« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019/06/29

テレキャスターのブリッジを3wayから6wayに交換したぞ

以前から気になっていたテレキャスター用ブリッジGOTOH GTC201を取り付けてみました。
 
テレキャスターのブリッジを3wayから6wayに交換
 
6wayのサドルは以前使用していたフェンダーのアメリカン・スタンダードがそうでしたが、テレキャスターっぽい音がしなかったのでやや不安でしたが、交換してみるとまんまテレキャスターの音で心配無用でした。

 
むしろ嫌だった耳障りな高域成分が抑えられ、理想のテレキャスター・サウンドに(^^)。

 
 
くわしくはこちらで:
テレキャスターブリッジ交換 3連サドルから6連サドルのGOTOH GTC201に

サウンドハウス

2019/06/25

SG用に.008-.046の弦のセットがあれば完璧なのだがフランク・ザッパの弦は高すぎる

久しぶりにSGに.008弦張ってます。
 
SGに.008弦張ってます
 
SGは123のプレーン弦がもっさりした抜けない音なので、意外と細い弦が合うのです。

詳しくはこちら:
SGには.008のERNIE BALL EXTRA SLINKYがよく合いますが、理想は.008-.046の弦なので、探してみた 


 

2019/06/24

ダン・ベアードのテレキャスターの音が素敵なので6wayサドルもありかも

こちらの記事は以下へ移転しました

 

ダン・ベアードのテレキャスターの音が素敵なので6wayサドルもありかも 

 

2019/06/23

ベイジ、ベックが愛用したファズ トーンベンダーのレプリカがFormula B Elettronicaから

トーンベンダーといえば、ビートルズジミー・ペイジジェフ・ベックが愛用したファズとして有名ですが、例えばビッグマフやファズフェイスに比べると今ひとつ地味な印象。
 
  
ですが、1960年代中期から1970年代前半のジミー・ペイジやジェフ・ベックの演奏を聴くと、ビッグマフやファズフェイス以上に魅力的なペダルだと思います。

 
そんなトーンベンダーのレプリカがFormula B Elettronicaから発売されています。

 

詳しくはこちらから:
ベイジ、ベックが愛用したファズの名機トーンベンダーのレプリカなどFormula B Elettronicaの歪みペダルを紹介 

 

2019/06/22

Primo Slinky

0095~ 044弦というとD’Addario、GHS、SITあたりから発売されていますが、ついに アーニーボール からも発売です。
 
 
ERNIEBALL ( アーニーボール )Primo Slinky:
 
ERNIEBALL ( アーニーボール )Primo Slinky

詳しくはこちらから:
[Primo Slinky] アーニーボールから0095~ 044の弦が登場 

 

 

2019/06/21

Marshall SV20 & SC20

実家から持ってきたCELESTIONスピーカーに繋ぐのはこれかな??

 
Marshall SV20:
Mar_sv20hyy

 

Marshall SC20:
Mar_sc20hyy
 
先日紹介したDV MARK GEN15の音が気にいっちゃったので、アンプヘッドだけ購入して手持ちのCELESTIONに繋ごうと思ったら、まさかマーシャルからこんな魅力的なアンプが出ているとは。

 
Marshall SV20はStudio Vintageという名称からも分かる通り、名機1959を元に開発されたというアンプで出力は20w/5w。
 
Marshall SC20はStudio Classicの略で、1980年代のHR/HM系のギタリストが愛したJCM800を元に開発されたアンプ。出力は同じ20w/5w。

 

詳しくはこちら:
Marshall SV20 & SC20はお手軽サイズの1959、JCM800 

 

2019/06/19

眠っていた10インチスピーカーCELESTION G10L-35/キャビネットを再生

実家から持ってきたグヤトーンのコンボアンプ(GA300-FC)の抜け殻(キャビネット)を使えるようにしておきましょう。
 
G10l35cab
 Ga300fc3902
Ga300fc2746
 
Ga300fc5150 
 
こちらに移動しました:
ギターアンプのスピーカーは8インチより10インチ以上がおすすめ

 

 

2019/06/18

DV MARK GEN15

イタリアのアンプメーカーDV MARKから発売の小型チューブアンプGEN15がいい感じ。

 
DV MARK GEN15(Silver Generation):
 
DV MARK GEN15(Silver Generation) 
 

DV MARKというと、ジャズ用のソリッドステートアンプというイメージでしたが、チューブアンプも出ているんですね。

 
 
ブラックのコントロールパネルにシルバーグリルがフェンダーアンプっぽくていい感じ( ´◡` )。

 

詳しくはこちら:
ヴィンテージライクな歪みが心地よい小型チューブアンプ DV MARK GEN15


 

2019/06/11

Seymour Duncan RED DEVIL、Little ’59はストラトでレスポールサウンドを出したい方におすすめのPU

ストラトキャスターでレスポールのサウンドを出したい方におすすめのピックアップを2つだけチョイスしてみました。
 
Seymour Duncan RED DEVIL、Little ’59はストラトでレスポールサウンドを出したい方におすすめのPU
 

レスポールといえばPAF。PAFとはヴィンテージ・レスポールに搭載されたピックアップで、ピックアップの裏側にPatent Applied For ( 特許出願中 )というシールが貼られていたことからそう呼ばれています。
  

PAF系ピックアップを再現したモデルとしてで有名なのは、

GIBSON ( ギブソン )

  • 57 CLASSIC
  • BURST BUCKER、

DIMARZIO ( ディマジオ )

  • PAF ( DP103 )

SEYMOUR DUNCAN ( セイモアダンカン )

  • 59 model ( SH-1 )
  • Seth Lover model ( SH-55 )


 
などがありますが、そんなサウンドをシングルコイルサイズにし、ストラトキャスターにそのまま搭載できるようにしたピックアップです。

 


▶Seymour Duncan (セイモアダンカン)/RED DEVIL:
Seymour Duncan RED DEVIL

 

▶Seymour Duncan (セイモアダンカン)/Little ’59 ( SL59-1n / SL59-1b ):
SEYMOUR DUNCAN Little ’59 ( SL59-1n / SL59-1b )


 
詳しくはこちらから:
ストラトキャスターでレスポールのサウンドを出したい方におすすめのピックアップ



サウンドハウス

2019/06/07

同じフェンダーのテレキャスターでも色々なブリッジがあるんですね

先日テレキャスターのブリッジをジョーバーデンに交換して、テレキャスターのブリッジについて調べていたら、同じフェンダーでも色々なブリッジプレートがあるのが分かりました。

 

 
詳しくはこちら:
フェンダーテレキャスターのブリッジ形状色々 
ヴィンテージのテレキャスターで使用されるブリッジAmerican Elite Telecasterで採用されるブリッジAmerican Professional Telecasterで採用されるブリッジ

2019/06/04

テレキャスターにもノイズ防止の導電塗料(ドータイト)塗って、ブリッジ交換してピックガードも白に交換

SGに導電塗料塗ったついでにこのテレキャスターにも塗って、ブリッジを外したついでに別のに交換して、ピックガードの色も変えてみました( ´◡` )。

 
ブラックピックガードのテレキャスター ホワイトピックガードのテレキャスター


ブリッジはジョーバーデン製に交換、白いピックガードもカッコいいね👍


 


詳しくは:
テレキャスターにも導電塗料(ノイズ処理)&ついでにブリッジプレート交換







サウンドハウス

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログ内検索

  • サウンドハウス

メール

お気に入りに追加