パソコン・インターネット

2019/10/08

Googleのコアアップデートがあったらしいが検索結果がちょっと変だ

ブログをやっている方はご存知だと思いますが、9月末にGoogle検索のアップデートがありました。


Googleのコアアップデートがあったらしいが検索結果がちょっと変だ
Google のコア アップデートについてウェブマスターの皆様が知っておくべきこと

 

年に数回ある大きな”コアアップデート”と呼ばれるもので結構な順位変動があり、当サイトもかなり影響がありました。

 

順位の変わらないページ、ちょっと下がったページ、大幅に下がったページ、検索結果から消えたページ(ρ_;)などなど。

 

で、色々素人ながら分析しているのですが、Googleのコアアップデート以降、とにかくGoogleの検索結果がちょっと変なのです。

 

例えば私の好きなギターエフェクターにチューブスクリーマーというオーバードライブがあるのですが、そのチューブスクリーマーで検索をかけると当然チューブスクリーマーの記事が上位表示されますが、あまり関係ないような?こんなページも検索結果に現れます。

 


Tssearch01


Tssearch02


 

当サイトでもチューブスクリーマーに関する記事は書いていますが、古い古い、書いた本人も忘れてるような記事が出てきたり、本来上位表示して欲しいページが消えちゃったりしてます。😭

 

なんじゃこれ??

 

これが正常だとは思わないので、いずれは元に戻ると思いますがGoogleにしてはちょっとおかしいですね。

 

 

さらに言うとGoogleは2016年のWELQ問題以降、特に医療系の記事は個人ユーザーのサイトよりも、より信頼性のある医療関係(者)のページを上位表示する傾向が強くなりました。

 

それはごもっともなのですが、例えば私は漢方が好きで購入前によく評判を調べたりするのですが、Googleで調べると製薬会社のページか、●●医院とか○▼クリニックとかいうの全く面白くないページしか検索結果に表示されません。

 

それが、マイクロソフトの検索エンジンBingで検索をかけると個人のレビューページなどが結構上位表示されていて、こんど漢方の●●試してみようかな??という私にとってはBingのほうが有益だったりします。

 

もちろん癌に効く●●療法とかいう生命を左右するようなページは上位表示するべきではないと思いますが、ちょっと気を使い過ぎという感じもしますね(訴訟大国アメリカならではの防衛策??)。

 

 

検索エンジンに限らず何でも一強多弱は良くないです、何でもライバル同士競い合ってこそだと思うのですが、現在日本の検索エンジンはGoogleの一強状態(Yahooなども今はGoogleのエンジンを使っていますので検索結果はほぼ同じです)。

 

 

マイクロソフトの検索エンジンBingの国内シェアは確かわずか3パーセントほどだったと思います。最近ではDuckDuckGoなども頑張っていますが、、、。

 

私は現在Google検索をメインで使用していますが、このまま改善しないようなら検索エンジンの使い分けも必要ですね。最近はツイッターなどのSNSで検索することも多くなっています。

 

 

果たしてGoogleは以前のようになるのか?そのままなのか??は神(Google)のみぞ知るという感じです。



スポンサーリンク

2019/09/27

ギター関連のTwitterを開設しました

運営しているギター関連サイトのネタをつぶやくTwitterをオープンしました。

 

 

Twitterは私的な個人アカウントは持っていましたが、こうして専用のアカウントを持つのははじめてです。

 

もちろんこちらでは時事ネタや政治的なつぶやきは御法度で、ただひたすらサイト関連のネタや今聴きたい音楽などをつぶやきます。

 

ということでこちらから。

 

エレキギター情報TGR公式 @guitar_kaizou

 


運営サイト一覧

2019/09/11

無料のテーマLuxeritasを入れてから必要なくなったプラグインと必須のプラグイン

WordPressを使い始めるとテーマを何にするかが結構重要です。



はじめのうちはよくわからないと思いますが、デザイン性はもちろんのこと、テーマによっては使いにくかったり、例えば無料ブログ時代には使えていた「あの機能がない」とか、、、


