« 直感的な操作にも対応したマルチエフェクター、T REX ( ティーレックス ) SOUL MATE | トップページ | ピック選びの旅はまだまだ終わらない »

2014/07/30

Gibson SGのフレットすりあわせを自分でやってみた

最近の暑さでネックが反ったかな??

 
ネックの反りは、通常トラスロッドといって、ネックに仕込まれている金属の棒を動かせば良いのですが、

詳しくは;

簡単なエレキギターの調整

 

 
よく観察してみると、ネックではなくフレットの不揃いが原因のようです。

 

 
フレットの凹みやフレット浮き、指板のねじれはなさそうなのに、音がつまる箇所がハイポジションで幾つかあります。

 

例えばこんな感じでスケールをおいて、片側を軽く押すと反対側が浮き上がる・・・。

 

SGのフレットすりあわせ

フレットが水平ならこんなことは起こりませんよね。

 

フレット摺り合わせは何度かやったことがあるので、今回も挑戦です。

 

失敗したらリペアに出せばよいし、自分でやったほうが(根気がいりますが)納得の調整ができる場合も多いので・・・。

 

今は専用工具もネットで買えますからね。

 

ギター用メインテナンス・グッズ / 工具

 

一部の弦は緩めますが、弦を張った(テンションをかけた)ままの方が、確認しながら微調整ができるので素人には簡単です。

 

SGのフレットすりあわせ01

指板をマスキングして、削り過ぎないように少しずつ削ります。

 
今回は12F以降なので、使うのは短い棒ヤスリで十分。削っては弾いて、削っては弾いてを繰り返せばすぐに終わります。

 

揃えたフレットの頭を削ってしまわないようにマジックでマーキングし、フレットファイルでフレットの角を落します。

 

フレットファイル

 

 

SGのフレットすりあわせ02

 

SGのフレットすりあわせ03

フレットの頂点のみマジックが残ればOK。


最後に1000~2000番あたりの紙やすりとスチールウールで磨いて完成。

 

SGのフレットすりあわせ04

こんなものかな??

 

削ったのはほんの少しだったので、Rを出すのに便利なサンディングブロックは使いませんでした。

 

以上自己流のフレット摺り合わせ作業でした。作業時間約二時間。

 

音詰まりが無くなりすごく鳴るようになりました


 
ちょっとした調整なら自分でできたほうが良いですね。

 

今回使った工具
マスキングテープ、棒ヤスリ、フレットファイル、紙ヤスリ、スチールウール、レモンオイル

 

今回使った工具

 

お気に入りのコーネル・アンプとSG。

 

お気に入りのコーネル・アンプとSG

 

 

こちらもオススメ;
ギター用メインテナンス・グッズ / 工具
フレット摺り合わせ - フェンダー・ジャパンのストラトキャスターをとことんいじる(改造)
フレット摺り合わせ(レスポール)

« 直感的な操作にも対応したマルチエフェクター、T REX ( ティーレックス ) SOUL MATE | トップページ | ピック選びの旅はまだまだ終わらない »

(楽器)ギター/調整」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 直感的な操作にも対応したマルチエフェクター、T REX ( ティーレックス ) SOUL MATE | トップページ | ピック選びの旅はまだまだ終わらない »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

  • サウンドハウス

メール

お気に入りに追加