« インターバル速歩をはじめます | トップページ | 口臭の原因は副鼻腔炎による後鼻漏だった »

2020年11月12日 (木)

足のむくみを治したい方は正座取り入れてみよう

足のむくみが正座で治るって信じられないけど、実際やったら治っちゃいました。

 

足のむくみが治らない方は正座取り入れてみよう
写真はイメージです

 

足のむくみは正座で治せる?

最近デスクワークが多いせいか、足のむくみが気になっていました。

 

私の場合、足のむくみと言っても右足のみで、左足に比べあきらかに一回り大きい感じ。

 

むくんでいるだけでなく、右足の踵だけが血行が悪いのかカサカサで、クリーム塗ってみても全く効果なしで、カッターナイフで削ったりもしていました。

 

もちろんどんなマッサージをやっても効果なし。

 

ですが、正座をするようにしたらすぐに治っちゃいました

 

なぜ正座をしてみようかと思ったかと言うと、偶然、正座をしてみたら、特に右足の膝関節と足首が固くなっていて、曲げるのが辛くなくなっていることに気づいたから。

 

老化と言えばそれまでですが、曲がらないのはむくみのひどい右足だけで、左足は普通に曲がります。

 

これはおそらく私の習慣で、椅子に座る時も、左足は比較的自由に足を床に置いたり椅子の上で組んでみたりといったことをしているのですが、右足はほぼ床に足をつけたままのといった状態が多いので、膝関節や足首が固く、血行が悪くなることで足がむくみやすくなってるのかなぁ??と。

 

ということで、はじめのうちはやや辛かったのですが、デスクワーク中などにも椅子の上で正座するということを続けていたところ、なんと右足のむくみが改善しているではないですか??

 

もちろん、足のカサカサもなくなりました。

 

足裏のツボを押す官足法や和泉修さんの足つぼマッサージをこのブログでも紹介していますが、足の裏は丹念にやっても、尿道や膀胱の反射区のある足の側面や、ふくらはぎや脛周り、膝関節周りなどは忘れがち。

 

そんな方はデスクワーク中に椅子に正座してみるとかを普段の生活に正座を取り入れてみてはいかがでしょう?

 

正座して体重をかけることで、簡単に血流が改善出来、むくみが解消されるかも

追記

”正座 効果"で調べてみると、腰痛にも効果があるようです。

事実!頑固な腰痛は「朝の30秒正座」で治る より抜粋~

なぜ正座で腰痛が改善するの!?:
正座をすると骨盤の位置が安定しますから、骨盤から伸びる背骨も正しいS字カーブを作れるようになります。

また、正座は両足に同じ力の圧をかけるので、左右不均等になっている足首やひざの筋肉、関節の状態を均等に戻してくれるのです。

さらに普段は圧があまりかからないふくらはぎにバランスよく圧がかかるため、血流が促されます。血流が良くなると全身の筋肉が柔らかくなりますから、背骨がしっかり支えられるようになり腰痛が改善される、というわけなのです。

 

とのことで、特に血流改善の部分を読めば、私の足のむくみが何故解消されたのかが分かるような気がしますね👍

 

腰痛や足のむくみにお悩みの方は正座をしてみましょう。

« インターバル速歩をはじめます | トップページ | 口臭の原因は副鼻腔炎による後鼻漏だった »

健康 その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« インターバル速歩をはじめます | トップページ | 口臭の原因は副鼻腔炎による後鼻漏だった »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ブログ内検索

お気に入りに追加

メール