しかしWordPressには便利なプラグインと言うものがありそれを組み合わせることで、WordPressの機能がどんどん向上していきます。



しかしプラグインはとても便利なのですが、テーマとの相性があったり、入れすぎると重くなるという弊害も。



特に表示に時間がかかると、現在はPCではなくモバイルで見る方も多いのですぐにサイトを離れてしまうということもあるらしいです。



そこで私が選んだのはWordPressの無料のテーマ Luxeritas (ルクセリタス)

 


Luxeritas (ルクセリタス)は無料であるにも関わらず、今までプラグインを入れなくてはならなかった機能がはじめからほぼ入っているので非常に便利。


ページの表示スピードも爆速と言ってよいレベル👍


無料なのに爆速!WordPressのテーマをLuxeritasに変更 



ということで、今回は無料のテーマLuxeritasを入れてから必要なくなったプラグインと必須のプラグインを紹介したいと思います。



特にWordPress初心者の方に、WordPressはこんな事ができるのか??とか、Luxeritas にはそんな機能がはじめから備わっているのか?というのを知っていただけたらと思います。



Luxeritas の機能でまかなえるので必要なくなったプラグイン

✅All In One SEO Pack:
SEOの必需品と言われる便利なプラグイン。サイトやページの内容をGoogleなどの検索エンジンに伝えるための機能が全て入った便利なブラグイン。しかし便利すぎる故にこのプラグインを入れると重くなるという弊害もあると言われていますが、Luxeritas にはAll In One SEO Packに代わる機能が入っているために外すことが出来ました。


✅AdSense Integration WP QUADS:
アドセンスなどの広告をページのどの部分に表示させるかを一括設定できるプラグイン。Luxeritas にはこのプラグイン以上の機能を持ったものが標準で搭載されていますので不要になりました。


✅Breadcrumb NavXT:
パンくずリストを作ってくれるプラグイン。パンくずリストとはこんなやつ。

パンくずリスト

ユーザーやGoogleなどの検索エンジンが迷わないために現在サイトのどの位置にいるのかを表示してくれるもので、WordPressの標準のテーマにはありませんが、Luxeritas にはあるので外すことが出来ました。

✅Lazy Load by WP Rocket:
ページ下部にある画像の読み込みを遅延させることで現在見ているページ上部の読み込みを早くするプラグイン。Luxeritas にも標準搭載されています。

✅PS Auto Sitemap:
htmlのサイトマップを作成するプラグイン。サイトマップとはサイトの構成を簡易的に伝えるページのこと。サイトマップは2種類あって、1つはGoogleなどの検索エンジンに伝えるXLM形式のもの。もう1つは訪れたユーザーに伝えるhtml形式のもの。Luxeritas にはhtml形式のサイトマップ作成機能があるのでこのプラグインは不要です。


✅WP Social Bookmarking Light:
ツイッターやフェイスブックなどSNSのシェアボタンを作ってくれるプラグイン。無料ブログにもあるのが当たり前の機能ですが、WordPressの標準のテーマにはありませんので入れる必要がありますが、Luxeritas には標準搭載されています。

Snsbutton

✅Yet Another Related Posts Plugin:
ページの内容から関連したページを一覧表示してくれるプラグイン。ページビューが増えるといわれている便利なプラグインですが、Luxeritas にも入っていますので不要です。

関連したページを一覧表示してくれるプラグイン

私はプラグインはそんなに入れる方ではないですが、テーマをLuxeritas に変更してこれだけのプラグインを外すことが出来ました。



Luxeritas を使っていても必須のプラグイン
Luxeritasはとても便利なテーマですが、それでも必要なプラグインがありますのでそれを紹介します。


✅Broken Link Checker:
定期的にリンク先のチェックを行いリンク切れがあれば通知してくれるプラグイン。これがあるからWordPressを使っていると言っても良いほど便利なプラグイン。


✅Better Search Replace:
WordPress内の文字を一括で検索/置換してくれる便利なプラグイン。こちらもサイト運営には必須です。作業前には必ずバックアップを取ってから。


