« トモ藤田氏の教本 耳と感性でギターが弾ける本 を買ってみました | トップページ | チューブアンプ用プリアンプ 12AX7色々 »

2010/03/16

ストラトキャスターのPUをリンディーフレーリン Blues Specialに交換

Crewsのストラトキャスター SECのPUをリンディーフレーリンのブルーススペシャルに交換しました。

 
  
100310_05

 

今までのkinmanも積層型ハムバッカーとは思えないほどの高域のきれいな音のするPUでしたが、ヴィンテージ系なのか、ややリアの弾きにくさがあったのですが、このリンディーフレーリンのPUはリア、ミドル、フロントのバランスが絶妙。


 
また、リンディーフレーリンのPU全般に言えることなのかな??乾いた綺麗なハイと太いミドルが素晴らしいんです>低域は少なめですが、それがストラトキャスターらしさを出してるとも言えます。

 

手持ちのPUでは、パワフルで力強いサウンドのヴァンザントのROCKモデルとは真逆です。

  

 

早速、交換作業です。



 
正規輸入品の場合はコンデンサが付いて来るのですが、サウンドハウスの場合、直輸入品の為、コンデンサーが付いてきませんが、その分値段が安いです。
100310_01

 

 

各PUにはネック、ミドル、ブリッジのタグが貼ってありますので間違えないように。
100310_02

 

 
コンデンサは今回オレンジドロップを選択。
100306_03

 

 
完了!!


 
リアPUにフロントの音を直列で混ぜることの出来るターボブレンダーを搭載しているのでやや特殊な配線になっています。
100310_04

 

ケーブルタイでまとめると綺麗です。

 

 

 
ビンテージ系PUにちょっとパワーが欲しいという人にオススメですよ。特にリアPUが弾きやすくなりますね(^^)。

 

 

 

LINDY FRALIN BLUES SPECIAL

 
LINDY FRALIN BLUES SPECIAL【サウンドハウス】

 

こちらでもおすすめのストラト用PUを紹介しています

 

ストラトキャスター用ピックアップ ( PU )一覧

« トモ藤田氏の教本 耳と感性でギターが弾ける本 を買ってみました | トップページ | チューブアンプ用プリアンプ 12AX7色々 »

(楽器)ギター/製品情報」カテゴリの記事

(楽器)ギター/調整」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« トモ藤田氏の教本 耳と感性でギターが弾ける本 を買ってみました | トップページ | チューブアンプ用プリアンプ 12AX7色々 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

  • サウンドハウス

メール

お気に入りに追加