« 2018年8月 | トップページ | 2019年5月 »

2018年10月

2018年10月 1日 (月)

重曹入り食塩水で鼻うがい ハナクリーンSを買ってみた

なんか鼻の奥が臭い、、、、ということで、久しくやっていなかった鼻うがいを再開です。



鼻うがいというと ハナクリーン。ハナクリーンαは私も持っていて、以前はやっていたのですがここ数年サボっていました(鼻の調子が良かったというのがあるのですが)。

 

水素水で鼻うがい ハナクリーン

水素水で鼻うがい ハナクリーン


 
ハナクリーンαを久しぶりに使ってみると、ポンプが固まっていてスムーズに動きません。
また、中のネジも錆びていました(^_^;)。



 
ということで、今度はハナクリーンの一番小さなサイズのハナクリーンSを買ってみました。

 


 
重曹入り食塩水で鼻うがい ハナクリーンSを買ってみた


付属のサーレ(鼻洗浄剤)を浄水器の水で溶かして、久しぶりに鼻とのどを洗浄してみると、メントールの爽快感でとても気持ちいい(^^)。



 
ハナクリーンSは小さく持ち運びできますし、お手入れも簡単でこれはGood!



使ってみて、量(ボトル容器150ml)が少ないとは特に感じませんでした。


 
Nahaclean083739


側面のCの位置まで水を入れて、Hの位置までお湯を足すと、人肌程度の鼻洗浄液を作ることが出来ます。

 

Nahaclean083716

液晶温度計も付いていますから、寒い冬場には便利ですね。


 
しばらく続けてみたいと思いますp(^^)q。



 
重曹入り鼻洗浄液のつくりかた

ハナクリーンには専用の洗浄液 サーレを使うのが良いと思いますが、自分でも作ることが出来ます。


水:500ml

塩:50g

重曹:2.5g


 
食塩を入れることで鼻にツ~ンとくることがなくなりますし、さらに食塩水に重曹を入れるのがポイント



 
重曹には鼻水の粘性を弱める働きがあるそうです。


 
私は手術するほどではありませんが、軽い副鼻腔炎(蓄膿症)で、特に鼻汁が喉に回る後鼻漏持ちなので、この重曹の効果に期待してみたい(^^)。



 
重曹鼻腔洗い効果は、米国の大規模研究でも科学的に明らかになっているそうで、抗菌剤を使わず2週間の重曹鼻腔洗いを行ったところ、鼻づまりによる症状が70%解消し、鼻水や後鼻漏も55~70%で解消したとのこと。

 



 
詳しくは:

http://www.horiclinic.org/shinryo/hananokamikata.html
http://www.horiclinic.org/shinryo/press.html

 
ペットボトルに作り置きしておけば楽ちんですね。


 
できれば朝晩行いたいです。

 

 

 

効果があるのかないのか??楽しみです(^^)。

 

 
追記
重曹入り食塩水で鼻うがいをして数日、喉の上のほうの不快なネバネバが明らかに減っていますこれは効果ありかも

 

ちなみに病気が治る鼻うがい健康法によりますと、冷たい鼻うがい液でうがいすることで、上咽頭が鍛えられるそうです。

 

 
ハナクリーンS (ハンディタイプ鼻洗浄器):



スポンサーリンク

« 2018年8月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

水素ブログ内検索

お気に入りに追加

サイトプロフィール

メール

無料ブログはココログ