✅Search Regex:
こちらも優秀な検索/置換してくれる便利なプラグインですが、ページ数が多いと何故か処理を放棄しやがるのでBetter Search Replaceと併用。しかしとても便利です。

✅Compress JPEG & PNG images:
画像を圧縮してくれる定番のプラグイン。サイトの表示スピードUPには欠かせないプラグイン。


✅Google XML Sitemaps:
All In One SEOで作成していたXML形式のサイトマップ(Googleなどのロボットが見るサイトマップ)ですが、All In One SEOを使わなくなったのでこちらで作成。


✅WordPress Popular Posts:
人気記事を一覧表示してくれる便利なプラグイン。ただし画像を表示させると重くなるのでテキスト表示のみを推奨。

Ninkikiji

以上、Luxeritas を入れていても必須のプラグインの紹介でした。



Luxeritas が優秀というよりも、WordPressってこんなに便利なことが出来るのか??というのが少しは伝わったでしょうか??


ちなみに現在私のメインサイトはロリポップ! にWordPressをインストールして使用しています。


契約しているのはスタンダートプランで、ロリポップはスタンダートプラン以上に電話サポートが付くのでおすすめです。私もさほど詳しいわけではないので電話サポートに何度救われたことか。


ロリポップにハイスピードプランが新設
間もなくスタンダードの上にハイスピードプランというのが新設されるそうです。スタンダードは月額500円で、ハイスピードは月額1000円と倍になるのですが、今までのエンタープライズの月額2000円よりは安いし速くなるというのなら検討します( ´◡` )。

 
ヘビーユーザーさんのレビュー待ちという感じですかね。

 

ロリポップ!からハイスピードプランが登場!|ロリポップ!レンタルサーバー
ご利用料金 - レンタルサーバーならロリポップ!

ロリポップ!なら大人気のWordpressも簡単インストール!
あなたもWordPressでブログデビューしちゃおう!!

 

2019/09/05

.htaccessによるリダイレクト

運営サイトのアクセス解析を見ていたら



”https://現状のサイト.com/▼▼.html”
ページが見つかりませんでした



というのがありました。これは以前もっていたページですが、サイトの整理をしたときに別のサイトにまるごと移動したもの。

 

当時はたいしてアクセスされるページでもなかったので404エラーが出るけど「ま、いっか」という感じだったのですが、まさかいまだにアクセスされるなんて、、、、

 

そのまま放っておいてもよいのですが、、、というか放っておいたのですが、気持ち悪いので.htaccessによる修正を行うことに。

45468df8394bbbff2d71affd7619811c_s

.htaccessとは

.htaccessとは、 Webサーバーをディレクトリ単位で制御するためのファイルで、 リダイレクトやBASIC認証、404エラーページの作成を行えます。 Apache (アパッチ) などのソフトウェアが使用されている環境で、 使用が可能です。

htaccessとは _ SEO用語集:意味_解説_SEO効果など [SEO HACKS]

 

で、その.htaccessファイルに以下のように記述。


Redirect permanent /▼▼.html https://新しいサイト.com/■■.html


 

同じ内容のページがない場合でも404でエラーで放置するくらいなら内容の似た関連へジャンプさせるのでももちろんOK。



無事飛ばすことが出来ました( ´◡` )。

 

同じく、アクセス解析を見ていたら大昔のhtmで作ったアドレスで未だにアクセスされていることもわかった。

 

htmとはまだ拡張子が3文字だった時代の名残りのurlで、私はわけが分からなくてホームページビルダーでhtmとかhtmlとかごちゃまぜでサイトを作っていたのですね(^^ゞ。

 

それをhtmlに変えてアップロードしてそのまま放ったらかしでした(^^ゞ。

 

こちらも以下のように記述して解決。


Redirect permanent /〇〇.htm https://現状のサイト.com/〇〇.html



無事成功!

