« 2017年2月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年3月

2017年3月28日 (火)

なかなか痩せない?ならDHCのダイエット対策キットで遺伝子検査

忙しくてほとんど運動もせず、歳のせいもあってか痩せにくい体になってきました(^_^;)。



ダイエットで有名なのは糖質ダイエットですが、糖質を控えると本当に痩せられるのか?は疑問です。また痩せられるにしても、糖質(炭水化物は)美味しいですからね、できれば控えたくない(^_^;)


 

そんな時に見つけたのがDHCの遺伝子検査 ダイエット対策キット

なかなか痩せない?ならDHCのダイエット対策キットで遺伝子検査
 
このキットは付属の綿棒で頬の内側をこすり、DHCに提出することで、日本人に多いと言われる3つの肥満関連遺伝子のうち、どれに当てはまるのかを測定し、最適なダイエット方法のアドバイスがもらえるんです。

 

DHCの遺伝子検査 ダイエット対策キット検査結果


3つの肥満関連遺伝子

β3AR遺伝子
この遺伝子に変異があるとβ3ARの機能が低下するため、脂肪分解や熱生産がされにくくなり、脂肪が蓄積されやすくなります。

 

UCP1遺伝子
この遺伝子に変異があるとUCP1機能が低下するため、脂肪が燃焼されにくくなります。


β2AR遺伝子
この遺伝子に変異があるとβ2ARの働きが活発になり、脂肪を積極的に分解するようになるため、脂肪が蓄積されにくくなります。



検査結果は以下の通りで、

DHCの遺伝子検査 ダイエット対策キット結果は洋ナシ型
 
総合すると、私は洋ナシ型でした。 よく、男性は内臓脂肪が付きやすいリンゴ型肥満で、女性はは皮下脂肪の多い洋ナシ型というのは聞いたことがありますが、まさかの洋ナシ型(°д°;;)。


 
でも、内臓脂肪も低いわけではないんですけどね(^_^;)。

 

洋ナシ型の人は、脂質の代謝が苦手なので、脂質の摂取を控えるのが良いそうです。糖質はある程度摂っても良いのかな??

  
洋ナシ型の人は、脂質の代謝が苦手
 


 
その他のタイプ

 
その他のタイプリンゴ型、バナナ型など

 

リンゴ型
糖質の代謝が苦手で控えるのは糖質

 

バナナ型

タンパク質が身につきにくいので、タンパク質を摂取

 

アダムイブ型

3つの肥満関連遺伝子に異常のない方で遺伝子よりも生活習慣に気をつける。



などなど。



 
最後に、サプリのDHCさんらしく、おすすめ成分や、オススメサプリも載っています。


 

私にオススメの成分:
オススメ成分

 

私にオススメのサプリメント:
オススメサプリ

 
また、このダイエット対策キットに対応したサプリも52種類発売されていて、私は32番でした。


 
ダイエット対策キット対応型サプリ: 
ダイエット対策キットに対応したサプリ
 
脂質の吸収を緩やかにするサプリ、脂肪の合成を抑えるサプリなどが中心のようです。



 
サプリは薬ではないので効果があるのか?は疑問ですが、一袋(1ヶ月分)だけ試しに買ってみようと思います(^^)。

 

 

1日150円程度ですね。


 
ダイエット対策キットに対応したサプリ一覧



なかなか痩せない方、サプリには興味があるけど、どんなサプリを飲んだら良いか分からない方もは良いかもしれませんね。


 
最近ダイエットもサボリ気味で、ここ数ヶ月で4kgも太ってるので、サプリでモチベーションUPすると良いのですが・・・・ちょっとやってみますp(^^)q


 
DHCダイエット対策キット





 

    
◎ダイエット対策キット ご購入にあたってのご注意:
 
・遺伝子検査はリスク判定であり、病気の診断をするものではありません。
・「ダイエット対策キット」では、日本人の肥満に大きく影響しているといわれる遺伝子をお調べいたします。台湾、韓国、中国の方でしたらお調べすることが可能ですが、それ以外の国の方では正確な判断がつかないことが考えられます。予めご了承ください。
・18歳未満の方は親権者様の同意が必要となります。

 

« 2017年2月 | トップページ | 2017年5月 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログ内検索

お気に入りに追加