« ギターソロの強化! ギタリストのための演奏能力開発エクササイズ 2を購入してみた | トップページ | ストラトキャスターのPUをリンディーフレーリン Blues Specialに交換 »

2010/03/13

トモ藤田氏の教本 耳と感性でギターが弾ける本 を買ってみました

こちらで何度か紹介している、『耳と感性でギターが弾ける本』を購入してみました。

 

トモ藤田氏の『ギタリストのための演奏能力開発エクササイズ』も持っていて、まだ初めの方しか手を付けていないので、さすがに買う気はなかったのですが、本屋さんでパラパラめくって見たところ、非常に面白かったので買ってしまいました。

 

Mimi

例えば冒頭の、何故基礎練習が大切なのか?や、アンプを使った練習の大切さ、ギターのセットアップの大切さなど、見落としがちな事柄が書かれていて、初心者~中級者の方にはとても為になる良書だと思います。
 

さらにこの本は教則なのに譜面(TAB)が一切出てきません。下の動画でも説明がありますが、単にスケールを視覚で覚え、アドリブ・ソロを弾くというのではなく、コード進行とその度数(コード・トーン)を意識し、ソロを組み立ててみたらどうでしょう??という本なんです。
 

 

かといって(私も苦手な)音楽理論など難しい事は書いていないので、非常に取り組みやすい本だと思います。欲を言えば映像付き(DVD)ならもっと良かったのに・・・。

 

『ギタリストのための演奏能力開発エクササイズ』シリーズと一緒に取り組んで行くと良いと思います。

 

トモ藤田の“ギター耳”育成講座(動画)

 

この本の中でトモ藤田氏がオススメしているギター・アンプの紹介です。

 


チューブ・アンプ
ではFENDER BLUES JUNIOR(15w)。小型で、12インチ・スピーカー付き、トーン・コントロール装備という点でオススメとのこと。

 

 

FENDER BLUES JUNIOR
 
FENDER BLUES JUNIOR【サウンドハウス】
FENDER BLUES JUNIOR【イシバシ楽器】

 

練習ではトレブルを上げ気味にし、やや粗が目立つようにして弾く事を推奨しています。

 
さて、頑張っていきましょうp(^^)q。
 

 


耳と感性でギターが弾ける本

 

« ギターソロの強化! ギタリストのための演奏能力開発エクササイズ 2を購入してみた | トップページ | ストラトキャスターのPUをリンディーフレーリン Blues Specialに交換 »

(楽器)How To Play」カテゴリの記事

(楽器)本/雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ギターソロの強化! ギタリストのための演奏能力開発エクササイズ 2を購入してみた | トップページ | ストラトキャスターのPUをリンディーフレーリン Blues Specialに交換 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

  • サウンドハウス

メール

お気に入りに追加