 

最近はWordPressなどhtmlすら使わなくなっているんですけどね。

 

これからはもっと真面目にサイト管理やりますp(^^)q

5ad3b617bcb094e9420202918dd26e5a_s


▶写真素材は「写真AC(無料)」を使ってます



スポンサーリンク

2019/09/03

Google AdSenseの広告を見直してみた

WordPressのテーマを純正からLuxeritasに変えていろいろ勉強し直しています。


特にGoogle Adsense。



いままでは適当にレスポンシブ広告を貼っているだけでしたが、インフィード広告とか関連コンテンツユニット広告とか
いうのもあるんですね。

 

レスポンシブ広告とはPCやスマホなど見る機器によって広告の大きさが自動で変わる広告のこと。


PC表示:
Ochyouji

 
mobile表示:
Mobilehyoujijpg


 
で、インフィード広告/関連コンテンツ ユニットというのはコンテンツとコンテンツの間に表示される広告のことで、例えばこんなやつ。

 

Sankeiinfeed
*産経新聞のサイト(トップページ)から引用 "Sponsored" "Shopping"と書かれたものが広告です


サイトのコンテンツ(メニュー/目次)と同じような形で表示される広告ですね。これは広告っぽく見えないのでレイアウトがスッキリして見た目も良いですよね( ´◡` )。



ただサイトの閲覧者の中には”だまされた”と感じる方も多いようで、使いすぎは厳禁かもです。



ということで、お手持ちのホームページやブログにも広告を貼ってみたいという方はGoogle Adsense(グーグルアドセンス)。



専用のタグを貼るだけでアクセスしたユーザーに最適な広告が表示されるのでおすすめです。


Google AdSense



私のサイトも広告を色々見直しました。もちろんアクセス数が少ないので多くは期待できませんが、ホームページやブログの運営費の足しにはなるかなと思いますp(^^)q。

2019/09/02

あったら良いなという機能が備わっている!WordPressの無料テーマLuxeritas が素晴らしすぎる!

このブログ以外のサイトはWordPressというCMS(コンテンツマネージメントシステム)を使って作っているのですが、そのなかで、先月辺りから使い始めたWordPressの無料テーマLuxeritas が素晴らしすぎです!
 

あったら良いなという機能が備わっている!WordPressの無料テーマLuxeritas が素晴らしすぎる!

以前はWordPressの標準のテーマを使用していたのですが、サイトの表示スピードが遅く/重く、なにか良いものはないかと探して見つけたのがLuxeritas という無料なのに爆速なテーマ。

 

無料なのに爆速!WordPressのテーマをLuxeritasに変更

 

テーマとは、WordPressの見た目や機能をクリック1つで着せ替え出来るテンプレートで、このテーマを何にするかによって見た目はもちろんサイトスピードなどの重要なものが変わってきます。

 

Luxeritasのすごいところ

  • スピードが速い
  • カスタマイズ性に優れている

 

スピードに関しては簡単なところではPageSpeed Insightsというサイトでurlを打ち込んでテストしてみる分かりますが、Luxeritas は爆速です!

*ユーチューブなどの動画を埋め込んでいるページはLuxeritas でもかなり重くなります。また一部画像圧縮作業の遅れているページも有りまして、そのサイトはやや遅め(といっても以前のテーマと比べたら爆速)です。

*画像圧縮にはCompress JPEG & PNG imagesというプラグインを使用しています。



以前使用していたWordPress純正のテーマTwenty Fourteenはデザインは好きでしたがとにかく遅かった。PageSpeed InsightsではPCが良くて70点台、モバイルは30~40点台。



Luxeritas のさらに優れた点は、カスタマイズ性に優れているところ。WordPressにはプラグインと言って、WordPressの機能向上のためのパーツがたくさん出ているのですが、それらを使うともちろん便利なのですが、使いすぎるとサイトスピードがどんどん下がって行くと言われています。

 

しかしLuxeritasにはそのようなプラグインにかわる必要最低限の機能が備わっているので、余計なものを入れなくて済みます。

 

簡単なところではSNSのボタンを設置するとか、、、、この程度ものでもWordPress標準のテーマには搭載されていないのでプラグインで入れる必要があるのです(あ、このココログにもないけどなー(^_^;))。
 
