2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入りに追加

水素ブログ内検索

水素水の本

無料ブログはココログ

メール

« ルルドと水素水7.0の水素濃度をコップに注いで時間毎に測ってみた | トップページ | 【 水素水一覧 】 効果のある目安である0.8ppm以上のものを紹介しています »

2015年8月11日 (火)

【 水素水サーバー比較 】 アキュエラブルーとルルド 買うならどっち? 【 水素水生成器対決 】

アキュエラブルーとルルドどちらも人気の水素水生成器です。

 
高濃度水素水生成器 ルルド 1.8L



 

高濃度水素水サーバー・アキュエラブルー



 

私は色いろある水素水の中で、結局この二機種に絞り込んで、結局ルルドを購入したのですが、どうしてルルドを選んだのでしょう??少し比較をしてみましょう。

 

これからルルド(or アキュエラブルー)を買おうと思ってる方の参考になれば幸いです。

 

【 水素水 レビュー 】 私が水素水サーバー ルルドを選んだ理由 【 Lourdes 】

*私は結局ルルドを購入したので、ルルドよりの意見であるということはご了承ください。

 

アキュエラブルーとルルド 値段の比較
アキュエラブルーは約30万円、ルルドは約16万円と値段は倍ほど違います。私がルルドを購入したのは、値段が安かったからというのが一番大きな要因だったでしょうか?


 
 

アキュエラブルーとルルド 水素水生成の時間
アキュエラブルーは水を入れればその場で、0.8~1.0ppmの水素水が出来上がります。1.6ppmの飽和水素水を飲むには5分待つ必要がありますが、短時間で水素水を生成出来るのは便利です。

 

対してルルドは、10分モードで0.3~0.4ppm、20分で0.5~0.7ppm、30分で0.8~1.2ppmとアキュエラブルーに比べやや時間がかかります。

 

水素水生成時間においてはアキュエラブルーに軍配が上がりますが、後述しますがルルドには追い炊き機能があります。1.8Lの大容量と、追い炊き機能を使えば、(1度水素水を作ってしまえば)いつでも高濃度水素水を飲めるので、ここは引き分け(ドロー)で良いと思います。

 

私の場合、夜作って余った水素水は朝の洗顔や庭の植木に、朝一で作った1.8Lの水素水はほぼ一日まかなえますし、夜には1.8Lの水素水を作り、お風呂にも入れたりしています。



 

アキュエラブルーとルルド 一度に作れる水素水の量
アキュエラブルーで一度に作れる水素水の量は、付属のカップ800ccのようです。

 

対してルルドは最大1.8Lの大容量。 一人で使うだけだから、1.8Lも必要ないという方、ちょっと待って下さい!ルルドには後述しますが追い炊き機能という便利なものがあるので、多めに作っておけばいつでも高濃度の水素水が飲めるのです。



 

ルルドの追い炊き機能
ルルドにある追い炊き機能とは、水素の生成が完了しても、ポットをセットしたままにしておくと水素濃度を一定に保ってくれる機能。

 

水素生成中の気泡はこんな感じ

ルルドの水素生成中の気泡

追い焚き中の気泡はこんな感じ。青いランプと気泡がとても綺麗で和みますね~

ルルドの追い炊き機能中の気泡  
 
例えば、朝起きてすぐに1.2ppmの水素水を飲みたい場合、通常ならスイッチを押して30分待って・・・という感じですが、ルルドの追い炊き機能を使えば、夜にセットしておくと朝起きるまで1.2ppmの水素濃度をキープしてくれるのです(ポットを外してしまうと追い炊き機能は解除される)。

 
ちなみに30分モードでの水素濃度は1.1~1.2ppmですが、追い焚き機能をうまく使うと最大1.6ppmの水素水が作れました(溶存水素濃度判定試薬によるテスト)。

 
対してアキュエラブルーには追い炊き機能はありませんので、飲みたいときにその都度作る感じですね。ただ、水を入れて最大でも5分で水素水が作れるので、夏場に冷たい水で水素水を飲みたいときは便利かもしれません。



 
アキュエラブルーとルルド 電気分解の違い
アキュエラブルーとルルド、ともに電気分解で水素水を生成するサーバーです。 アキュエラブルーは飲料水を直接電気分解する仕様ルルドは分離生成方式といって、飲料水とは別の水を電気分解し水素を生成、その水素を飲料水に添加するという仕様です。

 
ルルドの分離生成方式の利点は、飲料水を直接電気分解しないのでお手入れが簡単、飲料水を直接電気分解しないのでお茶やコーヒーなどにも水素を入れられるなど利点も多いです。

 
以下はルルドのサイト(Q&Aより) からの引用ですが、

  • 飲用水そのものを電気分解して生成された水素水(電解水素水、電解水)は、電気分解することで溶存酸素量が減少してしまうことから、乳幼児や高齢者、高血圧の方は飲用しない方が良いと言わる医師や学者もいます。

