2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

お気に入りに追加

サイト内検索

今週のオススメ

AD Link

メール

(楽器)ギター/調整

2016/10/07

レスポールのエスカッション交換

レスポールのエスカッションが割れちゃったので交換しました。

レスポールのエスカッション交換01

レスポールのエスカッション交換02

レスポールのエスカッション交換03

 
レスポールはボディーにRが付いてるので、底がフラットなものだと暫くすると割れちゃうんですよね、といってもこれでも4年持ったかな??


 
ちなみにヴィンテージやヒスコレのレスポールのリアのエスカッションは背の高いものがついているので、もしお使いのレスポールが低いものなら高いものに交換するとカッコいいですよ(私感ですけど)。


 
詳しくは:
ボディー周りの改造 - レスポールをとことんいじる | ギター改造ネット


 
レスポールのエスカッション交換04 
交換中に、PUのスプリングが飛んで失くなってしまうというアクシデントもありましたが、無事終了(^^)。



 
今度は割れないように、こんな感じで少しずつ慣らしていくと多少は違いますかね??
 
レスポールのエスカッション交換05
 
レスポールのエスカッション交換06

 
エスカッション(マウントリング)は消耗品と割り切ってますけど。



 
エスカッション(マウントリング)一覧
PUエスカッション
PUエスカッション【サウンドハウス】
PUエスカッション【イシバシ楽器】】




 
関連リンク

レスポールをとことんいじる (改造)
PUカバ / ピックガード

2016/09/24

Crews SEC(ストラトキャスター)にも Raw Vintageのサドル、スプリングを装着してみた

Crews SEC(ストラトキャスター)にも Raw Vintageのサドル、スプリングを装着してみました。

Crews SEC(ストラトキャスター)にも Raw Vintageのサドル、スプリングを装着してみた

Crews SEC(ストラトキャスター)にも Raw Vintageのサドル、スプリングを装着してみた

 

最近はメインの座から外れていたこのクルーズのストラトキャスターですが、メインに昇格の予感(^^)。


 

詳しくは
Raw Vintageのサドル、トレモロスプリングを装着してみた - Crews SEC編(ストラトキャスター)


 

ギターのある部屋で洗濯物干したら湿気でネックが動いちゃいました。気をつけましょう(^^ゞ


 

関連リンク
ストラトキャスターをとことんいじる
Crews のストラトキャスター とパワーアップ・パーツ

2016/09/21

RAW VINTAGEのトレモロスプリング RVTS-1を付けてみた

前から気になっていた、RAW VINTAGEのトレモロスプリング RVTS-1をフェンダージャパンのストラトキャスターST62に付けてみましたよ(^^)。

P1020346

 

固く平坦だったサウンドがふくよかになりました。他のストラトにも試しに付けてみたら、全部良い音になっちゃいました(^^)。 

これは台数分買うしかないよねhappy01



 

詳しくは:
ST62のトレモロスプリング交換 RAW VINTAGE RVTS-1



 

関連リンク
ストラトキャスターをとことんいじる

2016/08/29

ストラトモデルのトレモロ調整 フローティング/スプリング交換

音が固くて気になっていた、MUSICMAN Silhouette Special のトレモロを調整してみました。トレモロの調整は、チューニングの狂いだけでなく、音質の調整も出来るんですよ。

 

まずは3本のスプリングのうち1本をESPのトレモロトーン・スプリングに。

ストラトモデルのトレモロ調整 フローティング/スプリング交換

真ん中の黒っぽいやつがESPのトレモロトーン・スプリングです。これは非常に柔らかいスプリングで、装着するとギターがしっとりとした上品な響きになります。


 

今回は音質補正用に1本だけ交換。


 

さらに、今までノンフローティングだったトレモロをフローティングにしてみました。

今までノンフローティングだったトレモロをフローティングにしてみました

3弦5フレットで1音アップ出来るように調整。 これまでは、高域がキツく暴れ馬的なサウンドだったのが、落ち着いた音になり他のストラトから持ち替えても違和感のない音になりました。


 

ストラトはこれだから面白い!ってストラトではないですけどね(^_^;)。




 

ESPトレモロトーン・スプリング
ESP TREMOLO TONE SPRINGS【サウンドハウス】
ESP TREMOLO TONE SPRINGS【イシバシ楽器】