Snsbutton

それ以外でもたとえばSEOといって、Googleなどの検索エンジンにページのイメージを伝える作業であるとか、GoogleAdsenseという広告をどの位置にどれだけ貼るだとかいう作業(このブログではこのように手動で貼らなくてはならないもの)などがすべて自動化出来ます。

 



スポンサーリンク

 

*当サイトは広告による収入で運営しています。

アフィリエイトをはじめよう 

 


というように、今まで有料のテーマでしか考えられなかった機能がこのLuxeritas には備わっているのです。


これが無料で使えるんだからありがたいですよね、こんなの使っちゃったらこのココログは面倒くさすぎて止めたくなりますよw


誰かにホームページ作って!と言われたら間違いなくLuxeritas のテーマで作りますね、まぁほぼLuxeritas しか知らないんですけどね(^^ゞ。


あとはデザインをどうするかですね。見る人が見たらLuxeritas で作ってるのバレバレですから(^^ゞ。


でもこのシンプルなのも嫌いではないです。


WordPressのテーマで迷ってる方がいまししたら、Luxeritasはおすすめですよ!

 

Luxeritas Theme SEO最適化、レスポンシブ、高カスタマイズ性、とにかく速い、無料の WordPress テーマ

 


 

2019年9月より、ここは雑記ブログとして再スタートしています。


今までのギター関連のブログはこちらへ。

エレキギター情報

2019/08/31

”エレキギター情報”というサイト名

このブログの移転先の”エレキギター情報”というサイト名だけど、何故こんな中途半端なヘンテコな名前なのかというと、単なる無知から、、、。


もともとは違う名前だったのだけど、現在”エレキギター情報”というサイトの配下には、


https://tgr-guitar.com

  • https://tgr-guitar.com/hizumikei/
  • https://tgr-guitar.com/tube/
  • https://tgr-guitar.com/effector/

というサブディレクトリの3つのサイトがあって、同じギター関連のサイトなのでまだ良いのですが、それぞれ歪みエフェクター図鑑、チューブアンプ図鑑、エフェクター大全集というサイト名で運用しているのですが、Googleなどの検索で表示すると、ルートドメインの”エレキギター情報”という名前が入ってしまうということが分かりました。

 

Kensakukekka_20190831222001
 
なのでこのサイトの名前をあまりヘンテコな、3つのサイトと関係ないサイト名にしてしまうのも良くない気がしてとりあえず付けたのが”エレキギター情報”というサイト名😅


3つのサイトに独自ドメイン与えてurlを変えちゃうという方法もあるのですが、そこまでアクセス数の多いサイトでもないですからね。

*サイトのurlを変更してもhtaccess リダイレクトという方法を使えば自動で新サイトへ飛ばせるので問題ないのですが、独自ドメインもお金かかりますからね。



なんか良い名前、、、というか良い方法ないだろうか???




今日で8月も終わりですね。。。。9月以降もこんな感じの雑記ブログになります。



ギター関連のブログはこちらから:
エレキギター情報

スポンサーリンク

2018/04/26

メインサイトのSSL化終了

メインサイトのSSL化がやっと終わりました_| ̄|○ 疲れたー。


 

SSLとは一昔前はクレジットカードを扱うサイトなどがやるもので、単なる個人ブログに必要あるのかは疑問でしたが、Google先生がそうしろというので、そういたしました。


 

こんな感じでサイトに鍵マークが付きましたヾ(๑^∇^๑)ノ

 

1147


 

ついでにサイトを開設した1999年だったかな?以来、ホームページビルダーで作っていたサイトもWordPressに変更(^^)。



サーバーは借りていたのですが、そこにWordPressをインストールしてただひたすらコピペの作業_| ̄|○



 

使ってみるとWordPressは楽でいいですね。ユーザー数も多いから、分からないことがあってもググればすぐに答えが見つかるし。


 

このブログは無料ブログで、SSL化もされていないし、スマホで見るとわけの分からんココログサイトのリンクが入るし、@homepageのように、またいつ閉鎖されるかもわからないので(-_-)、その時になって慌てないように徐々にシフトして行こうかしら?