 

  • また、マグネシウム反応方式で生成された水素水も、同時に水酸化マグネシウム等を摂取してしまうことから、特に乳幼児にはお勧めできません。

 

  • 飲用水そのものを電気分解して生成された水素水(電解水素水、電解水)では、使用する水によっては、含まれているミネラル成分がイオン化してしまうため、それが薬の成分とが強く結合(キレート)して、薬の成分が吸収されるのを阻害してしまうことがあるため、薬によっては飲んではいけないものもあります。

 
など、飲料水を直接電気分解する方式やマグネシウムなどの化学反応を利用したサーバーは問題もあるようです。



 
アキュエラブルーとルルド 水素濃度の比較
アキュエラブルーは飽和水素モードで1.6ppmの水素濃度をおよそ5分で生成、ルルドは30分モードで1.2ppmの水素濃度を生成可能。しかし、追い炊き機能を使うことで、最大1.6ppmの水素水も作れました(水素濃度判定試薬でのテスト)のでここは引き分けで良いと思います。



 
ルルドはオゾン水も作れて一石二鳥
ルルドは水素水以外に、アルコールの7倍の殺菌力があるというオゾン水も作れます。オゾン水はルルドの自己殺菌のためで、メインテナンスは1日おきのオゾン水の生成で終了です。

 
オゾン水を調べてみると、オゾン水には大腸菌やブドウ球菌、緑膿菌など数多くの菌の不活性させる効果があるようで、その効果を利用して排水口のヌメリ取りや、まな板の除菌、食品の鮮度保持、残留農薬の除去などにも使えるようです。その他、患部ケアにも有効で、口臭や、アトピー、ニキビ(アクネ菌)にも効果があるとのこと。  

*ただしオゾン水の効果は、生成後5分~10分とのことなので早めに使い切る必要があります。

 

青いランプは水素生成中、赤いランプがオゾン生成中になりますのでわかりやすいです。
 
オゾン生成中は赤いランプが点灯
オゾン生成中は赤いランプが点灯

水素水生成中は青いランプが点灯
水素水生成中は青いランプが点灯



 
アキュエラブルーとルルド お手入れが簡単なのは?
ルルドは前述のとおり、オゾン水を生成するだけで、お手入れ完了。あとは9ヶ月に1度、3000円程度のカートリッジ交換が必要です。
 
ルルドは9ヶ月に1度、3000円程度のカートリッジ交換が必要です

 
アキュエラブルーは2~3日に1度、専用の洗浄液による清掃、月一程度でクエン酸洗浄が必要とのこと。電解ユニットの寿命は毎日4リットル生成で約8年、モーターとバルブは7年程度で交換。

 
お手入れが簡単なのは?ルルドですね




 
以上がアキュエラブルーとルルドの簡単な比較です。


 
私は、値段とお手入れのし安さ、追い炊き機能でルルドを選びましたが皆さんはどうでしょう??


 
もしアルミパウチの水素水を試してみて良さを実感したら、水素水生成器(水素水サーバー)を視野に入れてみてはいかが??



 
 

高濃度水素水生成器 ルルド 1.8L

 

 

高濃度水素水サーバー・アキュエラブルー


 

ルルドの後継モデルが発売されました。

ルルドハイドロフィクス( Lourdes Hidrofix ):
【ルルドハイドロフィクス】
 

■ルルドとルルドハイドロフィクス の違いをメーカー(ビューティーステーション)に聞いてみた:

 
ルルドは韓国製パーツを使用し日本で組み立て販売していましたがビューティーステーションでは現在は販売中止とのこと。ハイドロフィクスは関連会社で信頼の日本製部品を使い販売しているのでルルドハイドロフィクスはルルドの後継モデルであるとの回答をいただきました。

ルルドに興味をもたれた方は、ルルドハイドロフィクスをお買い求め下さい

*ルルドハイドロフィクスにはオゾン水の生成機能はありません



 
関連リンク


オススメ水素水生成器 / 水素水サーバー



« ルルドと水素水7.0の水素濃度をコップに注いで時間毎に測ってみた | トップページ | 【 水素水一覧 】 効果のある目安である0.8ppm以上のものを紹介しています »

01 水素水サーバー」カテゴリの記事

01 水素水サーバー ルルド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506848/62063164

この記事へのトラックバック一覧です: 【 水素水サーバー比較 】 アキュエラブルーとルルド 買うならどっち? 【 水素水生成器対決 】:

« ルルドと水素水7.0の水素濃度をコップに注いで時間毎に測ってみた | トップページ | 【 水素水一覧 】 効果のある目安である0.8ppm以上のものを紹介しています »