 
関連リンク

ストラトキャスター用ブリッジ
簡単なエレキギターの調整
 

2016/08/14

ミュージックマン・シルエットスペシャルのサドル交換

最近手に取ることの多い、ミュージックマン・シルエットスペシャルのサドル交換をやってみました。

 

ミュージックマン・シルエットスペシャルのサドル交換

というのも、このミュージックマン・シルエットスペシャルは他のギターに比べ、ややハイがキツイので、もう少し抑えられないものかと思った次第でして・・・。


 

フェンダージャパンのストラトについていたサドルが余っていたので交換してみました。

 
フェンダージャパンのストラトについていたサドル


 

詳しくは:
MUSICMAN Silhouette Special のサドル交換





 

2016/03/01

ギターのナット交換の動画

デジマートさんでこんな動画がUPされていました。


 

ナット交換方法〜How to Replace Your Guitar Nut【デジマート地下実験室・特別編】

https://www.youtube.com/watch?v=ozB4kVUKZFU&feature=youtu.be

 

私は本で勉強して、なんとなくやり始めましたが、動画のなんと分かりやすいこと(^^)。

 

ギターのリペアはリペアマン任せ・・・という方も多いと思いますが、微妙な調整は弾き手にしか分からない部分ですからね、ナット交換までしなくても、ネックの調整や、ナットの微妙な高さ調整などは出来たほうがよいと思いますよ。


 

もちろん自己責任になりますが。

 

参考
ストラトキャスター・ナット交換
ギター用工具
簡単なエレキギターの調整

 

2015/05/08

エポキシパテで、馬鹿になったネックジョイントのネジ山補修

色々いじっているフェルナンデスのストラトモデルですが、いじりすぎたせいでネックジョイントのネジ山が馬鹿になってしまいました(ネジを締めきってもくるくる回る状態)。

馬鹿になったネックジョイントのネジ山補修


ネックは普通に取り付けできるのものの、4本中2本がそうなので、ネックが左右に動きやすく、チューニングも狂うし、こんな状態では弦落ちも発生(^_^;)。


ネックが左右に動きやすくなってしまうため、チューニングも狂うし、こんな状態では弦落ちも発生


ネジ山の補修というと、一度ネジ穴以上の大きな穴を置けて、丸棒で穴埋めし、再度穴開けという手順を踏むのですが、自分でやるにはリスクが大きい。



なので、ホームセンターで木工用のエポキシパテを購入し、それで穴埋めしてみました。


木工用のエポキシパテでネックのネジ穴補修



木工用のエポキシパテを購入し、それで穴埋めしてみました

ネジ穴にパテを詰めて、乾燥後、下穴を開けて取り付け。


ネジ穴にパテを詰めて、乾燥後、下穴を開けて取り付け

応急処置的作業ですが、ネジも空転しませんし、ネックも動かなくなりましたので問題ないでしょう(^^)。



これで様子見たいと思います。



ピックガードやストラップピンの穴がバカになってなった時にも使えそうです。



エポキシパテ

_/_/ギ ター・ブログ・ランキング_/_/_/

2015/05/06

トレモロスプリングの数と音の関係

Ernie Ball Musicman Silhouette Special を久しぶりに弾いています。


Ernie Ball Musicman Silhouette Special を久しぶりに弾いています


ここのところSGやフェルナンデスのストラトモデルばかり弾いていましたが、小ぶりなボディーとSSH配列のPUはやはり便利



特に80sのメタルを弾くにはね(^^)。



で、暇だったのでトレモロをフローティングからダウンオンリーのセッティングにして、トレモロスプリングの本数を替えて音の違いを調べてみた。

トレモロをフローティングからダウンオンリーのセッティングに



3本から、2本のハの字掛けにしてみると、


トレモロスプリングの本数を替えて音の違いを調べてみた

スプリングの音が減り、よりソリッドな感じになりました。 最近、SGを弾いているせいで、ストラトのスプリングの音がうざく感じていたのでこれは良いぞ(^^)。



スプリングを減らすと、トレモロのアクションが柔らかくなるので、特にフローティングさせていると、強く弾いた時にクリケットしてしまうのですが、ダウンオンリーなのでその心配はありません。


