフェイスが発売されました。
  • MXR Classic 108 Fuzz
    シリコントランジスタを使用したファズフェイス系ファズ

3. カルロス・サンタナやデイヴ・ギルモアでおなじみのビッグマフ系
Fuzzeh
  • ELECTRO-HARMONIX BIG MUFF
    定番のビッグマフ。
  • JHS Pedals Muffuletta
    クラシックBig Muffの5つのバージョンの回路と、新しくJHSオリジナルバージョンを加えた6モデルを搭載。

4. ジェフ・ベック、ジミー・ペイジ、ビートルズも愛用したトーンベンダー系
Fuzzsbender
  • FULLTONE SOUL BENDER
    Sola-Soundによって製作されたColorsound及びVoxブランドのToneBender IIIをベースに開発
  • Manlay Sound Bender
    Tone Bender MK1、Tone Bender MK1.5、Tone Bender MK2、Tone Bender MK3のレプリカが4機種。

5. リッチー・ブラックモア、ブライアン・メイ、トニー・アイオミらが愛用した
トレブルブースター系
Fuzzbsm
  • BSM HS:
    リッチー・ブラックモアも愛用した、英国のホーンビー・スキューズの回路を再現したトレブルブースター。
  • BSM RM
    1965年から1969年まで製作されていた英国ダラス・レンジ・マスターをオリジナルに忠実に再現したトレブルブースター・ペダル(ファズ)。
 
などなど

 
詳しくはこちらへ


スポンサーリンク

ディストーションを3つのジャンルに分けてみた

おすすめのディストーションを紹介しているページを整理し、大きく3つのジャンルに分けてみました。
  
一部を紹介すると、

1. 初心者にもおすすめの 定番ディストーション
初心者にもおすすめの 定番ディストーション
  • MXR DISTORTION+
    荒い歪みが特徴のディストーション+
  • BOSS DS-1
    80年代ロックな音を味わいたいならこれ。
  • PROCO RAT2
    ファズにも似た、図太く荒々しい歪みが特徴。

2. ロックなサウンドには欠かせない マーシャル系ディストーション
ロックなサウンドには欠かせない マーシャル系ディストーション
  • MARSHALL ( マーシャル )/ GV-2 THE GUVNOR PLUS
    オリジナル・ガバナーに強力になったゲインコントロールと、図太いサウンドを生み出すディープ・コントロールをプラス
  • MARSHALL JH-1 THE JACKHAMMER
    マーシャルJCM800のようなクランチ(O/D)と、JCM2000のようなハイゲインディストーション(DIST)の2モードを搭載
  • MAD PROFESSOR 1
    エディー・ヴァン・ヘイレンの通称“ブラウンサウンド”をクリーンアンプで作るためのディストーション。

3. さらにハイゲインな メタル系ディストーション
さらにハイゲインな メタル系ディストーション
  • BOSS MT-2
    メタル系エフェクターの定番。デュアル・ゲイン回路の搭載でクリーンなアンプからでも激しく歪むメタル・ゾーン。
  • MXR Fullbore Metal
    メタルのために生まれたミッドの効いたウルトラハイゲインのディストーション。
  • TC ELECTRONIC EYEMASTER METAL DISTORTION
    2ノブのシンプルなディストーションながら、アグレッシブなデスメタルトーンを出力。
 
などなど


 
詳しくはこちらへ


スポンサーリンク

オーバードライブを5つのジャンルに分けてみた

おすすめのオーバードライブを紹介しているページを整理し、5つのジャンルに分けてみました。
 

一部を紹介すると、


1. 初心者にもおすすめの 定番オーバードライブ
初心者にもおすすめの 定番オーバードライブ 
  • BOSS SD-1
    オーバー・ドライブ/ ゲイン・ブースターの定番、SD-1 スーパーオーバードライブ。
  • BOSS BD-2
    キラキラしたクリーン~クランチサウンドはもちろん激しいオーバードライブにも対応。
  • XOTIC AC BOOSTER
    シングルコイルでもまるでハムバッカーを搭載しているかのような、ツヤツヤで太いサウンドを出すことが出来るオーバードライブ。

2. Ibanezの人気機種 チューブスクリーマー系オーバードライブ
Ibanezの人気機種 チューブスクリーマー系オーバードライブ 
  • IBANEZ NTS NU TUBESCREAMER
    新しい真空管Nutube搭載のチューブスクリーマー。
  • IBANEZ TS808
    初代TUBE SCREAMERを復刻。
  • IBANEZ TS9
    スティーヴィー・レイ・ヴォーンをはじめとする多くのギタリストに愛用されるオーバードライブ。

3. ロックなサウンドで人気の マーシャル系オーバードライブ
ロックなサウンドで人気の マーシャル系オーバードライブ 
  • MARSAHLL BB-2
    古き良きロック~ブルースに最適なトーンからモダンなロックまで
  • BOGNER Ecstasy Blue
    ヴィンテージマーシャル(Plexi)サウンドからさらにハードなサウンドまで。
  • CARL MARTIN PLEXITONE
    Carl Martinのロングセラーモデル。マーシャル系サウンドで人気。

4. オーバードライブの最高峰 ケンタウロス系オーバードライブ
オーバードライブの最高峰 ケンタウロス系オーバードライブ 
  • KLON KTR
    オリジナル製作者 Bill Finnegan/ ビル・フィネガン 氏が新たに制作したCENTAURの後継
  • ARC EFFECTS KLONE V3
    Klon Centaurのサウンドを完全に再現しつつ、コンパクトにしたペダル。


5. アンプライクな歪みで人気の トランスペアレント系オーバードライブ
アンプライクな歪みで人気の トランスペアレント系オーバードライブ 
  • PAUL COCHRANE Timmy
    透明感のあるトランスペアレント系オーバードライブの元祖。
  • ELECTRO-HARMONIX Crayon
    ミッド帯域に特徴のある 数多のペダルと一線を画した、アンプライクな幅広い音作りを実現。
などなど。
 

 
詳しくはこちらへ


スポンサーリンク

2019/01/21

フェンダーアンプ系オーバードライブエフェクター

マーシャルアンプの音が出るというエフェクターは結構あるけど、フェンダー系サウンドのペダルってあまりないよね??

