(楽器)アンプ/調整

2018/12/31

2018年に買ったものまとめ

2018年、ギター関連で購入したものをまとめてみました。

 

 

CELESTION Eight15

Gva_150744

Greco GVA Custom用に8インチのCELESTION Eight15スピーカーを購入。交換して、安っぽいペラペラなだった音に中低域がプラスされ、スピーカーの口径を上げたような力強い音になりました。

 

歪みサウンドとの相性抜群!セレッションスピーカー



 

D’Addario NS Micro Clip Free Tuner

Pwct21008265x300

ダダリオのクリップチューナー。使用頻度の高いSGに取り付けました。精度も良くとても便利ですよ。いずれ全てのギターに取り付ける予定です。

 

ギターのヘッド裏に取り付けるチューナー D’ADDARIO NS MICRO CLIP FREE TUNER 



 

ESP TREMOLO TONE SPRINGS

Tspringp1030144

ストラトキャスター用のトレモロスプリング。汎用のスプリングと比べると艷やかで柔らかな音に変化します。トレモロスプリングではRAW VINTAGEも有名ですが私はESPのほうが好みでした。

 

[ トレモロスプリング比較 ] RAW VINTAGE ESP 汎用品



 

今年はちょっと寂しかったですね。来年はもっともっと買うぞ~。



 

来年はインスタグラムを始める予定です。


 

それでは皆様良いお年を

 

それでは皆様良いお年を🎌



 

バックナンバー_ 今週のオススメ・・・

 


2018/11/26

[ギターアンプ] マグネットの小さなスピーカーで低域の調整?

スピーカーを戻してからCornell-Romany Plus(10W)の音がめっちゃ良くなった(扱いやすくなった)

 

[ギターアンプ] マグネットの小さなスピーカーで低域の調整
 

 

Cornell-Romany Plusのスピーカー交換
 
それでもCornell-Romany Plusは10Wのアンプながら、エンクロージャー/キャビネットがデカイので低音が出過ぎる傾向があり、例えば小ぶりなエンクロージャー/キャビネットのZinkyに繋ぐとブーミーな低域が抑えられもっと良くなります。

 

 

 

Zinkyのキャビネット

 

エンクロージャー/キャビネットは簡単に作り変え出来ないので、出来る対策といえばスピーカーの交換


 

もう少しマグネットの小さなスピーカーを入れるとちょうどよくなるのかも??

 

 

例えば今までついていたJensen C12N(許容入力50w)や、Jensen CH1270(許容入力70w)ではなく、Jensen C12R(許容入力25w)のものにしてみるとか、、、、

 
   JENSEN C12

 
C12Rはかなりマグネットが小さいですよね。

 


 
*スピーカーは同じモデルであればマグネットが大きくなる(重くなる)ほど音が大きくなりますが、その弊害で高域特性が悪くなりますので、スピーカー選びはその辺りのバランスが大切。


 
Cornell-Romany Plusは10Wのアンプなので、許容入力25wのJensen C12Rでもじゅうぶん使えます。

 


 
*チューブアンプは定格のおよそ倍の出力を持っていますから10wのアンプですと許容入力20w以上のスピーカーが安心です。




 
Jensen C12Rならサウンドハウスでも5000円程度なので、買っちゃおうかしら??



 
JENSEN C12【サウンドハウス】

 

 

*ジェンセンのヴィンテージシリーズのスピーカーは、末尾のアルファベットで許容入力が分かるようになっています(R=25w、Q=35w、N=50w、K=100wなど)。


*Pはアルニコマグネット、Cはセラミックマグネットのスピーカーです。



 
スピーカー交換にはまりそうです(^_^;)



こちらもオススメ:
JENSEN ( ジェンセン ) スピーカーの選び方 

ギターアンプ用スピーカーの選び方

2018/11/15

JENSEN ( ジェンセン ) のスピーカー交換

Cornell-Romany Plus(10W)に搭載していたJENSEN ( ジェンセン ) のヴィンテージ系スピーカーC12Nを純正のCH1270に戻してみました。

 

JENSEN ( ジェンセン ) のスピーカー交換

 

 

 

C12Nはヴィンテージ系サウンドのお気に入りのスピーカーでしたが、重すぎるのと音がバカでかくて自宅では使いづらいので、、、



 

こちらからどうぞ:
JENSEN ( ジェンセン ) スピーカーの選び方

2013/01/12

初心者にありがたいギター用チューブアンプの使い方講座(動画)

家にある小型のアンプは使えても、練習スタジオにあるような大きな真空管アンプはちょっと使い方が違います。

 

この動画を見て使い方を覚えておきましょう。

 

はじめは、最近のモダンなチューブアンプの使い方から。アンプはFENDER ( フェンダー ) / BLUES DELUXE かな?