 

エレキギター改造ネット



スポンサーリンク

2016/03/03

Myサイト( https://guitar-kaizou.net/ )のHP移行作業 その3

@niftyの@homopage終了に伴う、我がサイト( https://guitar-kaizou.net/ )の移行作業ですが、なんとか順調のようです。

 

 

 

旧サイトのアクセス数
旧サイトのアクセス数

 

 

 

 

 

新サイトのアクセス数

 

新サイトのアクセス数

 

 

 

15年も使ってるサイトなので旧サイトの減りようはとても寂しいな

 

新サイトは順調ながらアクセス数はかなり減ってしまっています。復活するのはいつかな?

 

 


 

今現在は同じ内容のものが2つある状態(ミラーサイト?)なのだけど、新しいサイトを立ち上げてまだ一週間くらいかな?カノニカル・タグの効果ってすごいんですね。

 

 

 

 

 ↓

 

関連
新サイトへの移行は順調???HP移行作業 その2
ホームページ移転のお知らせ。HP移行作業 その1



 

アクセス解析はこちらを使っています。高性能なのに無料です。ブログにも使えますよ。

 

 

アクセス解析研究所

https://accaii.com/

スポンサーリンク

2016/02/29

新サイトへの移行は順調??? https://guitar-kaizou.net/ HP移行作業 その2

@niftyの@homopage終了に伴う、我がサイト( https://guitar-kaizou.net/ )の移行作業ですが、登録しているグーグルのウェブマスターツール(Search Console)を見てみると、早速変化がありました。


 

まだサイト移行して数日ですが、新サイトのurlは順調に読み込まれ、旧サイトのurlは順調に減っている模様。

 

New_image
新サイト

Old_image
旧サイト

@niftyの@homopageは.htaccessによる301リダイレクトが使えないのでどうなることかと思いましたが、いまのところ順調なようでホッとしています(^^)。

 

ちなみに私がやったのはこれ↓を旧サイトのheadと/headの間に記述しただけ。

 

canonicalタグとmeta refreshタグ

 
上のcanonicalタグは「重複コンテンツが2つのサイトにありますが正しいのはこちらですよ」とロボットに伝えるもの。

 
下のmeta refreshタグは、旧サイトに訪れたユーザーを自動的に新しいurlにジャンプさせるもの(設定では3秒)。


 
全ページに記述するのが面倒でしたが、.htaccessが使えないので仕方がないですね。 ちなみにcanonicalタグは、「重複コンテンツが両サイトにありますが・・・」というものなので、旧サイトの内容を削除して「このサイトは移転しました」等のページに書き換えないほうが良いようです(色々な説がありますが)。


 
あとは、半年後に旧ページが閉鎖され無くなった時に、アクセス数がどれだけ減るかが問題ですな。 相互リンクのサイトや、2chや知恵袋などからのリンクも少なからずあるので、それが失われるのは痛い。


 
もちろんそのまま@homopageの後継サイトLaCoocan(ラクーカン)へそのまま移行するのが簡単ですが、LaCoocan(ラクーカン)の移転通知機能は、トップページへ訪れたユーザーがLaCoocan(ラクーカン)のトップページへ誘導されるだけのようなので、大した旨味はありません(トップページ以外のページに訪れたユーザーには移転通知されない)。


 
もちろん、同じように旧サイトに上記タグを記述すれば良いわけですが、LaCoocan(ラクーカン)が今後閉鎖されないという保証はどこにもないですからね。


 
だったらお金はかかりますが独自ドメイン取ってしまったほうがお得かと。


 
@niftyでも独自ドメインはとれますが、今回はサーバーはロリポップ! 、独自ドメインはムームードメイン で取りました。



 
@homopageユーザーの参考になれば。



 
もうこんな作業は懲り懲りだ(^^;)。


 

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

サイト内検索

お気に入りに追加

メール

スポンサーリンク