« ギター関連のTwitterを開設しました | トップページ | 新ブログへ記事の移行作業 »

2019/10/08

Googleのコアアップデートがあったらしいが検索結果がちょっと変だ

ブログをやっている方はご存知だと思いますが、9月末にGoogle検索のアップデートがありました。


Googleのコアアップデートがあったらしいが検索結果がちょっと変だ
Google のコア アップデートについてウェブマスターの皆様が知っておくべきこと

 

年に数回ある大きな”コアアップデート”と呼ばれるもので結構な順位変動があり、当サイトもかなり影響がありました。

 

順位の変わらないページ、ちょっと下がったページ、大幅に下がったページ、検索結果から消えたページ(ρ_;)などなど。

 

で、色々素人ながら分析しているのですが、Googleのコアアップデート以降、とにかくGoogleの検索結果がちょっと変なのです。

 

例えば私の好きなギターエフェクターにチューブスクリーマーというオーバードライブがあるのですが、そのチューブスクリーマーで検索をかけると当然チューブスクリーマーの記事が上位表示されますが、あまり関係ないような?こんなページも検索結果に現れます。

 


Tssearch01


Tssearch02


 

当サイトでもチューブスクリーマーに関する記事は書いていますが、古い古い、書いた本人も忘れてるような記事が出てきたり、本来上位表示して欲しいページが消えちゃったりしてます。😭

 

なんじゃこれ??

 

これが正常だとは思わないので、いずれは元に戻ると思いますがGoogleにしてはちょっとおかしいですね。

 

 

さらに言うとGoogleは2016年のWELQ問題以降、特に医療系の記事は個人ユーザーのサイトよりも、より信頼性のある医療関係(者)のページを上位表示する傾向が強くなりました。

 

それはごもっともなのですが、例えば私は漢方が好きで購入前によく評判を調べたりするのですが、Googleで調べると製薬会社のページか、●●医院とか○▼クリニックとかいうの全く面白くないページしか検索結果に表示されません。

 

それが、マイクロソフトの検索エンジンBingで検索をかけると個人のレビューページなどが結構上位表示されていて、こんど漢方の●●試してみようかな??という私にとってはBingのほうが有益だったりします。

 

もちろん癌に効く●●療法とかいう生命を左右するようなページは上位表示するべきではないと思いますが、ちょっと気を使い過ぎという感じもしますね(訴訟大国アメリカならではの防衛策??)。

 

 

検索エンジンに限らず何でも一強多弱は良くないです、何でもライバル同士競い合ってこそだと思うのですが、現在日本の検索エンジンはGoogleの一強状態(Yahooなども今はGoogleのエンジンを使っていますので検索結果はほぼ同じです)。

 

 

マイクロソフトの検索エンジンBingの国内シェアは確かわずか3パーセントほどだったと思います。最近ではDuckDuckGoなども頑張っていますが、、、。

 

私は現在Google検索をメインで使用していますが、このまま改善しないようなら検索エンジンの使い分けも必要ですね。最近はツイッターなどのSNSで検索することも多くなっています。

 

 

果たしてGoogleは以前のようになるのか?そのままなのか??は神(Google)のみぞ知るという感じです。



スポンサーリンク

« ギター関連のTwitterを開設しました | トップページ | 新ブログへ記事の移行作業 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ギター関連のTwitterを開設しました | トップページ | 新ブログへ記事の移行作業 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

サイト内検索

お気に入りに追加