 

 

アンプの使い方1【ギター初心者講座】by J-Guitar.com:

https://www.youtube.com/watch?v=Ht_os1TmOww

 

補足すると、プレゼンスとは、トレブル/ミドル/ベース(プリ部)とは別の独立した回路で、パワー部で作用する高域を調整するツマミです。

 

最近のアンプはレゾナンスという低域を調整するツマミもありますね。

 

エフェクトループ(センド/リターン)についての説明

 

 
アンプの使い方2【ギター初心者講座】by J-Guitar.com:

https://www.youtube.com/watch?v=Tg05_z62nnw

こちらはスタジオやライブハウスにある定番のアンプ、FENDER ( フェンダー ) / ツインリバーブの使い方です。
 


このアンプは出力も大きく、ボリュームも一つなので、あまり歪まないアンプですが、キラキラした音がとっても心地良いアンプです。


初めて使った時は、電源SWがどこにあるか分からなくて焦りましたね(^_^;)>電源SWは裏にあります。

 

フェンダーアンプのトーンの特性
オーディオ・アンプの場合センタークリックが設けられていて、真ん中の位置がフラットの位置になりますが、ヴィンテージ・タイプのフェンダーアンプはちょっと違います。

 

フェンダーアンプのトーン・コントロールは3バンドの場合midが10、treble0、bass0の位置がフラットなんだそうです(2バンドのものはmidが10に固定されているので、treble0、bass0がフラット)。

 

詳しくは;
フェンダー・アンプのトーン・コントロール

 

アンプの使い方3【ギター初心者講座】by J-Guitar.com:

https://www.youtube.com/watch?v=eqMUl2JgEsc

 

Volume(ボリューム)とは、ギターの入力レベルを上げるツマミです(主にプリ部で作用)。Volume(ボリューム)を上げ、Master(マスター)で音量調整すると、小音量でも歪みが得やすくなります。

 

Master(マスター)とは、アンプの出力レベルを上げるツマミ(主にパワー部で作用)。クリーンなサウンドを出したい時は、Master(マスター)を上げ、Volumeで音量を調整します。

 

VolumeとMasterボリュームの関係は慣れないと混乱しますが、実際使ってみると簡単です。

 

こういう動画はとても参考になりますね。

 

こちらもオススメ;
チューブ・アンプ( 真空管アンプ )の選び方

2011/02/20

スピーカー交換で気分転換

気分転換で、またまたスピーカー交換です。本日の餌食?はフェンダー・チャンプ II

 

 

Champii_jensen110220

 

 
JENSEN ( ジェンセン ) / JCH10/50を搭載していたチャンプIIですが、今回はRivera Pubster純正のVintage Gold speaker(エミネンス製)を付けてみました。

 

 

Champii_eminence110220

 

 
中域ふっくらでレンジの狭いヴィンテージ風サウンドのジェンセンに対し、このエミネンスはよりワイドレンジといった印象。

 

 

  
スピーカーでここまで出音が変わるなんてホント面白い!欲を言えばお店にアンプを持っていって片っ端から試したいところだけど、スピーカーを展示してる店ってまず無いので、ショップ(ネット)の説明文で選ぶしかないのが現状・・・

 

 

 

前回、ギターアンプ用スピーカー聴き比べで、youtubeの動画を2つ紹介しましたが、今回も分かりやすい動画を2つ見つけましたので紹介しましょう。


 

 

 
こういう動画はホントありがたい(^-^)

 

12 speakers compared 8 alnico's & 2 ceramics jensen vs blue vs gold vs scumback vs Celestion

https://www.youtube.com/watch?v=JPPMiZeYMVo&feature=related

 

前回同様、歪んだサウンド(リフ~単音)12種類のスピーカを比較出来ます。


 

 

Eminence Speaker Test - 24 Different Speakers At WNAMM 2007

https://www.youtube.com/watch?v=8PJdgh-T6CA&feature=related

 

 
こちらの動画はエミネンス・スピーカーの聴き比べ。トモ藤田氏がクリーントーンで弾いています。ちょっと数が多すぎますが(^^;)、違いは分かりますね。

 

 

最後はお決まりの?ジャスト・ファンキー!!