 

 

と思っていましたが結構あるのね(^_^)。

 

 

フェンダーアンプの音が出る歪みエフェクター


 

フェンダーの音って基本はクリーンだからスルーされがちだけど、一般的なアンプのクリーンとは違って艷やかでキラキラしたちょっと癖のあるサウンドがとても良いんですよね。



 

私も昔はマーシャル系サウンドが好きでしたが、今はフェンダー系のクリーン~クランチの音が大好きです。



 

アイバニーズのチューブスクリーマーとの相性も良くて、一緒に使うとそこはもう極楽浄土(^_^)。




 
動画を見てみて特に良かったのは、CATALINBREAD のFormula 5F6と、Formula No.55。

 

Formula 5F6Formula No.55


 

Formula 5F6はFender Tweed Bassman系のサウンドでFormula No.55はFENDER Tweed Deluxe系サウンド。


 

あとは私も持ってるJERSEY GIRLのFulltender。

 

Fulltender

 

これはフェンダー系アンプとチューブスクリーマーをミックスしたような音ですよね。

 




 
その他JHS Pedalsも良いし、MAD PROFESSORのBig Tweedy Drive、Little Tweedy Driveも晴らしいし、以前ここで紹介したWAMPLER PEDALSのTweed ’57もすごいぞ!

 




 
詳しくはこちらから:
  フェンダーアンプの音が出る歪みエフェクター2019年中に50台の限定モデルをハンドメイドで製造し、ペイジのサイン付きで限定販売する予定。また2019年後半には、このアンプの標準モデルも販売される予定です。



スポンサーリンク

2018/11/24

サウンドハウスさん発送はやっ!

昨夜(勤労感謝の日/祝日)にサウンドハウスさんで注文したギターパーツ、今朝7時半に発送完了のメール😮

 

 

 

 
サウンドハウスさんの倉庫、何時から稼働してるの?すごいな😊

 

 

 

 
追記:
ってかもう来た(°д°;;)
 

Sh20181124_161723



はやっ!

 

 

👉サウンドハウス

スポンサーリンク

2018/04/26

メインサイトのSSL化終了

メインサイトのSSL化がやっと終わりました_| ̄|○ 疲れたー。


 

SSLとは一昔前はクレジットカードを扱うサイトなどがやるもので、単なる個人ブログに必要あるのかは疑問でしたが、Google先生がそうしろというので、そういたしました。


 

こんな感じでサイトに鍵マークが付きましたヾ(๑^∇^๑)ノ

 

1147


 

ついでにサイトを開設した1999年だったかな?以来、ホームページビルダーで作っていたサイトもWordPressに変更(^^)。



サーバーは借りていたのですが、そこにWordPressをインストールしてただひたすらコピペの作業_| ̄|○



 

使ってみるとWordPressは楽でいいですね。ユーザー数も多いから、分からないことがあってもググればすぐに答えが見つかるし。


 

このブログは無料ブログで、SSL化もされていないし、スマホで見るとわけの分からんココログサイトのリンクが入るし、@homepageのように、またいつ閉鎖されるかもわからないので(-_-)、その時になって慌てないように徐々にシフトして行こうかしら?

 

エレキギター改造ネット



スポンサーリンク

2017/08/17

久しぶりに弾いてみたCrews Maniac Sound Bottom's UPの紹介ページを作ってみました

しばらく使っていなかったCrews Maniac Soundのストラトキャスターモデル Bottom's UPが実家にあったので持ってきた(^^)。

 

Crews Maniac Soundのストラトキャスターモデル Bottom's UP

 

 

 

ホコリまみれで金属部はくすんでいたのだけど、金属磨きの定番ピカールできれいに掃除。


 

P1020993

 

 

 
 

P1020994

 

ボディなどもクロスに水拭きで、きれいになったぞ(^^)。 

 

 
サーキットは、3シングルコイルに、ターボブレンダーを搭載していて、シングルコイルなのにぶっとい音が出せて久しぶりに弾いてみたけど感動です。


 

ギターやエフェクターなど、そのときは気に入らなくても、好みが変わって突然良くなることもあるから、弾かないからと、ヤフオクなんかで簡単に処分しないほうが良いですね。 

 

好みといえば、ストラトキャスターのボリューム位置。

 
 

ストラトキャスターのボリュームの位置が邪魔で、手持ちのストラトキャスターのほとんどはこんな感じで位置を変えちゃいましたが、

 

Noise_p1010048

 

Noise_p1010067

 

Noise_p1010072

 

 

 

久しぶりに弾いてみると、意外と邪魔じゃなかったりする


 

変えないほうが良かったかな?なんて思う今日このごろ(^^ゞ。

 
 

ストラトキャスターのピックガードは簡単に交換できるので良いですけど。


 

 

ということで、久しぶりに弾いてみたCrews Maniac Sound Bottom's UPの紹介ページを作ってみました。

 

よろしければどうぞ。

 

 

SSHから3Sに変更したCrewsのストラトキャスター Bottom's UP

スポンサーリンク

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

サイト内検索

お気に入りに追加

メール

スポンサーリンク