*クリケットとは、音を鳴らした直後にトレモロバーやボディーを叩くことでトレモロを細かく振動させ、音を揺らす奏法をクリケット奏法というのですが、強くピッキングすることでも同じような現象が起こるため、ピッキングの強い人にはこのようなセッティングは不向きかもしれません。



音が気に入ったので、他のストラトも3本から、2本に変えてみると・・・。


ストラトのスプリングを3本から2本に


ストラトのスプリングを3本から2本に変更


やはり余計なスプリングの音が減り、良くなった(^^)。 これらのストラトは、フローティングさせているのですが、6点止めのシンクロナイズド・トレモロは2点支持のトレモロと比べクリケットしにくいので特に問題なさそうです。



ストラトは奥が深いですな~。

バネを減らすと、トレモロのスプリングアンカーの調整が必要になりますので、分からない方は以下を参考にして下さい


関連リンク
ストラトのトレモロ調整




Ernie Ball Musicman Silhouette Special




_/_/ギ ター・ブログ・ランキング_/_/_/

2015/04/20

ストラトのノイズ対策 導電塗料+アルミシールド

先日交換したストラトのピックガードですが、交換してから静電気のようなノイズが乗るようになってしまいました(^_^;)。


ピックガードの材質が悪いのでしょうか??
Fernandes ST-503


そこでいろいろ調べたところ、ピックガード裏全面にシールド処理をしてキャビティーに導電塗料(ドータイト)を塗ると良いとのことでやってみた。


ピックガードにシールド処理をしてキャビティーに導電塗料(ドータイト)を塗ると良いとのこと


結果、ノイズは消えたのですがやはりハイ落ちの症状が・・・。


これでも良かったのですが、納得するには音が変わりすぎ・・・という感じだったので、ボディーにネジ止めしたアース線を外してみたところ、ノイズ防止効果は劣りますが、ハイ落ちしないことが判明(^^)。


ボディーにネジ止めしたアース線を外してみたところ、効果は劣りますが、ハイ落ちしないことが判明
アース線を外してビニールテープで絶縁


気になっていた静電気のようなタッチノイズも消えて結果オーライ!


ピックガードのアルミシールドだけでは効果がなく、導電塗料+アースでは効きすぎるのでアース線を外してみたら意外によかったというお話です。

ギターはよくわからん(^_^;)


詳細はこちら
ストラトのノイズ対策とハイ落ちの検証






_/_/ギ ター・ブログ・ランキング_/_/_/

2015/04/15

オーダーしたストラトのピックガードが完成

ストラトのボリュームが邪魔で、1ボリューム、1トーンにして、PUセレクターを後方に移動したフェルナンデスのストラトモデル。

ストラトの邪魔なボリュームとセレクターを後方に移動


弾きやすさは完璧になったのだけど、これじゃカッコ悪いよね~ということで、ピックガードをオーダー。



ストラトでこのレイアウトは邪道なんだけど、このボリュームの位置と、セレクターの位置ではどうやっても上手く弾けない(^_^;)。 ストラト使いのエディー・ヴァン・ヘイレンだって、ジェイク・E・リーだって、ジョー・ホームズだって、高中正義だってボリュームの位置(とセレクターの位置)はイジってるしね。



フェルナンデスのストラトは57年モデルなので、ピックガードは1プライの8点止めでオーダー。

フェルナンデスのストラトは57年モデルなので、ピックガードは1プライの8点止めでオーダー




と同時に、手持ちのストラト用にと計3枚のピックガードをオーダー。

計3枚のピックガードをオーダー


ピックガード・マウントのストラトキャスターはこういうこと出来るから良いよね~。

3台のストラトに装着してみた。

01_p1010048
フェルナンデスの57年モデル ST-503

01_p1010067
クルーズのクラプトン・モデルSEC(57年モデル)

01_p1010072
フェンダージャパンのST-62(60年代前半のモデル)


カッコ悪いかな?と思ったのですが、意外と違和感無いですね。セレクターも移動したのがデザイン的に良かったのかもしれない(^^)v


詳細ページ作りました;
ストラトキャスターを1Vol、1Toneにして組んでみた



_/_/ギ ター・ブログ・ランキング_/_/_/

より以前の記事一覧