 

 
主なスピーカー・メーカー:
JENSEN(ジェンセン):
フェンダー・アンプの定番スピーカー。アルニコ・マグネットを採用し、50Sフェンダーに搭載されたPシリーズ、セラミック(フェライト)マグネットを採用し60sフェンダーに採用されたCシリーズが定番
 

 

EMINENCE(エミネンス):
フェンダーを初めとする多くのアンプに採用。アメリカン・サウンドはパトリオット・シリーズ、ブリティッシュ・サウンドはレッドコート・シリーズと分類されているので分かりやすいです

 

 
Celestion(セレッション):
セレッションと言えばマーシャル。クラシカルなトーンなら、アルニコ・マグネット採用のBlueやGOLDシリーズ、セラミック(フェライト)ならG12M Green Backがオススメ。

 

 

 

詳しくは;
ギターアンプ用スピーカー 一覧

 

 

 

 

 
 
私はしばらくこれで幸せに弾きまくります(^-^)


2010/12/22

CHAMP IIの修理

Champii001

 

先日、ギターを弾こうとFender CHAMP IIの電源を入れたところ、いきなりヒューズが飛んでしまいました(^^;)。

 

もともとこのCHAMP IIは中古で買って、電源コンセント部がぐらついていたのでもしや?と思っていたのですが違ったようです。

 

10122201

 

今回は、中部地方の人にはおなじみのドクターMusicさんに修理をお願いしてみました。

 

 

たかがアンプ修理にそこまで送るの??(関東在住です)とも思ったのですが、送料って都内と同じなんですね>知らなかった・・・

 

 

以前アンプのオーバーホールに出した品川区にある某店は、チェックしたかも怪しいし、作業終了後の送料を(送るときの)倍の値段請求してきやがったし、ペダルの修理を依頼したときも・・・・(以下省略)もう、とにかくいい加減(^^;)。

 

 

その点(技術的なことは分からないけど)、ドクターMusicさんは見積の段階から実に明瞭、明快な回答で好感を持ちました。ドクターMusicさんは普通で、都内某店が酷すぎとも言えるけど・・・(^^;)

 

 

 

 

で、ヒューズが切れた原因ですが、パワー管の電極の不良とのこと・・・。

 

*ヒューズが飛ぶ原因の大半はパワー管とのこと、勉強になります

 

 

 

 
戻ってきて早速、音出し・・・・まぁ音は以前と変わらないですが、今回お願いしたドクターMusicさんは、対応、料金、作業日数ともに(σ(^_^)的には)合格!!

 

 

もちろん某店を信頼している方もいるのでしょうが、σ(^_^)との相性は今ひとつ、次回も何かあればドクターMusicさんにお願いすることになるでしょう。

 

 
良いアンプ屋さんを探してる方はいかが??

 

6v6gt

 

ドクターMusic
http://www.doctormusic.co.jp/index.html

 
こちらもオススメ:
ギターアンプ用パワーアップ・パーツ

2010/03/25

チューブアンプ用プリアンプ 12AX7色々

部屋を掃除していたら昔使っていた、プリ管が出てきたのでChampIIの初段に入れて遊んでみました。

 

Tube01

 

写真左から

 

グルーブチューブGT-12AX7-R(Sovtec12AX7WC)
RCA 7025
Guyatone FLIP(12AX7A CHINA)
Sovtec12AX7WB
フェンダー(ChampIIに付いていた純正品12AX7A )

 

交換してみて・・・

 

全然違いますね、ちょっとびっくり!!

 

GT-12AX7-R(Sovtec12AX7WC)
角のない丸い音

 

RCA 7025
クリアで高域が綺麗に伸びる

 

Guyatone FLIP(12AX7A CHINA)
歪みが強い、高域が伸びる

 

Sovtec12AX7WB
GT-12AX7-Rとほぼ同じ。若干高域が出るかな?

 

フェンダー(ChampIIに付いていた純正品12AX7A )
歪みが強く、高域が綺麗

 

ちなみに現行品は、GT-12AX7-R、Sovtec12AX7WB、それ以外は恐らく80~90年代のものなのですが、高域のパワー感が全く違います!!80年代なので、音が良いとされるヴィンテージ管でもないのにこれほど違う(良い音)とは・・・・現在は管の品質が落ちているのだろうか、それとも偶然??

 

ちょっとオールド(ヴィンテージ)管にはまりそうで恐いです(^^;)。

 

 

 
こちらもオススメ:
ギターアンプ用真空管

2009/04/13

Fender Champ IIのモデファイと、メンテ

お気に入りのアンプChamp IIですが、ブチブチノイズが目立つようになってきたので、楽器屋さんで修理と若干のモデファイを決行いたしました。

まず、真空管はちと高いが安心の?グルーブチューブに変更。

Champiimod_5

 

さらに、スピーカー・ケーブルをジャック式に変更。こうする事で内蔵の10インチスピーカーを例えば外部の12インチ・スピーカー(インピーダンスは8Ωなので8Ω以上ならば)に接続することが出来るので、音圧のあるサウンドが得られる訳ですな。

 

手始めにCELESTION Vintage 30が搭載された手持ちのアンプ HOT ROD Deluxeに繋いでみましたがエグイ程のギラついたサウンドが出てとっても気持ちイイ(^-^)。

 

チューブ交換で、ハリのある音が蘇ったChamp IIはシンプルながらも、とても良いアンプです。

 

 

こちらもオススメ:
チューブアンプの選び方


2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ブログ内検索

  • サウンドハウス

メール

お気に入りに追加